選挙公報

選挙公報昨日は衆議院の総選挙がありましたが、皆さんは投票に行かれましたか?

私は午前中に投票してきましたが、誰に投票したものか困りました。不真面目な事に、ポスターを見た程度で、立候補している人がどんな事を訴えているのかさっぱり知らなかったからです。

そこで、出かける前に選挙公報をネットで見ようと思って検索したのですが、あれはネットには掲載されていないんですね。

選挙公報というのは「新聞折込」で届くというのが私のイメージなのですが、ネットが当たり前の時代ですから、当然ネット上で見られるものとばかり思っていました。

「新聞折込」というシステムでいくと、新聞を購読していない人には届かないわけですよね。三大新聞の記事はインターネットで読むことが出来ますから、新聞を取らない人も多いのではないでしょうか?

我が家では新聞を購読していますが、私自身はネットで記事を読むことがほとんどで、新聞自体を手にする事はめったにありません。だから、いつ選挙公報が届いたか知りませんでした。

ところで、ネットで検索した時に選挙公報に関する記事を見つけました。JCASTニュースの記事なのですが、東京都の千代田区では選挙公報を全家庭に郵送しているのだとか。

その理由は、新聞購読率が低下しているので、新聞折込だと選挙公報を目にする機会が減ってしまうだろうという事だそうです。

千代田区の他にも、東京都では墨田・品川・目黒・世田谷・渋谷・中野・豊島・北・荒川・板橋・足立・葛飾・江戸川の計14区は新聞折込から全戸配布に切り替わっているようです。

さすがに東京都はサービスがいいなと思ったのですが、コスト的には結構かかりそうですよね。ネット上に掲載すればもっと安上がりだと思うのですが、それが出来ない理由があるようです。

「選挙公報も選挙運動の一種といえるので、ネットでの選挙運動が認められていない現状では、サイトに選挙公報を掲載することもできない」そうなんです。

法律というのは、色々と気難しいところがありますからね。でも、これだけインターネットが日常のものになっているのですから、せめて選挙公報だけは掲載してくれないものかと思いつつ、私は古新聞の中から選挙公報を見つけ出したのでした。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

学校の七不思議

ドクロここ数日、朝になるとモズの鳴き声を聞きます。私のイメージではモズは秋の鳥で、いつもこんな時期には鳴かなかったような気がするのですが・・・。

昨日は、街路樹の一部が赤く色付き始めているのを見つけました。今年は、秋が来るのが早いのでしょうか。

そんな時期に話題にするのは季節外れな感じがしますが、今日はgooランキングから「定番だと思う学校の七不思議ランキング」の話です。

第1位は「トイレの花子さん」でした。私は、これがどんな話だか知らなくてちょっと調べたのですが、簡単に言うと、トイレで花子さんに呼びかけると返事が返ってくるという内容のようです。

第2位が、「人体模型や骸骨標本が夜中に動き出す」でした。

私は、そういった噂は聞いた事がないのですが、3位の「夜中に音楽室のピアノが鳴る」とか、5位の「トイレから手が出てきて引きずり込まれる」といった話はあったように思います。

ちょっと面白いと思ったのは、8位の「二宮金次郎像が深夜の校庭を走っている」というやつです。その光景を実際に見てみたい気がします。

でも、今の学校の校庭に二宮金次郎の像があるんですかね?私が小学校の低学年の時には、見た記憶があるのですが、校舎を新築した時になくなってしまいました。ひょっとして、走ってどこかへ行ってしまったのかな?

11位の「4時44分に大鏡の前に立つと・・・」というのは、なんとなく気になりますね。私は、わりと4という数字に敏感な方なのかもしれません。

実際、明け方に目が覚めてデジタルの時計を見た時に、4時44分という事が何度かありました。それで何事も起こったわけではありませんけどね。でも、7時77分がないのがちょっと残念に思います。

ここにあるだけでも20あるわけですから、七不思議というのもたくさんあるようですが、私が知っているようなものはほとんどありませんでした。

でも、小学校の時、先生にこんな話を聞いた事があります。ある運動好きな男の子が、運動会の何日か前に交通事故で亡くなったそうです。

私の小学校の裏はちょっとした山になっていて、そこから山の上にある市のグラウンドに行く道があるのですが、毎年運動会の季節が近付くと、深夜にその亡くなった男の子がその道を走っているというのです。

今にして思うと、それが男の子じゃなくて校庭にあった二宮金次郎の像だったら面白かったのにと思うのですが・・・。

皆さんの学校には、どんな七不思議があったのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

7の次は8?

ハチ次期OSであるWindows 7の発売日が10月22日に決まり、心待ちにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今、Vistaを買うよりも、7の登場まで待ちたいと思うのが人情ですよね。

XPが出た時に、アップグレード版を買ってWindows 98SEのパソコンにインストールした事があったのですが、メモリも増設して快適になったのは良かったのですが、リカバリーする時が面倒でした。

リカバリーディスクでリカバリーした時には、Windows 98になるわけです。アップグレード版なので、そこからXPをインストールしなくてはなりません。

その前にいくつかのドライバーに関してはXP用に変えなくてはいけないとか、色々と手続きがあるわけです。その上、使えなくなるソフトもあるのでアンインストールしたりと、大変手間がかかりました。

ところで、7の次は8になるわけで、ここから話は強引に変わりますが、8といえば京都で登校中の中高生や教職員たちがスズメバチに刺されるという事件がつい先日ありましたね。実に49人も刺されたらしい。

犯人はキイロスズメバチということですが、大変攻撃性の高いハチだそうです。今ごろから秋にかけて最も活動が活発になるようです。

巣に近付くなんてもってのほかですが、威嚇された場合はおとなしく退散しなければいけません。下手に追い払ったりしようものなら、たちまち刺されてしまいます。

実は、私の身近にもこんな事件が起きていました。先日、近所の人と立ち話をしていた時、「ご近所のYさんがハチに刺されて病院で1泊した」という話を聞いたのです。

その翌日、たまたまそのYさんとばったり会ったので話を聞いたら、刺されたのはスズメバチじゃなくて小さいハチだったそうですが、刺された後は救急車に乗せられた事も全く覚えていないそうです。

Yさんが外に出たままなかなか家に入ってこないので、奥さんが見に行ったらすでに倒れていたのだとか。気が付いた時には、病院のベッドの上だったそうです。

過去に何回かハチに刺されているけど、こんな事は初めてだとか。私も、過去に3回刺されているので、どうしてもハチの話題には敏感になってしまいます。

次に刺されたらどうなるか分からないので、気を付けなくちゃ。皆さんも、十分注意してください!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

夏の終り

トラブル8月も残り少なくなってきましたね。関東では、朝晩はずいぶん過ごしやすくなってきました。ちょっと肌寒く感じることもあるぐらいです。

すでに学校が始まったところもあるようですね。

あちらこちらのブログで、子供さんが「宿題をやる気配がない」とか「終わるのか!?」といった内容の記事を読みました。宿題は終わらなくても、夏休みは確実に終わります。

つい先日、じぇみにさんからウィンドウズのアップデートが出来ないというコメントをいただきましたが、私のパソコンも先週の金曜日にちょっとしたトラブルがありました。

今ぐらいの時期になると夏の疲れが出る方もいらっしゃるかもしれませんが、疲れるのは人間だけじゃないのでしょうか?

私は、Firefox というブラウザを使っているのですが、その更新版の通知があったので最新版にアップデートしました。

ところが、アップデート完了後、デスクトップ上のアイコンをクリックしても何の反応もなくなりました。何度やってもブラウザが立ち上がる事はありません。

しかたがないので、アンインストールしてから再度インストールし直したら元に戻ったのですが・・・。

その翌日には、妻パソのノートンにエラーが出ておかしくなりました。結局それもアンインストールして入れ直したら復活したようです。

ブラウザ以外にもおかしな現象がありました。私はAd-Awareというスパイウェアやアドウェアを検知するフリーソフトを使っています。

パソコンの起動中はタスクトレイにアイコンが出るのですが、先週そのアイコンがたまに消える事がありました。今週になってからは、その現象はないようですが・・・。

Ad-Aware は有名なソフトなので使っている方も多いかと思いますが、こちらからダウンロードできますので、興味のある方は使ってみてはいかがでしょう?

真夏の暑い時には、パソコンのトラブルが増えるという話を聞きます。CPUはただでさえ発熱が大きいわけですが、それに真夏の気温が重なって参ってしまうわけですね。

それなのに、過ごしやすくなってきたこの時期にトラブルが重なったのは何故でしょう?単なる偶然かもしれませんが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

記憶違い

闊歩する漱石人間には誰しも記憶違いというものがありますよね。特に、年齢を重ねるにつれて、それは顕著になり、場合によっては私のように記憶できないといった事態も生じるわけです。

先日、ITmediaニュースの記事で、福井県立図書館が、実際にあった本のタイトルや筆者名の記憶違いの例をウェブサイトで公開しているという話を読みました。

例えば、昔話の「さんまいのおふだ」を「さんまのおふだ」とか、丸谷才一さんの「闊歩する漱石」が「散歩する漱石」になったりするそうです。

でも、まだそんなのは良い方で、「覚え違いタイトル集」としてまとめられているそのページを実際に見ると、「『あたしのいえ』とかそんな絵本」とか、「子育ての本でみょうなんたらさんの本」とか、ほとんどなぞなぞかクイズに近いようなものもたくさんあるようです。

中には、「強い風が吹いてきた」(正解は「風が強く吹いている」)とか、「『もたれない』というタイトルの本」(正解は「倚りかからず」)というように、惜しいのもあるようです。

これに対応する職員の方たちは大変でしょうね。でも、「倚りかからず」を「もたれない」と間違える感覚は、なかなかセンスが良いと思いますけど・・・。(笑)

ところで、この図書館のウェブページでは、蔵書検索とかインターネット予約などが出来て、とても便利に使えるようです。

最近は、図書館とはあまり縁がないので知らなかったのですが、今ではどこの図書館でもこういったサービスをやっているのでしょうか?

私は福井県民ではないので利用する事はないでしょうが、私の感覚では、このサイトは分かりやすく出来ているように思います。

ちかごろ、どこをクリックするとどんな内容のページになるのか、わかりにくいサイトが多いような気がしているのは私だけでしょうか?

人は、一度思い込んでしまうとそれが間違いないものとして記憶してしまい、それを修正するのは難しいという傾向があるのかもしれません。

以前、なにかのテレビ番組を見ていたとき、某漫才コンビのうちのひとりの顔が、「となりのトトロ」に出てくるネコバスに似ているという話になりました。

言われてみれば、確かにイメージが似ているんです。それ以来、テレビでその人を見るたびに、私はネコバスを思い浮かべてしまうのです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

大流行の兆し

インフルエンザしばらくあまり話を聞かなかったような気がするし、夏場だからと思っていたのですが、新型インフルエンザの感染者が急増し、厚生労働省は新型インフルエンザが「流行シーズンに入った」と正式発表したそうです。

夏なのにインフルエンザというのはあまりピンときませんが、沖縄、神戸に続きつい先日は名古屋でも亡くなった方がいたようです。

読売新聞の記事によると、国立感染症研究所の話では「夏場のインフルエンザの流行は、調査を開始した1987年以来、例がない」そうです。

しかし、すでに沖縄、奈良、大阪、東京、長崎、長野では流行が始まっていて、秋以降に大流行の兆しが懸念されるとか。

夏の甲子園に出場しているチームからも感染者が出て、ベンチ入りできないなんて話もありました。確かに、インフルエンザに感染してしまっては野球どころの話じゃないでしょうが、せっかく甲子園まで来て気の毒な気もします。

ところが、高校野球だけじゃなくて、プロ野球でも感染者が出たようですね。日本ハムの選手に新型インフルエンザの陽性反応が出たとか。

そのため、日本ハムではチーム関係者全員が検査を受ける事にしたそうです。新型インフルエンザも、早めの治療が効果的だそうですから、正しい選択なのでしょうね。

でも、その結果、多くの感染者が出たら、試合が出来なくなったりしないのかな?

野球だけでなく、ラグビーとか相撲、柔道など、身体が接触するスポーツの選手は、気を付けた方が良いでしょうね。でも、マスクをして試合するのも様にならないしな・・・。

私などは世の中の流行に疎い人間ですが、出来ればこういった流行にも乗りたくないと思っています。

いたずらに騒ぎ立てるつもりはありませんが、注意するに越した事はありません。みなさんも、十分お気を付けください!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

意味がわからない略語

ヤンキース昨日はたくさんのコメントありがとうございました!これからも頑張って更新していきますので、よろしくお願いします!!

さて、今日の話題は、意味がわからない略語の話です。

先日書いたDHAの記事のコメントの中に、sunsunさんから「DHCは何の略でしょうね~?」というコメントがありました。ネットで調べれば分かるかなと思ってちょいと検索してみたところ、あっさりと判明しました。

DHCは「大学翻訳センター(Daigaku Honyaku Center)」の略なんだそうです。

DHCのサイトを見てみると、1972年に委託翻訳の会社としてスタートしていて、現在も翻訳会社としては大手なんだそうです。DHCと聞くと化粧品のイメージなので、そういった事業も行っているとは全然知りませんでした。

何でもかんでも略語にしてしまうのはどうかと思いますが、DHCの場合は正解でしょうね。大学翻訳センターが販売している化粧品は、あまり売れそうにありませんから!(笑)

ちょっと前には「KY」という略語がありました。当初は「空気が読めない」という意味だったと理解しているのですが、その後「漢字読めない」という意味にも使われ始めたようですね。

それでいくと、「KY」が「金魚焼けた」でも「草津よいとこ」でも良いわけで、もう何が何やら分からない事になりそうですね。

gooランキングで「意味がわからない略語、若者用語ランキング」というのがあったのですが、それはそれはチンプンカンプンな言葉のオンパレードでした。

第1位は「ハムト」でした。こんな言葉、知ってましたか?「公衆トイレ」の事なんだそうです。カタカナの「ハ」と「ム」で「公」という事らしい。

2位が「ATM」で3位が「NHK」ですが、両方とも普通に使っている意味とは違って、「あなたの便りを待っている」と「何か変な感じ」なんですって!何か変な感じだなぁ・・・。

5位の「ブンブン」はカナブンかハチの事かと思ったし、7位の「チョーLL」は服のサイズの「XL」の事かと思いました。

このランキングは30位まであるのですが、自慢じゃないけど私は何ひとつとして理解出来た言葉はありませんでした。本当に、こんな略語が使われているのかな?

皆さんがご存知の言葉はあったでしょうか?分からない方が、正解なのかもしれません。これでは、DHCに翻訳を依頼しても翻訳不可能でしょうね!(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

おかげさまで二周年

二周年このブログも二周年を迎えました。

ここまで続けてこられたのも、訪問してくださる方、コメントしてくださる方たちがいらっしゃるおかげだと、感謝しております。

相変わらず記事が書けずに四苦八苦する事も多く、拙い内容ばかりですが、皆さんのコメントにはいつも励まされています。
言ってみれば、皆さんはこのブログの育ての親のようなものです。

たいした内容もない記事に、貴重な時間をさいてコメントしていただき本当にありがとうございます!!いつも、ご苦労をおかけして申し訳なく思っています。

三周年を目指して頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。
でも、三周年まで続くかな?(笑)

これからも皆さんが楽しめるような記事を綴っていきたいと思っています。たまにはお役に立つような記事もあるかもしれません。お時間があるときには、遊びに来てやってくださいね!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

まずめ時

まずめ時最近は全然やらなくなってしまったのですが、以前はよく釣りをしたものです。

気が向くと、朝早くから日が暮れるまで、一日中飲まず食わずでやったものです。

釣りというのは、一般的に朝が早いものです。何故かと言うと、やっぱり魚も腹が減るから、活発に餌を食べようとするからでしょうね。

同じ理由で、夕方も良く釣れるとされてきました。そのような時間帯を「朝まずめ」、「夕まずめ」と言います。でも、これは特に科学的な根拠があるわけじゃなく、釣師の経験でそう言われてきたものです。

ところが、先日の読売新聞の記事によると、最近はこういったことも科学的に研究されているようです。

なんでも、東海大学札幌校舎の研究グループが、北海道の支笏湖で「ブラウントラウト」という魚に超音波発信器を取り付けて行動調査した結果、「日の出と日没前後に水中で活発に上下運動することを突き止めた」そうです。

発信器を取り付けた2匹のうちの1匹を20日間にわたって追跡したところ、「日中は水面付近にいるが、夜間は水深1~5メートル」の場所で行動していたそうです。

それが、日の出前後の午前7時~10時と、日没前後の午後1時~4時には、「活発に深浅移動を繰り返し、水深20メートル付近まで潜る」ことも確認されたそうです。

観測当時の支笏湖の日没は午後4時ぐらいだったそうですが、周囲を山や木に囲まれている場所なので、午後2時でも日没と感じる場合もあるそうです。

ということは、魚は太陽光線の量に反応するということなのかな?

この研究では、早朝と夕方は魚の行動が活発になるとわかったわけで、釣師もそれに合わせて釣りに行かなければいけないわけですね。

もっとも、釣れるか釣れないかは、時間帯の問題だけではないような気もしますけど・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

DHA

イワシ青魚などに多く含まれている「DHA」(ドコサヘキサエン酸)というのがありますよね。

テレビなどでもDHAは人間には不可欠なものという話を聞いて、それなりに興味はありました。でも、正直言って詳しい事は良く知りません。

何でも、血中の中性脂肪量を減少させたり、脳にもいいそうです。そういえば、スーパーの魚売り場などで、魚を食べると頭が良くなるという大胆な歌が以前は良く流れていましたっけ。

DHAについてもっと知りたい方は、こちらが参考になるかもしれません。

ところで、先日のITmediaニュースの記事に、シマンテックのブログによると、最近「ディレクトリハーベスト攻撃」というものが多発しているという話が載っていました。

この攻撃は「DHA」という通称で呼ばれているそうですが、ドコサヘキサエン酸とは違い、何の役にも立たないようです。

これは、「迷惑メール送信先のアドレスを収集する目的でスパム業者が仕掛ける」ものだそうで、「特定のドメイン宛に無作為の件名や内容のメールを何通も送りつける攻撃」だそうです。

そのメールが受信側のメールサーバーを通過した場合は、そのアドレスは実在するとみなされて「スパム送信用のアドレス帳データベースに登録されてしまう」そうなんです。

このアドレス帳に登録されてしまうと、スパムやマルウェアの標的になる可能性があり、シマンテックでは警戒を呼びかけています。

そんなアドレス帳には登録されたくありませんよね。そんなことをされたら、迷惑メールが毎日山のように届くのでしょうね。

同じDHAでも、一方は人間に不可欠で、一方は全く歓迎されないわけです。同じ略号にならないように、どちらか一方の名前を変えれば良かったのに・・・。

最近は、アルファベット三文字ぐらいの略号が多くて何が何やら分からなくなる事があります。でも、「DHA」と「DHC」が頭の中で混乱してしまうのは私だけでしょうね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : セキュリティ - ジャンル : コンピュータ

砂に書いた・・・

私はテレビや写真でしか見たことがないのですが、「寛永通宝」をかたどった大きな銭型の砂絵がありますよね。

香川県の観音寺市にあるそうなんですが、最初あれを見たときは、観光の目玉として近年作られたものかと思っていたのですが、実際には江戸時代に作られたものなんだそうです。

大きさは、東西122メートル、南北90メートル、周囲345メートルというから、かなり大きいものですよね。

これだけ大きなものでありながら、いつ、誰が何のために作ったのか、諸説あって正確なところはわからないようです。

ちょっと面白半分に作ってみようかという気には誰もならないと思うので、それなりに作る動機はあったと思うのですが、そのあたりの手掛かりになる文書が残っていないようなんです。これはぜひ製作者に作った動機を聞いてみたいものであります。

話は変わりますが、この夏、ちょっと面白いイベントがあったようです。

シナップという会社が、砂で作ったQRコードは読めるのかという課題に挑戦したそうです。製作過程は、動画でご覧ください。



砂でQRコードを描くというのは、ユニークな試みですよね。私の携帯では読み取れませんでしたが、読み取れた方も結構いるようです。

どなたか、読み取れた方はいらっしゃるでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

効果的なご機嫌取りの方法

スイーツ例えば、奥さんに今夜何が食べたいか聞かれたとします。あなたは、何と答えますか?

「何でもいい」という返事は困るそうですね。「餃子」とか「カレー」とか、何か具体的に言った方が良いそうです。

でも、あまり手間がかかりすぎるような料理をリクエストすると、殴られるかもしれません。そのあたりの頃合は難しいですよね。

一説によると、夏休みというのは主婦にとっては大変なんだそうです。子供たちの昼食を作らなくてはいけない上、旦那さんの面倒まで見なくてはいけないわけですからね。

今週は、夏休みのお父さん方が多かったのではないでしょうか?ひょっとして、奥さんがご機嫌斜めということはありませんか?

そんなあなたのお役に立ちそうなネタを見つけましたよ!今日の話題は、gooランキングから「奥さんのご機嫌取りに効果的なことランキング」です。

第1位は「スイーツをお土産に買う」でした。たいていの女性は、甘いものが好きですからね。もし、辛党の奥さんの場合は、アルコールの方がいいかもしれません。

第2位は「家事を率先してやる」がランクインしました。これはどうでしょう?微妙かもしれませんよ!中途半端にやりつけない事をやると、かえって奥さんの逆鱗に触れる可能性があるかもしれません。

だったら、むしろ19位の「なにもしなくていい日を作る」の方が、奥さんは喜ぶんじゃないでしょうか?

3位に「小さくても花束をプレゼント」というのがありますが、私が思うに、案外これは効き目があるような気がしますけどいかがなものでしょう?

その他にも、13位に「アクセサリーをプレゼントする」とか、20位に「欲しい洋服を買う約束をする」とか物で釣る作戦がいくつか見受けられますが、さりげなくやらないとかえって誤解される場合があるかもしれません。

4位の「感謝の言葉を伝える」というのは、大事かもしれませんね。でも、それは常日頃から伝えているでしょうから、ここはひとつ、9位の「『愛している』など気持ちを伝える」とか10位の「『キレイだね』と褒める」あたりに挑戦してみてはいかがでしょう?

最近の若い人はそうでもないかもしれませんが、日本の男性はこういう事は苦手でしょ?だから、かえって効果があるかもしれませんよ!

でも、緊張のあまり、言ってる途中で吹き出したりしないようにご注意ください!!(笑)

なお、ここに挙げられた事を実行してなんら効果がなくても、私は一切責任を持ちませんので悪しからず!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

セキュリティ&エコ実験教室

実験夏休みも後半戦にさしかかって来ましたが、皆さんいかがお過ごしでしょう?

先日、トレンドマイクロが小学校4~6年生の親子を対象に、「セキュリティ&エコ実験教室」を開催したという話が@ITの記事にありました。

今回で6回目の開催なんだそうですが、パソコンを使う上で遭遇する可能性があるマルウェアについて分かりやすい言葉で解説したり、実験コーナーで実際にウイルスに感染する実演を行ったそうです。

こういったものは、大人ならなんとなく知っているのかもしれませんが、それを子供に分かりやすく説明するというのは難しいですよね。

セキュリティソフトのメーカーがこういった催しを開いてくれるというのは、大変ありがたいことだと思います。

ただ、参加できたのは22組の親子だったそうで、実際には定員の3倍近く応募があったようです。こういった問題に関心がある方が結構いるということなんだと思うのですが、出来れば何回かに分けて希望者全員が参加できたらよかったですよね。

一度に大人数を対象にすると、ちょっと落ち着かないかもしれません。このくらいの人数が良かったのかもしれませんが、せっかくの機会ですからね。

このような催しを開催する企業の方も大変だと思うのですが、企業イメージはアップするだろうし、製品の売り上げだってアップするかもしれませんよね。

それに、何よりネット上の脅威を知ることが出来るのは、子供たちの将来にとっても有意義な事だと思います。これからも、続けていって欲しいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : セキュリティ - ジャンル : コンピュータ

HDDを増設できるレコーダー

hdcnua先日のITmediaニュースの記事で、東芝が「外付けHDDをUSB接続し、容量を追加できるHDD&DVDレコーダー4機種を発表した」という話を読みました。

HDDを増設できるハイビジョンレコーダーは業界初なんだそうです。日立でHDDを追加できるレコーダーがあったような気がするのですが、あれはテレビに内蔵されているみたいですね。

東芝の新製品は、内蔵HDDの容量が、「RD-X9」が2TB、「RD-S1004K」が1TB、「RDS304K」が320GB、「D-W250K」が250GBで、VHS内蔵だそうです。そこに2TBまでの市販の外付けHDDを接続できるそうです。実売予想価格は6万~12万円前後だとか。

私は、前々からHDDレコーダーにHDDが増設できないものかと思っていたのですが、ようやくこういう製品が登場したわけです。もっとも、もともと2TBも容量があるレコーダーにHDDを増設する必要があるかどうかは、良くわかりませんけど・・・。

東芝といえば、HD-DVDの開発から撤退したわけですが、今後はブルーレイ機器の開発に参入するようです。年内をめどに、プレーヤーとブルーレイドライブ内蔵のノートPCを発売するそうですよ。

我が家では録画した番組をディスクに保存することはあまりなくて、録画して見終われば捨ててしまう番組がほとんどだから、HDDの容量が大きい方が使い勝手は良いような気がします。

ブルーレイレコーダーを買うのは、いつのことになるのやら・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

溺れるものは・・・

水中夏と言えば、海やプールで泳ぐ方も多いのではないかと思いますが、先日のココログニュースの記事に、小中学校の体育の授業だけでは泳げない子供が増えているという話がありました。

小学校では泳げない子供を無理に泳がそうとはしないところも増えているそうです。その一方で、スイミングスクールに通う子供も増えていて、泳げる子と泳げない子の二極化傾向にあるそうです。

私には実際どうなっているのか良くわかりませんが、体育の授業自体が減っているそうですね。その上、泳ぎを積極的に指導していないという事になれば、泳げない子も増えるでしょうね。

私の小学校時代は、バタ足のやり方ぐらいは教わったような気がします。その程度でも、何となく泳げるようになるものですよね?

水泳の授業で一番困ったのは、高校の時でした。何しろ、100メートル個人メドレーをやるというのですから・・・。

何が困ったって、バタフライなんてそれまでやった事がなかったわけです。先生に、どうやって泳ぐのか聞いたところ、「クロールでは両手両足をバラバラに動かすけど、それを左右同時にやれば良い!」という答えでした。

そんな指導で、泳げるようになりませんよね?高1の夏休みは、1日も欠かさず市民プールに通い、とにかく練習したものでした。

もっとも、人間は何がきっかけで泳げるようになるかわかりません。学生時代の夏休みに、幼稚園のいとこにせがまれ、時々川に連れて行って遊ばせていました。

ある時、彼は川の中を歩いていたのですが、あのまま進んだら足元の砂が崩れて深みにはまってしまうのになと思って見ていました。彼はそれに気付かず進んだ結果、川に沈んでいきました。

一番深いところは、水深1.5メートルぐらいだったでしょうか?いとこは川底まで沈み、川底をけって一度浮き上がってきたのですが、また沈み・・・。彼は、まだ泳げなかったわけです。

その深場はそんなに広くないので、そろそろ背が立つ場所だろうと思って、黙って見ていました。浅いところまで来て立ち上がった彼は、「何で助けなかったんだよ!!」って怒ってましたけど!(笑)

私のことをひどいヤツだと思った方もいるでしょうが、そこは流れも穏やかで、少し下れば浅くなるので大丈夫と判断したわけでして・・・。

何十年も経ってからその話をいとこにすると、彼はその時のことをよく覚えていて、あれがきっかけで「泳げるようにならなくちゃ!」と幼心に感じたそうです。それ以来、かなり泳げるようになったとか。

言ってみれば、彼が泳げるようになったのは、私のおかげですよね?違うかな?(笑)

念のため申し上げますが、もし子供が水の中に沈んでしまったら、すぐに助けてあげてくださいね!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

お絵かきQ&A機能

クエスチョン今週は、会社も夏休みのところが多いでしょうね。中には、旦那さんの世話が大変だとお嘆きの方もいらっしゃるのではないでしょうか?(笑)

年末年始やゴールデンウィーク、夏休みの時期は、これといったネタもなく、記事も夏休み気分なのですが、どうにか見つけたネタは、以前にもご紹介した「OKWave」の新機能に関する話です。

OKWaveは、色々な質問を投稿できるQ&Aサイトです。私も、パソコン関係でトラブルがあったときなど、よく参考にさせてもらっています。

このサイトでは、昨年11月から動画、画像、音声のファイルを利用した投稿が可能になりましたが、7月30日から「手描きでのビジュアルデータを用いたQ&A投稿が可能となる『お絵かきQ&A機能』」の提供を開始したそうです。

例えば、写真の一部に手書きのしるしを付けて投稿したり、手書きの絵や図で質問したり回答したりすることが出来るわけです。

文章だけでは質問の内容がわかりにくかったり、図解した方が説明が理解しやすいという事は良くありますからね。こうやって色々な手段を使って質問したり、回答したり出来るのはわかりやすくて便利でしょうね。

それにしても、質問に対して丁寧に教えてくださる方がたくさんいるのには驚きます。ありがたい事です。世の中まだまだ捨てたもんじゃありませんね!

ところで、台風が接近している影響で四国から岡山、兵庫あたりにかけて大雨のようですね。今後も、四国から関東甲信地方は大雨が予想されるとか。災害に気を付けて、楽しい夏休みを送ってくださいね!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : オススメサイト - ジャンル : コンピュータ

オモシロ辞典

悪魔の辞典皆さんのお宅にも色々な辞典があるんじゃないかと思います。

うちにも、国語辞典や英和辞典、漢和辞典にことわざ辞典や医学辞典など、いくつかあります。

でも、最近では辞典の出番も少なくなってきているでしょうね。インターネットですぐ調べられますからね。

そんな中で、一風変わった辞典もあるようです。今日は、gooランキングから「読んでみたいオモシロ辞典ランキング」の話題です。

第1位は「ひと目でわかる方言大辞典」でした。確かに、方言の中には意味を推測するのが不可能な言葉がたくさんありますよね。

信憑性はわかりませんが、方言というのは戦国時代によその藩に情報が漏れないよう、わざとわかりにくい言葉にしたという説を聞いたことがあります。

でも、旅行に行ったときなど、その地方独特の言葉を耳にするのはいいものですよね。

第2位は、「オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典」という、なんともすごそうな名前の辞典です。女性の言動というのは、常に不可解なものです。これは、男性の皆さんには役に立つんじゃないかな?

第3位の「困ったときのベタ辞典」というのは内容が良くわからなかったのですが、ベタな言葉やシチュエーションを集めたものだそうです。

以下、「20世紀死語辞典」、「失言辞典」と続いてますが、私が読んだものはひとつもありませんでした。

このランキングには入っていませんが、この類の辞典で最も古典的なものは、アンブローズ・ビアスというアメリカの作家が書いた「悪魔の辞典」じゃなかろうかと思います。その原型は、1881年から86年に発表されたようです。

私が持っているのは角川文庫版で奥田俊介、倉本護、猪狩博の三氏の翻訳によるものですが、実に辛口の内容になっています。

その中からいくつか抜粋してみると、HAPPINESS[幸福]は、「他人の不幸を見ているうちに沸き起こる快い気分」であるとか、PEACE[平和]は、「国際関係で、戦争と戦争との間のだましあいの期間」など、けっこう毒があるでしょ?

でも、このなかで私が一番きついなと思ったのは、MALE[男性]の項目でした。

「無視された、あるいは取るに足らぬ性の一構成員」とある。実に辛辣ですよね。でも、まんざら当たってなくもないのかもと思わせられる部分もあったりして・・・。(笑)

皆さんも、もし機会があったら読んでみてはいかがでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

苦手なもの

ホタル今年の夏は、比較的涼しいのでしょうか?

先月は、北海道から東北にかけて平年の2倍強の雨が降ったそうですし、日本海側の日照時間は平年の6割だったそうです。

関東でも、スッキリ晴れる日は少なくて、日照時間はこれまた平年の6割だったそうです。この先も、ぐずついた天気が多い見通しのようですが、農作物は大丈夫なのかな?心配になってしまいます。

やはり、夏はそれなりに暑くないと夏という感じがしませんよね。

ところで、夏になると色々な虫が出ますよね。先月あたりは、家のそばでホタルを何十年ぶりかで見かけました。光ながら飛んでいるところは、なかなか幻想的でした。

ホタルならまだ歓迎されるでしょうが、中には招かれざる害虫もいるわけですよね。その代表格が、ゴキブリなんじゃないでしょうか?

私もどうも苦手です。カブトムシやクワガタなら全然問題はないけど、どうもヤツだけは素手でなんかつかめません。

確か、「気合だ~ぁ!!」でおなじみのアニマル浜口さんもゴキブリは苦手だと言ってたような気がします。誰にでも、苦手なものはあるものですよね。

きっと、あのギトギト脂ぎっている感じが嫌なのでしょうね。まあ、ギトギト脂ぎってるなんて言うと、お前はどうなんだって言われそうですけど・・・。(笑)

ところで、以前ご紹介したYahooの「サーチのなかみ」で、「ゴキブリ退治」というキーワードを調べたところ、「北海道と長野県からはほとんど検索されていない」ということが「Yahoo!検索 スタッフブログ」で報告されていました。

北海道は冬場は寒いから、ゴキブリがいないか、または少ないんじゃないかという想像はつきますが、長野というのは意外な感じがします。

地図を見ると、東北地方の検索数はやはり少ないようですが、長野県はそれよりさらに少ないようです。

実際には、長野にもゴキブリはいるわけですが、数が少ないのでしょうか?これは案外、七不思議のひとつに数えてもいいのかもしれませんよ!(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

災害用伝言ダイヤル

伝言先月末、九州北部から中国地方にかけて豪雨に見舞われましたね。私たちは、いつ何時、こういった災害に遭遇するかわからないわけです。

不幸にしてそういった災害が発生した場合、その地域に身内や知り合いが住んでいた場合には、その安否が気になって仕方がないと思います。

そんな時、災害用の伝言板にメッセージを預けたり、メッセージを確認出来たりするシステムがありますよね。

私は利用したことがなかったので知らなかったのですが、携帯電話向けの伝言板は、ユーザーが加入している携帯会社の伝言板で行うのが原則なんだそうですね。

そのため、伝言を確認する側としては、安否を確認したい人がどこの携帯を使っているか知らないと、検索が出来なかったり、不便だったりする場合があるようです。

そんな問題を解決するために、電気通信事業者協会と携帯電話・PHS事業者5社が、「災害時に各社が設ける携帯電話向け伝言板を横断検索できる機能を開発し、本年度末をめどに導入を目指す」という話が先日のITmediaニュースの記事に載っていました。

出来ることなら、そういった災害が極力起こらなければいいのですが、そうも言っていられません。そのような場合に、伝言を今より簡単に確認できるようになれば、それに越したことはありませんよね。

固定電話の災害用伝言ダイヤルは、既に各電話会社の共同運営になっているそうで、「登録・確認とも各社の機能が統一されている」そうです。

でも、被災者側とすれば、固定電話の利用は難しいかもしれませんよね。そんな時こそ、携帯電話が活躍するんじゃないでしょうか?一日でも早く、このシステムが稼動してくれるといいですよね。

防災の日が近づくと、自治体で防災訓練を行うところも多いと思います。私の住んでいるところでも、今月の後半に実施する予定です。

避難誘導訓練や初期消火訓練等、いくつかの訓練を行うようです。その中に、毛布と竹の棒で応急用の担架を作って負傷者を搬送する訓練があるそうです。

以前、担架を作るために準備した竹が太すぎて、搬送中に手がすべって負傷者役の人を落としてしまったという事件があったとか。

私はその話を聞いて、不謹慎ながら笑ってしまいました。訓練だからまだ良かったのでしょうが、本当の災害時だったら笑っている場合じゃないですよね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

ケーブルはいずこへ・・・

ケーブル昔は、どこの家庭でも黒い、ダイヤル式の電話機を使っていた時代がありました。あのころは子機なんてなかったから、電話の場所まで行って電話するしかなかったわけです。

その後、コードレスの子機がついた電話機が出始め、親機から離れた場所でも通話出来るのが普通になりました。

今では誰でも携帯電話を使う時代ですから、電話にコードが繋がっていないのが当たり前の感じになってきましたよね。

将来的には、もっと色々なものからコードがなくなるのかもしれません。

先日のITmediaニュースの記事で、KDDIの研究所が「USB 2.0を赤外線通信でワイヤレス化することに成功した」という話がありました。

これは、USBの信号を赤外線信号に変換する装置を取り付け、その装置間で赤外線によるUSB接続を行うというものだそうです。

例えば、携帯からプリンタにワイヤレスで写真を送って印刷するといった事が出来るわけです。

パソコンとUSB対応の周辺機器などを向き合わせるだけでUSB接続出来るようになるそうなので、これは便利ですよね。特に、ノートPCを使っている方は便利なんじゃないでしょうか?

すでに、マウスやキーボードはワイヤレスのものがありますが、プリンタやスキャナなど、USBケーブルで繋がっている周辺機器は色々ありますよね。それらのケーブルがなくなれば、パソコン周りもかなりスッキリするような気がします。

この技術が商用化される時期は未定だそうですが、近い将来、プリンタからケーブルがなくなる日が来るかもしれませんよ!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

間違いメール

間違いメール皆さんは、送り先を間違えてメールしてしまった経験はありますか?

私はないと思うんですが、ひょっとして自分がそう思い込んでいるだけで、実際にはやっているのかな?(笑)

でも、ごくたまに間違いメールを受信したことはありました。ああいう時は、困りますよね。嫌でも内容が目に入ってしまうわけですから・・・。

先日、株式会社アイシェアで行った、「誤メールに関する意識調査」の結果を目にしました。

それによると、宛先を間違ってメールを送信した経験がある人は、504人中243人(48.2%)いました。約半数の人はそういった経験があるようです。

では、それに対して何か対策をしているかというと、している人は33.7%という結果でした。内容的には「宛先メールアドレスをよく確認する」という内容です。まあ、それが基本ですよね。

間違いメールの失敗談も掲載されていて、「上司の愚痴を友達に送るつもりが上司に送ってしまった」とか「陰口を当の本人宛に送ってしまった」、「ラブラブメールを間違った女性に送信してしまった」などの事例があるようです。

当事者にとっては笑えないものばかりでしょうが、第三者にとっては爆笑ものですよね。でも、それで人間関係が悪くならないかどうか、ちょっと心配になりました。

中には、「主人の不満を他の家族に訴えてたメールを主人に送信してしまった」というのがありましたが、ひょっとしてこれはわざとかも?(笑)

この調査では、間違いメールを送った経験者の男女間、世代間での違いもほとんどないようです。ということは、誰でも間違ってメールを送信する可能性があるわけですよね。

皆さんも気を付けてくださいね。もらった方も困ってしまいますから!そして、平和な生活を送るためにも、メールの宛先はよ~く確認してください!!(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる