FC2ブログ

感謝

曼珠沙華何かの折に書いたことがあったかもしれませんが、私は「中三トリオ」と同級生です。「中三トリオ」と言われても、わからない方も多いかもしれませんね。

オーディション番組から歌謡界にデビューした、森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんの三人を当時はそのように呼んでいました。

でも、私は彼女たちの音楽には全く興味がなくて他のジャンルの音楽ばかり聞いていたので、このトリオに関して特に印象はないのですが、後年、山口百恵さんについてちょっと感じたことがありました。

芸能界を引退しては、またカムバックするというケースは多いように思うのですが、(それはそれで良いのですが)、彼女は引退以来、全く表舞台に顔を出さなかったと思います。

芸能界で活躍していたころはあまり興味がなかったけど、その一点において、彼女の潔さには尊敬に似た感情を抱いたのでした。

前置きがとても長くなりましたが、その彼女に比べて、ブログやめますと宣言してからまだ2ヶ月も経っていないのに更新するのは、ちょっと気まずい感じなのですが・・・。(笑)

この記事を書いてみようと思ったきっかけは、午後から雨が降り出した日曜日のことです。外には出られないので、何をしようかと思った私は、ふと昔のブログの記事を読んでみようと思ったのです。

ブログを始めたころの記事はやたらと堅苦しい感じで、今読んでもあまり面白くないのですが、だんだん堅苦しさも消え、始めて半年後には初のコメントをいただきました。

その後、徐々にコメントをいただくようになり、一周年を迎える頃には、毎日たくさんの方からコメントをいただくようになりました。

その頃の常連さんは、uriboねえさん、ともちゃん、ばるちさん、fuwari funwariさん、じぇみにさん、ひかる@@さん、sunsunさん(lentoさん)、こきりこさん、庄兵衛さん、時雨咲さん、まんたさんといった面々でした。

コメント欄を読んでいると、時にはパソコンに関する質問コーナーになったり、来訪者の方々の交流の場になったりで、とても楽しかった記憶が蘇ってきました。

過去のコメントも色々と読んでみたのですが、ある時のfuwari funwariさんのコメントに「管理人さんが男性で、女性のゲストが多いブログは我侭言っても許して貰えるから最高です。」というのがありました。

私自身は、そんなに我儘を言われた記憶はありませんが、確かに、あのころコメントをいただいた方の大半は女性だったし、皆さん、自由にコメントしていただいた印象はあります。

そのような活況が次第に下火になってきたのは、東日本大震災以降のような気がします。皆さん、ブログどころじゃなくなってきたというのが本当のところかもしれません。

一時期のブログのブーム自体も下火になってきた雰囲気もあったし、あの地震以降、コメントの常連さんになっていただいたのは、奥武蔵の山人さんただ一人でした。

こんな私のブログでも、12年続けた結果、記事の数は2,649件、コメントの数は5,920件(半分は自分の返事ですが)もありました。

当然のことながら、全ての記事やコメントに目を通すわけにもいきませんでしたが、あのころはこんなこともあったよなぁと、感慨にふけったのでした。

それから、自分のコメントに脱字を見つけて、約10年ぶりに訂正しました。きっと、記事にしろコメントにしろ、見つかっていない誤字脱字はまだまだたくさんあるんだろうな・・・。

それはともかくとして、あの当時お付き合いいただいた方は、どうなさっているのでしょう?私と同様、ブログの更新をやめてしまったり、ブログ自体を削除された方もいるので、なかなか消息がわかりません。

「便りのないのは良い便り」などとも言いますから、きっと皆さん、お元気でお過ごしのことと思います。

昔の記事を読んで、たくさんの方たちに励まされて12年間も続けられたのだと、改めて感じました。その感謝の気持ちを表したくて、記事を書いた次第です。

皆さん、本当にありがとうございました!!改めて、御礼申し上げます。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

最後の更新

rakugo_rei_man.png唐突な話で恐縮ですが、この更新を持ってこのブログの最後の記事とさせていただきます。

「これでお盆休みに入ります」という話ではありません。ひょっとすると気紛れで記事をアップすることがあるかもしれませんが、原則として、今後は一切の更新はしないつもりです。

このブログを始めたのは、2007年の8月20日でした。その当時は、誰も彼もがブログをやっていて、大流行と言ってよかったのではないでしょうか?

しかし、時が経つにつれて、次第にツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどが主流になり、このようなスタイルのブログは減ってきたのではないかと思います。

だいぶ前から、記事にするネタが見つからなくて苦しんだり、もうやめてしまおうかなと思うこともたびたびありましたが、「継続は力なり」という言葉を心の支えにしてきたせいか、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

やめようという気持ちを乗り越えて今日まで続けてきましたが、7月の後半ごろだったでしょうか、今年もブログを始めた8月20日が近付くので、これを機会に更新を終わりにしようと思ったのです。

ただ、やめるのにはどうしたらいいのかな?というのは思っていました。このまま自然消滅でいいのか、それとも何らかのお知らせをした方がいいのか・・・。

私の場合は、年も年ですし、更新が途切れたら死んだと思われるのがオチでしょう。それに、細々とですが、毎日訪問してくれる方も何人かいらっしゃるので、一応、お知らせしておくのが筋かと思いました。

約12年間続けてきたわけですが、12年と言えば、小学校を卒業し、中学、高校と卒業したのと同じほどの年数になります。後から取って付けたように思い付いたのですが、ブログを卒業するには、ちょうど良い区切りなのかなとも思いました。

この約12年間、色々なことがありました。両親が亡くなり、東日本大震災があり、体調を崩して生まれて初めて入院なんてこともありました。

特に、東日本大震災は忘れることができません。というのも、当時、このブログを訪問してくれてコメントをくださる宮城在住の方がお二人いたからです。

毎日、無事かどうか心配だったのですが、お一方からは約二週間後にコメントをいただき、もうお一方は約一ヶ月後にブログを更新されて、お二人とも無事が確認されたときには、本当に胸をなでおろしたものです。

あの時ほど、実際に合ったことはなくても、人と人とはネット上で繋がるものなんだと感じたことはありませんでした。

その他にも、コメントをいただいたり、訪問していただいた方はたくさんいらっしゃいます。その方たち全てに、御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

どうか、皆さん、いつまでもお元気でお過ごしください!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

猛暑

summer_uchiwa_man.png毎日、暑い日が続きますね。日向に出ると、強い日差しが肌を刺すように感じます。

先日、信号待ちをしていた時にふと交差点のそばにある家の屋根を見上げると、カラスが歩いているのが目に入りました。カラスは、足が暑くはなかったのでしょうか?

先日の朝日新聞デジタルで、この間の日曜日、JR鹿児島線の久留米駅付近で、由布院発博多行きの特急「ゆふいんの森2号」の冷房が効かなくなったという記事を読みました。

乗客から暑いという訴えがあって調べたところ、冷房が断続的に停止していたそうです。

この日、鹿児島線沿線の日田市で午後1時に35.1℃、久留米市で36.0℃を観測する猛暑日だったのが冷房装置に影響したようです。

駅員さんが冷却装置にバケツやホースで水をかけて冷やしたところ、正常に動作し始めたそうです。きっと、冷却装置も熱中症になりかけていたのでしょう。

この前の土日は、埼玉も大変暑い週末でした。私は3時過ぎから、畑の草取りをし始めたのですが、もうそれはそれは暑くて、全身、汗びっしょりになりました。

そうまでしてやらなくても良いのかもしれませんが、ちょっと前に足首を捻挫して以来、外での作業は控えていたので、畑は「草がすごい!!」状態になってしまっていたのです。

さて、この暑さはいつまで続くのでしょうね?ちょっと前までは、梅雨寒で肌寒いなんて言っていたのに、人間というのは大変勝手なものです。

しかし、機械でさえバテテしまう暑さなのですから、人間はもっと気を付けなくてはいけないのかもしれません。どうか、皆さんも熱中症には十分お気を付けください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

謎の言葉

chihou_b3_kantou_201908040720221b7.png先日のJタウンネットの記事で、「なびる」という言葉は関東でしか通じない言葉で、全国の7割が意味すら分からないという話を読みました。

この記事の筆者は、生まれも育ちも埼玉県の白岡で、物心ついたころから使っているということでした。

「なびる」の意味は、「こすりつける」という意味で、その他に「付け加える」、「塗る」といった意味もあるそうです。

「あるそうです」と書いたのは、私も埼玉県在住なのですが、こんな言葉は今までに一度も聞いたことがなかったからです。

筆者の生まれ育った白岡というところは、埼玉県の中東部で、大宮から宇都宮線で少し北へ行ったあたりです。私の住んでいるところからはちょっと離れているので、使う方言も違ってくるのでしょうか?

Jタウンネットでは、この「なびる」の意味を知っているかどうかアンケートを行ったところ、1,597の回答のうち、回答数が10以上あり、使ったことがあると回答した割合が50%以上の地域は関東の5県だけだったそうです。

割合が多かった順に、群馬、栃木、千葉、埼玉、茨城となり、特に群馬は83.3%と高率だったようです。次点の栃木も71.4%と、かなり高くなっています。それに比べ、埼玉は下から2番目の53.3%という結果でした。

埼玉県人でも約半数の人は知らないという結果を見て、私はちょっとほっとしたのですが、北関東での認知度が高いところを見ると、これは北関東の方言なのではないかと思ったのです。

しかしながら、「都道府県別 全国方言辞典」(三省堂)には、埼玉の方言との扱いになっているそうです。その割には、埼玉での認知度は低いような気もします。

自分が住んでいる県の方言なのに、このトシになって初めて聞く言葉があることにちょっと驚いてしまいました。私は、まだまだ無知なのですねぇ・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

過去最高

tsue_koukikoureisya_ojiisan.png先日の朝日新聞デジタルで、厚生労働省の発表によると、2018年の日本人の平均寿命が女性87.32歳、男性81.25歳になったという記事を読みました。

これは、男女とも過去最高で、女性は6年連続、男性は7年連続で過去最高を更新したそうです。

世界的に見ると、女性は香港の87.56歳に次いで2位、男性は香港82.17歳、スイス81.4歳に次いで3位ということです。

女性の平均寿命は前年比0.05歳、男性は0.16歳延びていて、その要因は、男女ともがん、心疾患、脳血管疾患の「3大疾患」による死亡率が改善したからのようです。

ちなみに、3大疾病で死亡する確率は、男性50.06%、女性45.52%で、男性の方が上回っているようです。

厚労省の担当者によれば、平均寿命が延びているのは、「医療水準や健康意識の向上などの成果」だそうで、「さらに延びる可能性がある」ということです。

しかしながら、平均寿命が延びたとはいえ、全ての人が自分の口からものが食べられて、自分の足で自由に歩ける状態ではないのでしょう。寝たきりの人だって、かなりいるはずです。

先日、私は左の足首を捻挫しましたが、普段は何の問題もなく歩けたのに、自由にすたすた歩けないのはなんと不便で憂鬱なものなのかと思いました。

それにしても、出生率がどんどん下がっていく中で平均寿命が延びていくということは、日本はやがて(もうすでになっているのかもしれませんが)老人だらけの国になってしまうのでしょうか?

私もその老人だらけの中に片足を突っ込んでいるわけですが、できることなら、一生自分の足で歩ければいいなと思っています。

しかし、あまり長生きしてしまうと、2000万円どころの蓄えでは足りないのかもしれません。スズメの涙ほどしか蓄えのない我が家は、どうやって生活して行けばいいのでしょうか・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる