FC2ブログ

シュリンクフレーション

snackgashi_2018012710470522e.pngこのところ、野菜が高騰していますね。スーパーで見たら、キャベツが198円でした。ただし、二分の一にカットしたものでしたが・・・。

普通だったら、1個で198円でもちょっと高く感じるかもしれませんね。安ければ、98円ぐらいで買える時もあるわけです。

ガソリンや灯油も値上がりが続き、庶民の懐には大きな打撃ですが、中には、商品の価格は据え置きで内容量を減らすという手もあるわけです。

このような手法を英語のshrink(縮む)をもじって、「シュリンクフレーション」と呼ぶそうです。

先日のGIGAZINEで、このような商品をまとめた「いつの間にか容量が減っている商品Wiki」というサイトを紹介していました。

スナック菓子などはこのシュリンクフレーションの手法を使うようなイメージがあるのですが、詰め替え用のシャンプーや洗剤なども、最近、何となく小さくなってきたような気がします。

記事によると、個装のお菓子なども、全体の個数だけでなく、ひとつ当たりの重量も軽くなっているものがあるそうです。

数や重量を減らしてでも安易に価格を上げないというのは、メーカー側の苦肉の策とも言えるのでしょうが、実質的な値上げというのは間違いないのでしょう。

このサイトでは、お菓子から飲料、日用品に至るまで、シュリンクフレーションが起きている商品をチェックすることができるということです。

考えてみると、それを知ったからと言っても、あまりメリットはないような気がしないでもありません。かえって、それらの商品を買う時に、損した気分になるのかも・・・。

でも、何らかの参考にはなるのかもしれませんね。興味のある方は、ご覧になってみてください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

日本酒

drink_atsukan_20180127104231275.png先週は、関東でも雪が降ったりして、寒い日が続きました。晴れてはいても、全く暖かくないし、家の中にいてもとても寒く感じました。

南側の部屋はまだしも、北側の廊下などを歩くと、ひんやりとした冷気に包まれる感じなのです。

あまりにも寒いので、試しに北の廊下に温度計を置いてみたら、2℃しかありませんでした・・・。

こんな時は、鍋でもつつきながら熱燗を一杯なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。先日のGIGAZINEで、日本酒の面白いサイトを紹介していました。

「さけのわ」というサイトで、「一般のユーザーがお酒を飲んだときの印象を記録しておくことで、後から振り返ることができるサービス」なんだそうです。

日本酒の味を「華やか」、「芳醇」、「重厚」、「穏やか」、「ドライ」、「軽快」の6種類のパラメーターで評価してデータベース化しています。

このサイトに、それらのデータを解析して、都道府県ごとの日本酒の特徴を見ることができるページが追加されたそうです。

画面上部の「地域」をクリックすると、地域ごとの日本酒の特徴がチャートで表示されています。

これを見ると、例えば青森と岩手のチャートが似ていたり、宮城と秋田が似ているなどということが一目でわかるようになっています。日本酒のことは何も分かりませんが、地域ごとに使う水や米などの違いがあるのでしょう。

私はあまり日本酒を飲まない方なのですが、以前、日本酒をたくさん置いている店で美味しい日本酒に出会ったことがありました。

確か、「幻(まぼろし)」という酒だったと思うのですが、するすると水のように喉を通っていくとても美味しい酒でした。

でも、グラス三杯飲んだところで飲むのをやめました。なんせ、その酒はグラス一杯1,000円で、三杯飲んだところで「これだけで3,000円か・・・」という思いが脳裏をよぎったのです。

そのあたりは貧乏人の悲しい性で、酒の味より懐具合の方が気になってしまったわけであります。

日本酒には非常に多くの銘柄がありますが、このサイトでまだ飲んだことのないお好みの銘柄を見つけることができるかもしれません。参考にしてみてはいかがでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

食べるな、危険

snow_crystal3.png先日の大雪は、まだ畑には白く残ったままですが、翌日は晴れたせいもあって、道路上などはかなり融けました。

我が家の周囲でも、庭などは別として、よく通る場所は全て除雪したので、特に支障はありません。

でも、雪が降った翌日は朝から雪かきをして、いまだに腰が痛みます。あの日は、トータルで6時間ぐらい雪かきをしていたと思います。

今回の雪は非常にさらさらしていて、とてもきれいな感じがしたのですが、先日のしらべぇの記事で、雪を食べてはいけないという記事を読みました。

その理由は、雪の核は塵やほこりでできていてもともときれいなものではない上に、最近では有害物質を含む酸性雪も問題になっているということなのです。

また、冬山に上る時に、水分補給のために雪を食べるのも、体温を下げてしまうので危険なんだそうです。

冬山の登山で、テントの中で雪を溶かしてコーヒーを作るとかいうシーンを見たことがあるような気がするのですが、あれはドラマの中のワンシーンが記憶に残っているのでしょうか?

しらべぇの編集部で、全国20~60代の男女1,328名を対象に行った調査では、雪を食べたことがある人は55.3%だったそうです。

私も、子供のころに食べた記憶がありますが、やはり何となく食べてみたくなるものですよね。

子供のころは、雪が降るとやたらと楽しかったものですが、大人となった今では、雪かきしなくてはいけないという気持ちしかわかないものです。

雪国にお住まいの方には呆れられてしまうでしょうが、私としては、今シーズンはもう十分に雪かきを堪能したので、これで勘弁してもらいたいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

大雪警報

yukigeshiki_201801231149260da.png今週の月曜日は、関東でも大雪の可能性があるということでしたが、どういうわけか良くない天気予報は当たるものです。

それでも、最初は前回の大雪に比べたら大したことはないだろうと高をくくっていました。

ところが、昼前ぐらいから舞い始めた雪は、やがて畑をうっすらと白く覆い、夕方にはかなりの積雪になったのでした。

先回の大雪と比べればまだ少ないかもしれないけど、それでも、20センチから多いところでは25センチほどの積雪となりました。

昨日は、朝から雪かきをしたのは言うまではありません。おかげで、腰が痛くなりました・・・。

ただ、前回の大雪の時は、湿った雪でとても重かったのですが、今回の雪は比較的さらさらした雪だったので、まだマシだったのかもしれません。

ところで、前回の大雪のときは雪が重くて雪かきの道具が壊れましたが、今回は、わだちの凍った雪をはがすためにスコップでガンガンやっていたら、スコップの木製の柄が折れました。

大雪が降ると、何かしら道具が壊れるようです・・・。

この程度の積雪で大騒ぎしてたら、雪国の人には笑われてしまうのでしょうね。テレビで見ていても、本場の雪はこの程度のものではありませんものね。

さぞかし、雪かきは大変だろうなぁと、しみじみ思ってしまうのでありました。

桜の咲く春が待ち遠しいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

くしゃみ注意

kafun_kusyami.png先日のGIGAZINEで、ちょっと衝撃的な記事を読みました。くしゃみを抑えようとした男性の咽頭が避けてしまったという話です。

信じがたい話ですが、症例報告のためのオンライン投稿データベースに実際に投稿されたそうです。

災難に遭ったのは、イギリス在住の34歳の男性で、くしゃみを抑えようとして鼻をつまみ口を閉じたところ、首のあたりで何かがはじけたのを感じたということです。

その後、男性の喉は腫れ上がり、次第に話すことや食べ物を飲み込むこともできなくなってしまったとか。

救急治療室を訪れて検査した結果、咽頭が裂けていることが判明したそうです。喉が裂けるなんて、考えただけでこちらまで痛くなってきそうですが、幸い、その男性は一週間で退院できたそうです。

先週、花粉症のような症状が出たという記事を書きましたが、ここ数日は少し落ち着いてきて、くしゃみも出なくなりました。

でも、くしゃみというやつは、予期せぬときに出るときがありますよね。私の場合、食事中で口の中に食べ物が入っている時や、どういうわけか、歯磨きの最中に出たくなることがあるのです。

そういうときは、口を押さえてくしゃみをせざるを得ないのですが、汚い話で恐縮ですが、完全にくしゃみを遮断するというのは無理ですよね。

でも、無理やりくしゃみを抑え込もうとすると、場合によっては、鼓膜に影響が出たりするケースもあるようです。

今週は、寒い日が続くようです。どうか、くしゃみにはご注意を!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

花粉飛散予測

allergy_hanamizu.png先日のインターネットコムで、日本気象協会が今春の花粉飛散予測の第3報を発表したという記事を読みました。

今年の花粉は、東北では前年の2倍超、関東甲信、四国では約1.5倍の飛散、九州はやや少ないという予測になっています。

花粉のピークは、東京では3月上旬から4月上旬と、多く飛ぶ期間が長いという あまり良くない状況のようです。

飛散開始は2月上旬ごろからで、九州や中国、四国方面から始まり、次第に北上して関東にもやってきて、花粉症に悩まされる人たちにとっては悲惨な状況になるわけです。

ところで、私は先週の金曜日ぐらいからくしゃみと鼻水に悩まされています。熱は全くないので、風邪ではないはずです。

くしゃみはさほどではないのですが、鼻水は時と場所を選ばず、つ~っと垂れてくるのです。花粉の飛散開始はまだ先のはずですが、フライングで飛び始めている花粉もあるのでしょうか?

家の近所のスギの木を見上げると、すでに花粉がぱんぱんに詰まっているように見えるのです。多少、こぼれてもおかしくないのかもしれません。

ひょっとすると、花粉ではなく他の何かに反応しているのかもしれませんが、昨年の記事の中で、やはり同じ時期にくしゃみと鼻水が出たという記事がありました。

ひょっとすると、私は過敏に反応するたちなのでしょうか?それとも、単に周囲にスギの木が多いせいかな?

早く花粉症になれば早く治るのではないかというバカな期待をしているのですが、どうなることやら・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

いちご王国

cut_fruit_starwberry.png先日のNHKのニュースで、栃木県が1月15日を「いちご王国・栃木の日」として制定し、セレモニーを行う様子を放送していました。

50年連続で生産量日本一を誇るいちごを広くPRするのが目的だそうです。

栃木県のいちご生産量は、昭和43年から50年連続で日本一だそうです。確かに、スーパーでは「とちおとめ」に代表される栃木産のいちごをよく見かけます。

生産量日本一だけあって、確かに栃木産は多いですよね。その他に見かけるのは、九州産のものでしょうか。

埼玉産のいちごなんて見かけたことはありませんが、かつては盛んに栽培していた時期もありました。

ダナーという品種で、私が小学生のころだから今から50年以上前ぐらいのことなんじゃないかと思いますが、祖父も市場へ出荷するほど作っていました。

かなり前の話なので記憶が曖昧なところが多いのですが、畑で普通に作っていたと思うのですが、まだ霜が降りる時期にも収穫していたような気がするのです。

ここ数年、自分でもいちごを作ってみたりしているのですが、普通に露地栽培でいちごを作った場合、収穫できるのは5月中旬ごろからです。

私の記憶違いなのかもしれませんが、どうして霜が降りる時期にいちごが収穫できたのか不思議です。

ビニールをかけてトンネル栽培をしていたのでしょうか?その場合、受粉はどうしたのか、色々と疑問がわいてくるのですが、祖父がいない今となっては、聞きようがありません。

その当時、私はいちごに関しては食べる方がもっぱらで、栽培する方は全く興味がありませんでした。もっと、そちらの方にも興味を持っておけばよかったかなと思っても、後の祭りというやつです。

今年はつい面倒になって、昨年の株から採った苗を畑に植えずにプランターに植えてみました。はたして、どんないちごができますやら・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

センターライン

car_kousokudouro_gyakusou.pngここ数年のことなのですが、車に乗っているとき、対向車がいるのもかかわらず、センターラインをはみ出しそうな車を見かけるような気がします。

別に、人が歩いているからとか、自転車が走っているからということでもないのです。

つい最近も、前を走っている車がなぜかセンターラインぎりぎりに走っているのを目撃したのですが、その時、ふと気付いたのは、その車が高齢者マークを付けていたことです。

別の日にも、高齢者マークを付けた軽が、センターラインをはみ出しそうな走りをしているのを目撃しました。

まるで、前を走っている車をあおっているように見えるのですが、右に寄ったかと思えば左にも寄ってジグザグに走っているので、酔っぱらい運転か居眠り運転のようにも見えました。

そういえば、昔、私が飲んでタクシーで帰る時、ジグザグ運転の車に乗ったことがありました。そのタクシーは、センターラインを越えそうになると左に戻り、ずっとジグザグ運転なのです。

私は、センターラインを越えそうになるたびにはらはらして身体に力が入り、すっかり酔いがさめてしまいました。

あの時の運転手さんもかなり年配の人でしたが、ひょっとすると私の酔いざましのためにあのような運転をしたのでしょうか?

あのような運転をするのは高齢者に多いのではないかというのは、あくまでも私の個人的な想像で、根拠はないものです。

ネットでちょっと検索してみたのですが、センターラインぎりぎりに寄って走るとか、はみ出すとかいう話は散見されました。でも、必ずしも高齢者がそういう運転をするということでもないようです。

私が、高齢者にそういう運転が多いのではないかと思っているのは、単なる思い込みなのかもしれませんね。

つい先日も、群馬県で逆走した高齢ドライバーの車に女子高校生二人がはねられるといういたましい事故がありました。

そういう人は、免許証を返納した方が良いのでしょうが、公共交通機関が発達している場所ならともかく、そうでない場所では生活できなくなってしまう場合もあるでしょう。

かといって、事故が起こってしまっても困るわけで、どうすれば良いのでしょうね?一番の解決策は、自動運転カーということになるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

有田むき

fruit_mikan_kawa.png昨年末の朝日新聞デジタルで、ミカンの「有田むき」というのがネット上で注目を集めているという記事を読みました。

ミカンをお好きな方は多いと思いますが、冬場にこたつでミカンというのは、日本の懐かしい風景ですよね。

この「有田むき」というのは、ミカンの産地である和歌山県有田地方で行われているミカンのむき方で、「和歌山むき」とも言われるそうです。

どんなむき方かというと、まずミカンのヘタのない方から半分に割り、それをさらに半分にして、実を皮から直接口に運ぶというものです。こちらの動画を見ると、わかりやすいと思います。

このようなむき方が始まったのは、「軍手で作業する農家が、汚れた軍手とミカンの実が直接触れないように発明されたのでは」と推測されているそうです。

確かに、収穫作業の合間に軍手を付け外しすることなくミカンの味見ができるという点では、ミカン農家の方にとってはうってつけの方法なのかもしれませんね。

ただし、同じ和歌山県でも有田より南の方ではあまりこのむき方は見られないそうです。

その理由は、有田の昔ながらのミカンは、有田むきに適した扁平な品種が多く、他地域は扁平な品種が少なかったからではないかということです。

私は、この「有田むき」という言葉を知らなかったのですが、いつのころからか無意識にこれと同じようなむき方をしていました。

ちょっと違うのは、4等分に割るのではなく、半分に割って、皮からダイレクトに食べるのではなく、身をはずして食べるのです。

定かな記憶ではないのですが、家族でこういうやり方をしていた者はいなかったので、私独自の方法なんだと思います。たぶん、丁寧に皮をむくのが面倒でこうしたのだと思うのです。

私は、小粒なミカンの方が好きなので、こうして食べると二口で食べ終わってしまうこともあるのですが、最近は、もう少し味わうように、チビチビと食べています。

私のようにずぼらな方は少ないかもしれませんが、ミカンを丁寧にむくのが面倒な方は、お試しになってみてはいかがでしょう?どんな方法でむいても、ミカンの味には影響はないと思いますので・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

駅名票ジェネレーター

先日のGIGAZINEで、「駅名票ジェネレーター」というものを紹介していました。駅名票というのは、駅に表示してあるその駅や前後の駅名を表示した看板のことだそうです。

「駅名票ジェネレーター」のサイトでは、JR東日本で使われている駅名票を基にして、自分でオリジナルの駅名票を作れるようになっています。

ちょっと面白そうなので、私もやってみました。作ったのは、以下のようなものです。

駅名標_戌年生まれ

作り方は簡単で説明する必要もないでしょうが、「駅名」、「左駅」、「右駅」のボックスに必要事項を入れるだけです。

「駅名表示設定」のところでは、筐体タイプを3種類の中から選べます。数字が大きい方が駅名票が横長になり、より多くの文字数を入力できます。

駅名のところには、中国語や韓国語も入力できますが、私はそれらの言語がわからないので、「ナンバリング・4ケ国表記」をOFFにしました。

色は、その色の部分をクリックすればカラーパレットが開き、自由に設定できます。

入力が終わったら、「入力内容を反映」をクリックすれば、オリジナルの駅名票が表示されます。また、「画像として保存」をクリックすれば、作ったものを保存することも可能です。

アイデア次第で、面白い利用法があるかもしれません。あなたも遊んでみてはいかがでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

戌年生まれ

eto_inu_kakizome.png今年の干支は「戌(いぬ)」ですが、先日の朝日新聞デジタルで、戌年生まれの人は976万人という記事を読みました。

総務省が1月1日時点での推計を発表したもので、総人口(1億2660万人)の7.7%に当たるそうです。

総務省のデータを見ると、内訳は男性475万人、女性502万人で、年代別では70年生まれが189万人で最も多くなっています。

また、十二支別の人口でみると、戌年生まれは最も少なくなっています。戌年生まれの人は、大変貴重ということになるのでしょうか?

戌年生まれの人が少ないのは、終戦直後の昭和21年が戌年であったためということですが、それでも昭和21年生まれは140万人で、平成18年生まれの108万人よりも多くなっています。

いかに、最近の出生率が低いかということを改めて思い知らされますね。
 
今日は成人の日ですが、今年の新成人は123万人で、昨年とほぼ同じだそうです。第2次ベビーブーム(71~74年生まれ)の世代が成人したころは、200万人前後ですから、かなり少なくなっています。

国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2025年には新成人は110万人を下回る見通しだそうです。ますます、高齢化社会が進んでいくということになってしまうのでしょうか・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

今年もよろしくお願いします!

shinnen_aisatsu_boy.png皆さん、どのようなお正月をお迎えだったでしょうか?

私が住んでいるところでは、大みそかの午前中、雪が降ってきたのですが、一瞬でやみ、穏やかな元日を迎えました。

今年は喪中のため、初詣に出かけることもなく、のんびりと三が日を過ごしました。ここ数年では、一番のんびりした正月だった気がします。

この一年、三が日のような穏やかな気持ちで過ごしたいものですが、いつまで続くでしょうか?あまり長続きはしないかもしれないけど・・・。(笑)

今年も相変わらずの記事になるかと思いますが、よろしくお願いします!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる