無料セキュリティ読本

computer_virus_security_hole_20170225130732f6c.png先日のインターネットコムで、ソフトウェア開発会社のエムオーテックスが、ネットセキュリティに関する電子ブックの無料公開を開始したという記事を読みました。

「セキュリティ7つの習慣・20の事例」というタイトルの、PDF形式の電子ブックです。

また、それを基にしたセキュリティ研修の講師用資料や、研修後の理解度チェックに使うテストも同時に配布されています。

ページの下の方の、「セキュリティブックをダウンロードする(無償)」というところをクリックすると、PDFファイルを閲覧することができます。

内容は、ソフトを最新版にしておきましょうとか、ウイルスソフトを使いましょうといったことなど、身につけておくべきセキュリティの習慣を7項目にわたってまとめてあります。

同時に、日常生活で直面する可能性があるネットの色々な危険性について、20の事例を分かりやすく解説してあります。

その中には、パスワードの設定方法や、外出先で情報機器を使う際の注意事項等、うっかりやってしまいそうなことについて注意喚起をうながしています。

内容的には社会人向けのようですが、部分的には、中学生ぐらいから理解できそうな内容もあります。

情報機器に慣れてくると、他の人はともかく自分だけは大丈夫という根拠のない自信を持つものですが、こういうテキストを読んで、初心に帰るのことも時には必要なのかもしれません。

興味のある方は、ご覧になってみてはいかがでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

「けものフレンズロゴジェネレーター」

先日のインターネットコムで、文字を入力すれば「けものフレンズ」風に変換してくれるウェブアプリケーションが話題になっているという記事を読みました。

その名も「けものフレンズロゴジェネレーター」というものです。

この「けものフレンズ」というは、私にとっては初耳だったのですが、何でも動物を女性に擬人化した人気アニメ作品らしいです。

さて、このジェネレーターの使い方ですが、「↓ここにもじをいれてね!」と書いてあるボックスに文字を入力するだけです。

ボックスは三行ありますが、それぞれの行で書体や文字の大きさが異なります。どんなふうに違うかと言えば、ボックスの上側のプレビューをご覧になればわかると思います。

文字を入力したら、ボックス下側の「ロゴがぞうをダウンロード!」をクリックするか、ボックス上側のプレビューを右クリックすれば、作った画像を保存できます。

私も、このジェネレーターを利用して作ってみたものが下のような画像です。

index_2017022512595248a.png

こういうものの良い点は、私のような美的センスがマイナスの人間でも、それなりのものができるという点でしょう。

表示がひらがなやかたかなになっているところを見ると、子供向けのコンテンツなのかもしれませんが、大人も楽しめるのではないでしょうか?

皆さんも、お試しになってみてはいかがでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

予防効果

ugai_tearai.pngこのところ、4月並みの陽気の日もあれば真冬の寒さになったりと、気温の高低差が激しい日が続いています。

急激な温度変化に身体がとまどうのか、私の周囲でも、風邪をひいたりインフルエンザにかかったりする人を見受けます。

できれば、風邪はもちろんのこと、インフルエンザなんかには絶対になりたくないわけですが、先日のYOMIURI ONLINEで、手洗い、うがい、マスクの予防効果に関する記事を読みました。

感染防止のために、それらの予防を行っている人は多いでしょう。私も、外から帰った時は必ず手洗いとうがいをしています。小さいころから言われていたので、習慣になっているのでしょう。

では、それはそれほどの効果があるかというと、手洗いについては、過去にアメリカ海軍やパキスタンでの研究結果があるそうです。

アメリカ海軍の訓練施設の若者約13万人を対象とした研究では、手洗いを指示されたグループと指示されていないグループの調査で、手洗いしたグループの呼吸器感染症はそうでないグループに比べ、45%少なかったとのことです。

また、パキスタンでは、1,510人の子供を対象に普通のせっけんで手を洗うグループ、薬用せっけんで手を洗うグループ、手洗いを義務付けないグループに分けて調査したそうです。

その結果、手を洗うグループは、手洗いを義務付けられていないグループに比べ、肺炎の罹患率が50%少なかったそうです。

肺炎と風邪ではちょっと違うのでしょうが、手洗いの効果はある程度認められると言えそうです

それに対して、うがいの場合は福岡市の保育園の子供約2万人を対象に行った、1日1回以上うがいをする子供としない子供で37.5度以上の発熱を生じる割合についての研究があるそうです。

それによると、うがいをした子供は、しなかった子供より発熱する割合が32%少なかったということです。

また、緑茶でうがいした場合の減少率は68%と最も効果が高くて、アルカリイオン水やオゾン水などの機能水は54%、水道水は30%と、うがいをする水の違いによって効果も違ったということです。

これは、お茶に含まれるカテキンンの抗酸化作用や抗菌作用が関係しているかもしれないそうです。

ただ、うがいに関する研究はあまり行われていないようで、特にインフルエンザに対する効果を調べた研究はないため、その効果は不明なんだとのこと。

昔は、手洗いとうがいはセットで言われたものですが、近年では、手洗いは効果があるけど、うがいについてはあまり言われなくなりましたよね。

それでも、うがいもした方が何となく良さそうな気がするわけです。病は気からと言いますしね。

手洗いうがいに対して、マスクについては信頼できる研究結果はほとんどないそうですが、予防効果よりもむしろ咳などによって周囲にうつさないための効果はあるようです。

以前、買い物中に「ゴホン、ゴホン」と咳をする人がいて、私はとてもいや~な予感がしたことがあったのですが、その数日後には、風邪をひいて寝込みました。

風邪をひいた場合は、外出しないで身体を休めるのが一番です。仕方なく外出する場合は、必ずマスクを着用してほしいものです。

まだしばらく、気温が上がったり下がったりを繰り返しそうです。どうか、皆さんも体調管理にはお気を付けください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

インド専用

curry_indian_man.png先日の朝日新聞デジタルで、変わった洗濯機の記事を読みました。その洗濯機は、インド専用だというものです。

どうしてインド専用なのかというと、洗い方のコースを選ぶのに、「Curry(カレー)」というコースがあるのだとか。

これは、パナソニックが先月からインドで売り始めた新商品なんだそうです。

パナソニックは、2013年からインドの自社工場で洗濯機の量産を始めているそうです。

従来、インドでは洗濯物は川などでの手洗いが一般的で、洗濯機の普及率は10%ほどだったので、経済が発展すれば需要が見込めるとの判断だったようです。

何しろあれだけ人口が多い国ですから、購買力が上がれば、洗濯機も飛ぶように売れるようになるかもしれません。

しかし、日本の洗濯機をベースにしたものを市場に投入したところ、「カレーの汚れがしっかり落ちない」という声が寄せられたんだとか。いかにも、インドらしいクレームですよね。

そこで、日本人社員が現地工場や販売スタッフらとインドのカレーの成分を分析するなど、カレーの汚れを落とすのに最適な方法を約2年間かけて考えたそうです。

その結果、標準コースの約6倍の水流で洗う「カレーコース」が誕生したのだとか。そこまで製品の機能をつきつめようとするのは、さすがに日本の技術力はすごいなと思ってしまいます。

この洗濯機は、従来商品より1割ほど高い22,000~28,500ルピー(約37,400~48,450円)で、インド専用モデルのため日本では買うことができないそうです。

でも、日本でも需要がありませんかね?ほら、カレーうどんを食べる時、服に汁がはねたりしませんか?白い服を着ている時に限って、そういうことが起きるような気もするのですが・・・。

もっとも、インドに比べたら、カレーを食べる比率はずっと低いのかもしれないけど。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ネバーギブアップ

どうしても箱の中に入りたいようですが、いくらなんでも箱が小さすぎやしませんか?(笑)



諦めずに何度もトライするのは、なかなか見上げた根性ではあります。最後は、やっと入れたとばかりにドヤ顔をしていますが、身体の半分しか入ってないような・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : YouTube - ジャンル : コンピュータ

高齢者

car_drive_recorder.png先日のJタウンネットの記事で、「高齢者」というのはいくつからだと思うかという内容の見出しに目が止りました。

日本老年学会が2017年に新しく発表した定義と区分によると、75歳以上になるそうです。

確かに、最近の60代は、あまり高齢者という感じではなく、とても元気な人が多いように感じます。

世界的には「高齢者」を65歳以上と定義している国が多いそうで、世界保健機構(WHO)も65歳以上を「高齢者」としているとのことです。

そこで、Jタウン研究所が何歳から高齢者かというアンケートを行った結果、その平均年齢は70.3歳だったそうです。

日本の場合、平均寿命も長いわけですから、WHOの定義を上回ったということでしょうか?

ところで、最近は高齢者ドライバーによる事故がクローズアップされていますよね。

そんなニュースをよく耳にするせいか、信号待ちで止っている時に、後ろから来る車を年配の方が運転していると、ちゃんと止まってくれるかなという不安を感じることがあります。

もちろん、そんなのは私の取り越し苦労なのですが、最近ちょっと気になるのは、前方に障害物があるわけでもないのに、そして対向車がいるにもかかわらず、センターラインをはみ出してくる車を見かけることがあるのです。

そして、そのような運転をするのは、大半が高齢の方のように思うのです。(それ以外は、スマホを見ながら運転している人が多い気がします。)

ちょっと前までは、そんな運転をする人はあまり見なかったような気がするのですが、これは高齢ドライバーが増えたせいなのでしょうか?

先日のインターネットコムの記事で、損保ジャパン日本興亜が始める「ドライビング!」というサービスを紹介していました。

自分の運転を通信機能付きのドライブレコーダーで記録して、専門家が運転診断レポートを作成して、毎月郵送してくれるというサービスだそうです。

損保ジャパン日本興亜では、車の事故は減る傾向にあるが、若年層や高齢層などでは依然として事故率が高いために、その解消につなげたいという意図があるそうです。

専門家に客観的な診断をしてもらえば、自分では気付かなかった点や、何とも思わなかった部分が危険な運転につながると理解できるのかもしれませんね。

若年層や高齢者だけでなく、全ての年代のドライバーが安全運転で、事故のない世の中にしていきたいものですね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

「UENO PLANET」

zoo_doubutsuen.png先日のITmediaニュースで、上野動物園が公開した「UENO PLANET」というサイトがネット上で話題になっているという記事を読みました。

話題になっているポイントは、普段は注目されていない動物園の裏側が分かるという点のようです。

例えば、動物たちの住まいや食生活、現場で働いている人とその七つ道具などが独特なイラストで紹介されています。

このサイトの製作目的は、動物園には動物以外にもたくさん魅力があるところを知ってほしいというところにあるようです。

普通に動物園を見学しているだけではわからない動物園の裏側を垣間見ることで、未知の惑星を発見したような気分になり、興味を持って動物園に足を運んでほしいということです。

上野動物園には、もう長いこと行っていません。最後に行ったのは、30年以上前でしょうか。

その当時、すでにジャイアントパンダがいたのですが、確か、妊娠中かなにかで公開が中止されていたような定かではない記憶があります。

それより、今でも鮮明に覚えているのは、尾籠な話で恐縮ですが、ゾウのトイレのシーンです。

もちろん、ゾウはトイレで用を足すはずがありません。その場でやるわけですが、まるでソフトボールぐらいの大きさのフンをドスンドスンとして、その後、滝のような小をしたのです。

それは、あたかも水道の蛇口が壊れたかと思うような光景でした。

私の思い出話はさておき、動物園に興味のある方は、一度このサイトを覗いてみてはいかがでしょう?なお、パソコンでも一部閲覧できますが、全てのコンテンツを見るには、スマホをご利用ください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

新発売

kaden_cassette_tape_20170216083807bde.png先日のR25の記事で、ある製品が発売されるという記事を読みました。そのある製品というのは、カセットデッキとCDの複合プレイヤーなのです。

オーディオメーカーのティアックが発表したもので、AD-850という製品です。

ティアックという会社は、オーディオ機器の老舗で、かつてはカセットデッキの高級機種などを作っていましたが、私はなぜ今さらカセットデッキなのか?と思ってしまいました。

でも、記事によると、最近ではカセットテープの人気が高まっているのだそうです。

ちょっと前から、レコードにも注目が集まっているようですから、音楽の場面では、アナログ人気が復活しているということなのでしょうか?

この製品は、カセットやCDの再生の他に、カセットからCDやUSBへの録音や、その逆も可能になっています。

こういった製品は、アナログの音源をデジタルにするためにあるのかと思いましたが、逆にデジタル音源をアナログ化することもできるというわけです。

私が一番最初にCDプレーヤーを買ったのは、80年代半ばごろだったと思います。それ以前は、レコードを聴いていたわけです。

CDに代わって、その使い勝手の良さには感心したものです。レコードの場合は、盤面のホコリが気になったものだし、CDのように簡単に頭出しなんてできませんからね。

いつのまにかレコードは店頭から見かけなくなってCDとなりましたが、カセットテープというのも見かけなくなりましたよね。今でも、売っているのかな?

昔は、レコードをいちいち引っ張り出すのも面倒なので、新しいレコードを買うたびにカセットにダビングして聴いていたものです。

今でも、昔のLPレコードはしまってあるし、カセットテープも大量に眠っているはずです。LPはどこにあるのかわかるけど、カセットはどこにしまったかな・・・。

そんな私のような人間にとっては、このような製品はアナログ音源をデジタル化するのには便利なのでしょう。

ただ、ドルビーなどのノイズリダクションシステムは搭載されていないようです。ドルビーで録音したものは、ドルビーで再生するのが基本なので、その点はちょっと残念かもしれません。

それでも、こういう製品が注目を浴びると、アナログオーディオの人気は、ますますアップするのかもしれませんね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

バレンタインの新常識

valentine_tedukuri_chocolate.png14日はバレンタインデーでしたね。私にはもう関係ない行事になってしまいましたが、皆さんはチョコのやり取りをしたのでしょうか?

バレンタインデーに関して、先日のITmediaニュースで、ちょっと面白い記事を見かけました。

近年、バレンタインには板チョコが人気という記事です。皆さんは、ご存じだったでしょうか?

私は、もちろんそんなことは知りませんでしたが、特に今年は、スーパーのバレンタインコーナーで、板チョコが山積みになっている光景を見て不思議に思っていました。

バレンタインのチョコと言えば、普段はめったに口にしないようなメーカーのものが主流なんだと思っていたからなのですが、最近ではちょっと事情が変わってきているようです。

最近の傾向は、特に学生の間では、友達同士で贈り合う「友チョコ」が主流なんだそうです。

そのため、安い板チョコを買って、でもそのまま贈るのでは味もそっけもないので、手作りチョコを作って贈るというのがトレンドなんだとか。

普段、口にしないようなメーカーのチョコレートと違って、板チョコだったら1枚100円もしないわけで、学生さんの懐にも優しいというわけなんですね。

しかも、それをそのまま渡すのではなく、ひと手間加えるというところに、日本人の細やかな心配りがあるのかもしれません。

江崎グリコの「バレンタインの新常識」というサイトを見ると、昨年のバレンタインで、女子高生の88.5%、女子中学生の94.2%がチョコレートをもらっているそうです。

友チョコや自分へのチョコが流行っているという話を聞いたことがありましたが、むしろ、その方が主流のようですね。

これでは、男性の影がますます薄くなるのではと懸念されますが、そうでもないようです。昨年の調査では、男性の約4人に1人がチョコを贈っているのだとか。

昔とはずいぶん様変わりしたものですが、女性はあまり男性のことを意識しなくなっているということなのでしょうか?異性より、同性の友達といた方が楽しいということなのかもしれません。

私も、高校時代は男同士で遊んでいる時が一番楽しかったように思うし、たくさんの思い出があるような気がします。

でも、あの当時は、男同士でチョコレートをやり取りしたことはありませんでしたけど・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

タコ?

ネコが、ドアの下のわずかな隙間をくぐり抜けようとします。いくらなんでも、それは無理だろうと思うのですが・・・。



何度見ても、不思議で仕方ありません。いったい、どんな骨格をしてるのでしょう?まるで、ネコじゃなくてタコのようです。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : YouTube - ジャンル : コンピュータ

「Fluid Paint」

bijyutsu_paint_man2.png世の中には、絵を描くのが上手い人間と、下手な人間がいます。私は、圧倒的に後者に属します。

一般的に、絵の上手い人は絵を描くことがことが好きですよね。だからどんどん上手になるのかもしれません。

そこへいくと、私はそもそも絵を描こうとはしないし、描いたところで何が描いてあるのかわからないような絵を描きそうです。

中学の時、夏休みの美術の宿題で、絵を描いてこいというのがありました。夏休み明けに、全員の絵を黒板に貼り出して品評会を行うのですが、そのたびに私は愕然としたものです。

絵の上手いクラスメートと比べると、私の絵なんか幼稚園児クラスでした。いや、それ以下だったかもしれません。

もっとも、私と仲の良かった友人の絵はもっと酷くて、友人の描いた絵を見た先生が「これは犬か?」と聞いたところ、そいつはムッとして「馬です!」と答えたことがありました。

先生と私は顔を見合わせて大笑いしてしまいましたが、私も友人の絵を笑えるような腕ではありませんでした。類は友を呼ぶとは、よく言ったものです。

さて、前置きが長くなりましたが、先日のGIGAZINEで、まるで油絵を描くように表現できる「Fluid Paint」というお絵かきツールを紹介していました。

ペイントと同じく、マウスのカーソルを動かすことで絵が描けるのですが、あたかも筆で描いたように描けるツールです。

画面左にあるパネルで、筆の流動性や毛先の多さ、筆のサイズ、色などを変えることができます。描いた作品は、「SAVE」をクリックすれば、PNG形式で保存できます。

絵の上手い人も、上手くない人も、ちょっとお試しになってみてはいかがでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

4連覇

computer_password_wasureta.png先週、浜松市がギョウザ購入額で3年連続日本一を達成したという記事を書きましたが、今度は4連覇したあるものを見つけました。

その4連覇したものは何かというと、ありふれていて推測されやすい最悪のパスワードなのです。

先日のインターネットコムの記事によると、パスワード管理アプリケーションの開発を手掛けるSplashDataが、昨年中に流出した約500万件のパスワードを分析したそうです。

その結果、「123456」が4年連続でトップだったそうです。2位は「password」で、この二つは前年と順位が変わらず、不動の人気を誇っているようです。

3位は1位より1桁少ない「12345」で2ランクアップ、4位は「12345678」で1ランクダウンという結果でした。

数字の羅列は、桁数が少ない方が人気なのかと思ったのですが、7位に「1234567890」が入っていて5ランクアップ、8位は「1234567」で1ランクアップとなっています。

逆に桁数の少ない「1234」は10位で2ランクダウンとなっているところを見ると、桁数が少なければ良いというわけでもないのかもしれません。桁数を少し増やせば、安全だと考えたのかもしれませんね。

ランキングを見ていてちょっと不思議に思ったのですが、18位にも「password」が入っていて、こちらは6ランクも順位を上げているのです。

集計の間違いなのかなと思っていたのですが、よくよく見ると、「o(オー)」が数字の「0(ゼロ)」になっていました。このあたり、涙ぐましい努力がうかがえます。

この調査でもわかるように、誰もがパスワードの管理には相変わらずお悩みのようです。

他人に推測されにくいものにしろとか、定期的に変更しろとか、その理由はわかるのですが、ついつい億劫になるし、複雑にすると、自分でも忘れてしまって困ったことになるわけです。

それを考えたら、覚えやすい数字の羅列になってしまうのでしょうね。「123456」は、どこまで連覇の記録を伸ばすのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : 最近気になったニュース - ジャンル : コンピュータ

いらすとか

「いらすとや」というフリー素材のサイトをご存知でしょうか?私は、いつもここのイラストを利用させてもらっています。

フリー素材のサイトはたくさんあると思いますが、こちらには特にたくさんの種類のイラストが揃っていて、とても重宝させてもらっています。

テレビでも、このサイトの素材と思われるものを見かけることが時々あるので、皆さんも知らず知らずのうちに目にしているのはないでしょうか?

先日のGIGAZINEで、入力した文章をこのいらすとやの素材を使った画像に変換してくれる「いらすとか」というサイトを紹介していました。

使い方は簡単で、画面中央のテキストボックスに文章を入力して、「いらすと化」のボタンをクリックするだけです。すると、その下に完成イラストが表示されます。

このサイトは、「形態素解析」、「係り受け解析」、「重要度推定」などの技術を使って、文章の中の重要な単語を推定して画像を生成するそうです。

私にはどんな技術なのかさっぱりわかりませんが、とりあえず試しに「ナイススマッシュで3連覇」というあまり意味のない文章を入力してできた画像が下のものです。

いらすとか

左のゴルフのイラストは、「ナイススマッシュ」ではなくて「ナイスショット」のような気もします。また、「3連覇」という言葉は、思いっ切り無視されたようです。

まあ、当たらずと言えども遠からずといった結果なんでしょうか?

場合によっては「いらすと化できませんでした・・・」ということもあるようですが、思わぬ組み合わせで笑えるものもあるかもしれません。皆さんも、色々とお試しになってみてはいかがでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

トイレットペーパーホルダー

toilet_paper.png先日のインターネットコムで、ちょっと変わった、いや、とても変わったトイレットペーパーホルダーを紹介していました。

「His and Hers Toilet Paper Holder for Beverages」という商品です。

何が変わっているかというと、ホルダーの左右に缶ビールとワイングラスのホルダーが付属しているというものなのです。

従来であれば、トイレの際に缶ビールやワイングラスを持っていても問題なかったけど、トイレスマホ派が増えている現代においては、必須のアイテムらしいのです。

つまり、トイレに入ってスマホでメッセージを入力する際に、両手がふさがってしまって缶やグラスが持てなくなってしまうわけです。

かと言って、飲み物をトイレの床に置くのもはばかられるので、このようなホルダーがあれば、心おきなく入力に専念できるということなのです。

しかしながら、トイレにスマホを持ち込むケースがあるとしても、トイレでビールやワインを飲むということはあるんでしょうかね?

私は、トイレにスマホを持ち込むこともないし、ましてや、トイレの中で飲食したことは一度もありません。

でも、自分がそうだからと言って他人も同じだと決めつけるわけにもいかないわけで、入浴中にもスマホを手放せないという人もいるわけです。

ビールやワインを飲んでいる時にトイレに行きたくなり、でもスマホも手放せなくて、トイレで一杯やりながらスマホを操作する人もいるのかもしれませんね。世の中は、広いわけですから・・・。

このホルダーを売っているサイトを見たら、価格は2,469円になっていました。はたして、売れるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ナイススマッシュ!!

先週のネコは、ピンポン玉に何の反応も示しませんでしたが、このネコはやる気十分です。



このネコは、飛んでくる球を見事に打ち返しています。ネコによって、こうも違うものですかね?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : YouTube - ジャンル : コンピュータ

ダメージスマホ

smartphone_wareta.png先日の産経新聞で、若い女性の中には、スマホ画面がバキバキに割れていても使っている人がいるという話がTwitter上で議論百出しているという記事を読みました。

皆さんはそんなスマホをご覧になったことはあるでしょうか?

私は、あまり他人のスマホを覗き込むことはないので知りませんが、電車に乗ると、10代後半から30代位の女性で、そういう人が多いのだとか。

その原因は何だろうということで議論になっているようですが、例えば、女性は手が小さいからなのではなかろうか?という意見もあるそうです。

確かに、携帯電話に比べると、スマホの方が大きいので、持ちづらいということはあるのかもしれません。

また、ハンドクリームですべりやすかったり、服などにお金をかけたらスマホにまでお金が回らないとか、色々と説があるようです。

そんな中、昨年12月にNTTコミュニケーションズが20~49歳の男女1,000人を対象に行った「スマートフォンのトラブルに関する実態調査」の結果が紹介されていました。

「スマホの画面が割れたまま、しばらく使用を続けたことがあるか」という設問に対して、「ある」と答えた人は全体で16.9%、20代女性に限ると22.3%で最も多いという結果でした。

その理由としては、「修理に行くのが面倒(34.3%)」とか、「修理費用を払いたくない(30.2%)」、「動くので何とかなる(27.8%)」というものが多かったようです。

どの理由も、なるほどと思えるものです。修理代もバカにならないだろうし、使えるのだったら問題ないという考え方もわかります。

でも、ちょっとわからないのは、「割れていた方がよい」という回答が1.8%と、少数意見ながらあったことです。

ネット上では、ジーンズと同じでダメージスマホがおしゃれだと思っているのではないかというような意見もあったそうですが、この回答を見ると、その意見もあながち的外れではないのかもしれません。

ひょっとすると、ジーンズやギターのように、ビンテージのスマホが高値で取引されるなんてこともあるのでしょうか?

それにしても、スマホの画面ってそんなに簡単に割れるものですかね?

先日、私もコンクリートの上にスマホを思いっ切り落としてしまったのですが、カバーにちょっと傷は付きましたが、画面は無傷でした。保護フィルムは貼ってますが、皆さんたいていそうしてますよね?

いったい、どうすれば画面がバキバキになるほどのダメージを受けるのか、メーカーや機種によって画面の強度に差があるのか、ちょっと気になってしまいました。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

3連覇

food_gyouza_mise.png先日の朝日新聞デジタルで、静岡県浜松市が、昨年のギョウザ購入額で日本一だったという記事を読みました。

これで、2014年、2015年に続き、3年連続の日本一ということになり、浜松市としては初の快挙だそうです。

毎年、ギョウザの購入額については、浜松市と宇都宮市で熾烈な戦いが繰り広げられているのは、皆さんもご存知の通りです。

昨日公表された昨年12月の速報値を加えた年間の購入金額は、浜松市4,818円、宇都宮市4,651円と、僅差だったようです。

過去のデータを見ても、3位以降の購入金額は2,000円台ですから、この2都市の購入額は、突出しているのがわかります。

この家計調査は、全国約9千世帯を対象に調査したものだそうですが、餃子の購入額は、スーパーやテイクアウト専門店で買って帰ったものを集計したものなんだそうです。

初めて知ったのですが、お店で食べたり持ち帰ったりしたものや、冷凍食品は含まれていないんだとか。

私は、当然そういうものも含まれているのだと思っていまいた。第一、お店で焼きたてを食べた方が美味しいですよね?

宇都宮には、餃子像という石像もあったことを思い出したのですが、設置場所を移転する時に壊れたことがあったよなと思い出し、ちょっと調べてみました。

すると、2008年に移転しようとして落下して真っ二つに割れたり、2014年に再移転した際には、向きが逆に設置されたりと、さんざんだったようです。

ここで、くだらないことを思い付いたのですが、浜松は2014年から3連覇となったわけですが、それは宇都宮の餃子像の再移転の年だったわけです。

宇都宮が2位になってしまったのは、餃子像を逆向きに設置したりした祟りなのではないでしょうか?

過去のデータを調べてみると、餃子像が真っ二つに割れた翌年の2009年の購入金額は、宇都宮が4,187円で首位だったものの、2位の浜松は4,137円と、その差はわずか50円の差だったのです。

これらの結果を見ると、餃子像と何かの関わりがあるのではないかと思ってしまうのですが、そんなくだらない考えるのは、きっと私だけなんでしょうね。

この二強の戦いは、今後も続いていくのでしょう。さて、来年はどのような結果になるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

空飛ぶ傘

_kasa_nagagutsu.png先日のインターネットコムで、空を飛ぶ傘を紹介していました。その名も「Hands Free Umbrella Drone」という商品です。

傘の柄の部分にドローンが取り付けてあり、自動追尾機能で利用者の動きに合わせて傘をさしてくれるんだそうです。

ドローンは、宅配を始め、色々な分野での利用が検討されているようですが、手を使わないで済む傘への利用というのは、意表を突かれた感じです。

これなら、雨の日の外出でも両手が自由に使えるわけです。自転車に乗る時なども、大変便利なものなのかもしれません。

バッテリーをフル充電すると、約30分の連続飛行が可能だそうです。雨の日の、ちょっとした外出などにも利用できるでしょう。

ただ、値段はかなり高いようです。英国の通販サイトDirectDroneで販売しているそうですが、価格は1,299ポンド(約18万5,000円)と、傘にしてはずいぶんと高価です。

もうひとつの問題は、傘をさして歩いている時はいいけど、例えば駅について電車に乗る場合はどうすればよいのでしょう?

傘はたためるでしょうが、ドローンの部分はどうしようもないわけで、かさばってしまって周りのお客さんの迷惑になりそうです。

これが、もし、家から駅に到着したら、勝手に家に戻ってくれれば問題は解決しそうです。帰るときには、電話しておけば迎えに来てくれるというシステムにすれば、より便利でしょうね。

ただ、電車に乗って向かった先で傘をどうするかという問題が生じるわけですが、それはどうしますかね?

もうひとつ同じものをもうひとつ用意するには値が張るし、普通の傘を持って行くのも何だかアホくさく感じるし・・・。

そう考えてみると、片手はふさがっても、普通の傘を使った方が良いのかな?(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

オートフォーカスメガネ

megane_case.png先日のインターネットコムで、レンズの厚みを自動的に変えられるメガネが開発されたという記事を読みました。

アメリカのユタ大学のエンジニアチームが開発したもので、今回、そのプロトタイプが発表されたそうです。

レンズは、前後2枚の柔軟な膜内に液体グリセリンが封入されており、メガネフレームの中央には、赤外線を利用した距離計が装着されているとのことです。

レンズ背面の膜には3つのアクチュエータが接続されていて、距離計で距離を計測し、膜を前後に動かしてピントを調整するという仕組みになっているようです。

メガネを利用している人はわかると思いますが、メガネを作っても、何年かすると度が合わなくなってきたりするものです。

おまけに、ある程度の年齢になると、細かい文字が見づらくなるという不思議な現象に見舞われることもあると聞きます。

私はメガネを使い始めて40年ほどになりますが、パソコンの画面などを見るためのちょっと度の弱いものと、運転用のものと使い分けています。

細かい文字は見えにくくなってきたものの、メガネをはずせば何とか見えるので、老眼鏡と称するものは使っていません。ただし、老眼鏡を使っていないから老眼ではないとは言えないようで・・・。

厄介なのは、手の爪を切る時はメガネをしているとよく見えないし、足の爪を切る時はメガネなしでは見えないことです。オートフォーカスのメガネがあれば、そんな面倒なこともなくなるわけですね。

プロトタイプのめがねは、分厚くて不格好なデザインですが、将来的にはもっとスマートなものができるのかもしれません。そうなれば、メガネの利用者にとっては、大変ありがたい製品となることでしょう。

考えてみると、私もメガネを利用する以前は、目が自動的にピントを調節していたわけです。人間の身体というのは、実によくできているんですね。

しかも、目というのは起きている時にはフル稼働しているわけです。皆さんも、時には目を休めて、どうか目を大切になさってください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

やる気なし

飼い主さんが、遊ぼうと思ってピンポン球を投げるのですが・・・。



もう、完全にやる気ありませんね。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : YouTube - ジャンル : コンピュータ

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる