予防効果

ugai_tearai.pngこのところ、4月並みの陽気の日もあれば真冬の寒さになったりと、気温の高低差が激しい日が続いています。

急激な温度変化に身体がとまどうのか、私の周囲でも、風邪をひいたりインフルエンザにかかったりする人を見受けます。

できれば、風邪はもちろんのこと、インフルエンザなんかには絶対になりたくないわけですが、先日のYOMIURI ONLINEで、手洗い、うがい、マスクの予防効果に関する記事を読みました。

感染防止のために、それらの予防を行っている人は多いでしょう。私も、外から帰った時は必ず手洗いとうがいをしています。小さいころから言われていたので、習慣になっているのでしょう。

では、それはそれほどの効果があるかというと、手洗いについては、過去にアメリカ海軍やパキスタンでの研究結果があるそうです。

アメリカ海軍の訓練施設の若者約13万人を対象とした研究では、手洗いを指示されたグループと指示されていないグループの調査で、手洗いしたグループの呼吸器感染症はそうでないグループに比べ、45%少なかったとのことです。

また、パキスタンでは、1,510人の子供を対象に普通のせっけんで手を洗うグループ、薬用せっけんで手を洗うグループ、手洗いを義務付けないグループに分けて調査したそうです。

その結果、手を洗うグループは、手洗いを義務付けられていないグループに比べ、肺炎の罹患率が50%少なかったそうです。

肺炎と風邪ではちょっと違うのでしょうが、手洗いの効果はある程度認められると言えそうです

それに対して、うがいの場合は福岡市の保育園の子供約2万人を対象に行った、1日1回以上うがいをする子供としない子供で37.5度以上の発熱を生じる割合についての研究があるそうです。

それによると、うがいをした子供は、しなかった子供より発熱する割合が32%少なかったということです。

また、緑茶でうがいした場合の減少率は68%と最も効果が高くて、アルカリイオン水やオゾン水などの機能水は54%、水道水は30%と、うがいをする水の違いによって効果も違ったということです。

これは、お茶に含まれるカテキンンの抗酸化作用や抗菌作用が関係しているかもしれないそうです。

ただ、うがいに関する研究はあまり行われていないようで、特にインフルエンザに対する効果を調べた研究はないため、その効果は不明なんだとのこと。

昔は、手洗いとうがいはセットで言われたものですが、近年では、手洗いは効果があるけど、うがいについてはあまり言われなくなりましたよね。

それでも、うがいもした方が何となく良さそうな気がするわけです。病は気からと言いますしね。

手洗いうがいに対して、マスクについては信頼できる研究結果はほとんどないそうですが、予防効果よりもむしろ咳などによって周囲にうつさないための効果はあるようです。

以前、買い物中に「ゴホン、ゴホン」と咳をする人がいて、私はとてもいや~な予感がしたことがあったのですが、その数日後には、風邪をひいて寝込みました。

風邪をひいた場合は、外出しないで身体を休めるのが一番です。仕方なく外出する場合は、必ずマスクを着用してほしいものです。

まだしばらく、気温が上がったり下がったりを繰り返しそうです。どうか、皆さんも体調管理にはお気を付けください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

インド専用

curry_indian_man.png先日の朝日新聞デジタルで、変わった洗濯機の記事を読みました。その洗濯機は、インド専用だというものです。

どうしてインド専用なのかというと、洗い方のコースを選ぶのに、「Curry(カレー)」というコースがあるのだとか。

これは、パナソニックが先月からインドで売り始めた新商品なんだそうです。

パナソニックは、2013年からインドの自社工場で洗濯機の量産を始めているそうです。

従来、インドでは洗濯物は川などでの手洗いが一般的で、洗濯機の普及率は10%ほどだったので、経済が発展すれば需要が見込めるとの判断だったようです。

何しろあれだけ人口が多い国ですから、購買力が上がれば、洗濯機も飛ぶように売れるようになるかもしれません。

しかし、日本の洗濯機をベースにしたものを市場に投入したところ、「カレーの汚れがしっかり落ちない」という声が寄せられたんだとか。いかにも、インドらしいクレームですよね。

そこで、日本人社員が現地工場や販売スタッフらとインドのカレーの成分を分析するなど、カレーの汚れを落とすのに最適な方法を約2年間かけて考えたそうです。

その結果、標準コースの約6倍の水流で洗う「カレーコース」が誕生したのだとか。そこまで製品の機能をつきつめようとするのは、さすがに日本の技術力はすごいなと思ってしまいます。

この洗濯機は、従来商品より1割ほど高い22,000~28,500ルピー(約37,400~48,450円)で、インド専用モデルのため日本では買うことができないそうです。

でも、日本でも需要がありませんかね?ほら、カレーうどんを食べる時、服に汁がはねたりしませんか?白い服を着ている時に限って、そういうことが起きるような気もするのですが・・・。

もっとも、インドに比べたら、カレーを食べる比率はずっと低いのかもしれないけど。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ネバーギブアップ

どうしても箱の中に入りたいようですが、いくらなんでも箱が小さすぎやしませんか?(笑)



諦めずに何度もトライするのは、なかなか見上げた根性ではあります。最後は、やっと入れたとばかりにドヤ顔をしていますが、身体の半分しか入ってないような・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : YouTube - ジャンル : コンピュータ

高齢者

car_drive_recorder.png先日のJタウンネットの記事で、「高齢者」というのはいくつからだと思うかという内容の見出しに目が止りました。

日本老年学会が2017年に新しく発表した定義と区分によると、75歳以上になるそうです。

確かに、最近の60代は、あまり高齢者という感じではなく、とても元気な人が多いように感じます。

世界的には「高齢者」を65歳以上と定義している国が多いそうで、世界保健機構(WHO)も65歳以上を「高齢者」としているとのことです。

そこで、Jタウン研究所が何歳から高齢者かというアンケートを行った結果、その平均年齢は70.3歳だったそうです。

日本の場合、平均寿命も長いわけですから、WHOの定義を上回ったということでしょうか?

ところで、最近は高齢者ドライバーによる事故がクローズアップされていますよね。

そんなニュースをよく耳にするせいか、信号待ちで止っている時に、後ろから来る車を年配の方が運転していると、ちゃんと止まってくれるかなという不安を感じることがあります。

もちろん、そんなのは私の取り越し苦労なのですが、最近ちょっと気になるのは、前方に障害物があるわけでもないのに、そして対向車がいるにもかかわらず、センターラインをはみ出してくる車を見かけることがあるのです。

そして、そのような運転をするのは、大半が高齢の方のように思うのです。(それ以外は、スマホを見ながら運転している人が多い気がします。)

ちょっと前までは、そんな運転をする人はあまり見なかったような気がするのですが、これは高齢ドライバーが増えたせいなのでしょうか?

先日のインターネットコムの記事で、損保ジャパン日本興亜が始める「ドライビング!」というサービスを紹介していました。

自分の運転を通信機能付きのドライブレコーダーで記録して、専門家が運転診断レポートを作成して、毎月郵送してくれるというサービスだそうです。

損保ジャパン日本興亜では、車の事故は減る傾向にあるが、若年層や高齢層などでは依然として事故率が高いために、その解消につなげたいという意図があるそうです。

専門家に客観的な診断をしてもらえば、自分では気付かなかった点や、何とも思わなかった部分が危険な運転につながると理解できるのかもしれませんね。

若年層や高齢者だけでなく、全ての年代のドライバーが安全運転で、事故のない世の中にしていきたいものですね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

「UENO PLANET」

zoo_doubutsuen.png先日のITmediaニュースで、上野動物園が公開した「UENO PLANET」というサイトがネット上で話題になっているという記事を読みました。

話題になっているポイントは、普段は注目されていない動物園の裏側が分かるという点のようです。

例えば、動物たちの住まいや食生活、現場で働いている人とその七つ道具などが独特なイラストで紹介されています。

このサイトの製作目的は、動物園には動物以外にもたくさん魅力があるところを知ってほしいというところにあるようです。

普通に動物園を見学しているだけではわからない動物園の裏側を垣間見ることで、未知の惑星を発見したような気分になり、興味を持って動物園に足を運んでほしいということです。

上野動物園には、もう長いこと行っていません。最後に行ったのは、30年以上前でしょうか。

その当時、すでにジャイアントパンダがいたのですが、確か、妊娠中かなにかで公開が中止されていたような定かではない記憶があります。

それより、今でも鮮明に覚えているのは、尾籠な話で恐縮ですが、ゾウのトイレのシーンです。

もちろん、ゾウはトイレで用を足すはずがありません。その場でやるわけですが、まるでソフトボールぐらいの大きさのフンをドスンドスンとして、その後、滝のような小をしたのです。

それは、あたかも水道の蛇口が壊れたかと思うような光景でした。

私の思い出話はさておき、動物園に興味のある方は、一度このサイトを覗いてみてはいかがでしょう?なお、パソコンでも一部閲覧できますが、全てのコンテンツを見るには、スマホをご利用ください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる