中華○○番

chuka_ryouriya.pngある日のこと、例によってぼ~っとテレビを眺めていると、中華料理店のリニューアルの企画のようなものをやっていました。

よく覚えていないのですが、そのお店は「○○番」(○○は数字だったのですが、覚えていません。)という名前だったのです。

そういえば、中華のお店で「○○番」というのは、よくあるような気がしたのです。たしか、王貞治さんの実家も中華料理の店で、確か「五十番」と言ったのではないかと思います。

そこで、くだらないとは思いつつ、あの「○○番」という店名は、いったい何番から何番まであるのか、調べてみたくなったのです。

「中華○○番」とGoogleで検索して、検索結果の2ページ目までに載っていなければその番号はなしということにして調べてみました。

まず、一番は当然のようにありました。二番、三番もあって、四番はないだろうなと思ったら、やはりありませんでした。

五~八はありましたが、九はなく、十~十二はあり、十三はないような気がしたのですが、八王子の方にあるようです。

以下、あったのは、十五、十六、十八~二十、二十五、三十、三十一、三十六、三十七、四十、四十六、五十番でした。

なかったのは、十四、十七、二十一~二十四、二十六~二十九、三十二~三十五、三十八、三十九、四十一~四十五、四十七~四十九番でした。

いい加減に皆さんも飽きてきただろうし、私も疲れてきたので、このあたりでおしまいにしたいと思います。

実は、自分で調べる前に、この件に関するまとめ記事を見つけたのですが、その記事は2013年のものなので、今回調べたものと若干の違いがあるようです。

例えば、十三番は欠番となっていますが、私が調べたところでは八王子の方にありました。また、十九番も欠番となっていますが、甲府にあるようです。

逆に、まとめ記事にはあった二十一番は見つかりませんでした。これは、私の検索方法によるものかもしれません。この結果は、あくまでもコンタロー調べということで。

なお、五十一番以降が気になる方は、お手数ですがご自分で調べてください。

また、中華料理の店に、どうして「○○番」という店名が多いのかまでは、調べる気力がありませんでした。悪しからず。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

東京

building_tokyo_tochou.png先日、テレビを見ながらぼ~っとしていた時(私はたいていぼ~っとしていますが)、突然、県庁所在地を覚えたころのことが頭に浮かんできました。

なぜそんなことを思い出したのか不思議なのですが、あれは小学校の社会科だったと思います。

県名とその場所を暗記して、白地図を見ながら先生の前で答えさせられたり、それに合格すると、次は県庁所在地を答えるという授業があったことを思い出したのです。

そんなことを思い出し、ちょと懐かしい気もしたのですが、ひとつの疑問が頭に浮かんできました。東京都の県庁(都庁?)所在地は、どこだったんだろうということです。

今なら、東京都庁がある場所は新宿区ですが、私が小学校のときには新宿ではなかったはずだし、いったい、何と答えたのかと思ったのです。

Wikipediaで調べてみると、東京府の時代、府庁は東京市麹町にあり、その後、東京都になった時には東京都麹町区となり、その後、昭和22年に千代田区となっていったそうです。

そして、「都庁が東京駅近くにある=都庁所在地は東京」ということから、都庁所在地は「東京」という認識になっていったようです。

言われてみれば、小学校の社会科では、東京の県庁(都庁)所在地は「東京」と答えたような気もします。

今、都庁がある場所は新宿区なので、「新宿」と答えるのが正解かもしれませんが、ネットで調べると、「東京」としているものと「新宿」としているものが混在しているようです。

東京都政策企画局のサイトを見ると、やはりこの件に関する問い合わせは多いようで、そのページでは、「『東京都庁の位置を定める条例』により、東京都新宿区西新宿二丁目と定めている」と書いてありました。

東京都が公式にそう言っているし、実際に建物もそこにあるので、東京都庁の所在地は新宿区で間違いないわけですが、実はもうひとつ、あの「東京」ってどこかな?と思うことがあるのです。

それは、天気予報の時に出てくる「東京」なのです。あの「東京」も、とても漠然としていますよね。

関東地方で言うと、「横浜」とか「八王子」、「さいたま」、「秩父」なんていうのは、とても具体的ですが、「東京」っていったいどこなのでしょう?どうも、新宿ではないような気がするのですが・・・。

そこで、再びネットで調べてみると、かつては東京都千代田区大手町にある東京管区気象台だったようなのですが、平成26年12月2日に、気象観測地点を北の丸公園へ移転したそうです。

何だかややこしい話ですが、これで少しはすっきりした気がします。もっとも、大部分の方にとってはどうでもいい話でしょうし、私も三日もすれば忘れてしまうかもしれませんが・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

二刀流

miyamoto_musashi.pngプロ野球が開幕し、野球好きの方は待ちに待った季節がやってきました。今年は、どんなドラマが繰り広げられるのでしょう?

日本だけでなく、海の向こうのメジャーリーグも開幕しましたね。こちらもまた、大変注目されています。

日本でピッチャーとバッターの両方で活躍した大谷翔平選手が、今季からロサンゼルス・エンゼルスでプレーするからです。

二刀流が、メジャーでも通用するのかどうかが注目されているわけですが、オープン戦の成績は、打率が1割台、防御率が2試合で27.00という、とても不安の残る成績でした。

小さい頃はエースで4番という選手は珍しくないだろうし、高校野球でもそういう選手はいるわけです。でも、プロに入ると、投手か打者か、どちらか一方に専念するというのが普通でした。

大谷選手も、日本では二刀流が通用したけど、メジャーでは無理なのかな?と、開幕前は私も思っていました。

ところが、開幕戦で初打席初安打を放つと、その後、3試合連続ホームランを放ち、投手としても2連勝と大活躍です。

特に、2勝目を挙げたピッチングは、7回1死までパーフェクトピッチングという快投を見せました。

結局、完全試合は逃がしましたが、奪った三振12個、許したヒットはたったの1本というのですから、相手チームはお手上げだったでしょう。

この活躍は、同じ日本人として嬉しい限りですが、それにしても、開幕前の成績からこの活躍が想像できたでしょうか?

バッティングでは、開幕してから右足の上げ方が変わったという指摘もあるようですが、ピッチングに関しては、何か変わったのでしょうか?

今の活躍を見ると、私には、オープン戦の間、大谷選手は「死んだふり」をしていたとしか思えないのです。

つい先日には、大谷選手がアメリカンリーグの週刊MVPを獲得したというニュースも飛び込んできました。もう、ビックリです。

メジャーリーグもまだ開幕して間もないわけで、手放しで喜んで良いのやらわかりませんが、この先、どんな活躍を見せてくれるのでしょう?

怪我にだけは気を付けて、頑張ってほしいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

しきたり

kamizumou.png昨年来、土俵上の勝負よりも暴力問題で注目された大相撲ですが、つい先日の巡業の際の出来事にも注目が集まりましたね。

皆さんご存じでしょうが、女性が土俵上で行った救命処置に対して「土俵から降りてください」とアナウンスした件です。

ことの発端は、京都府舞鶴市で行われた巡業で、土俵上であいさつ中だった市長が突然倒れたことに始まります。

それを見た女性看護師が土俵に駆け付け、心臓マッサージを行ったことに対し、行司が土俵から降りるようにアナウンスしたというわけです。

そのようなアナウンスをした理由は、土俵は女人禁制だからというわけですが、誰もがそう思っているでしょうが、このような命がかかった場合に、そういう理由はどうなんですかね?

この場面をニュースで見ましたが、土俵に上がった女性は、周囲に集まって眺めている?男性たちを押しのけて心臓マッサージを始めたように見えます。

こういうとっさの対応は、きちんと訓練を受けている人じゃないとなかなかできないのではないでしょうか?

私も、心臓マッサージのやり方を教わったことはありますが、1度や2度やった程度では、いざとなったらおろおろするばかりなのではないかと思います。

そんな私と違って、あの女性の躊躇ない素早い行動は、称賛以外の何物でもないはずです。やはり、プロは違いますね。

女性の相撲大会も行われる時代ですし、大相撲界の「しきたり」というやつも、見直してみてはどうなんでしょうかねぇ?そのような閉鎖性が、色々な問題を生むのかもしれません。

倒れた市長は、命に別条はないということで、その点だけは幸いでした。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ストレス解消法

onsen_saru.png先日の朝日新聞デジタルで、ニホンザルも人間と同じく、温泉につかってストレスを解消しているという記事を読みました。

これは、京都大学霊長類研究所のグループの研究により、判明したそうです。

研究グループは、雪の中で温泉につかることで有名な、長野県の地獄谷野猿公苑の5歳から24歳のニホンザル12匹を対象に、入浴状況を調査したそうです。

それと同時に、さるのフンも採取して、「グルココルチコイド」というホルモンの濃度を分析したということです。このホルモンは、ストレスの目安になるのだとか。

すると、温泉に入った週は、入らない週よりもホルモンの濃度が平均で約2割低くなっていて、ストレスが軽減されていることが判明したそうです。

ストレスの低下は、冬の寒い季節に確認でき、暖かい時期には効果が確認できなかったということです。

また、群れの中の序列が高いサルほど入浴時間は長いものの、ストレスレベルが高い傾向にあるそうです。

これは、序列が高いサルほど、他のサルとのけんかなどに巻き込まれやすく、温泉のリラックス効果が打ち消されてしまうためと考えられるようです。

テレビなどで、雪の降る中、サルたちが温泉につかっている姿を見ることがありますが、あれは単に冷えた体を温めるためなのかと思っていました。

サルも人間と同様、温泉でストレス解消をしているとは、考えてもみませんでした。

しかも、序列が高いほどストレスレベルが高いとは、人間の世界もサルの世界も、なかなか厳しいのでしょう。この記事を読んで、思わず同情してしまいました。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる