FC2ブログ

雷対策

kanden_gaikotsu.png先日のGIGAZINEで、雷に打たれると人はどうなるのかという記事を読みました。雷に直撃されたら、かなりまずいことになりそうですよね。

気象庁のデータによると、落雷被害報告件数は6月ごろから50件を超え、夏場にピークを迎えるようです。

雷は、数億ボルトで数十万アンペアの電流が一瞬で流れるそうです。家庭用のコンセントは、一般的には100Vで15Aですから、桁違いです。

この大変なエネルギーを持つ雷が人体に落ちる場合、一般的には頭に近い部分から脚の一部を通るそうで、この時、急激な空気の過熱により、やけどが発生するそうです。

また、電気が流れた皮膚の部分には、「リヒテンベルク図形」と呼ばれる稲妻のような模様が残るということです。

「リヒテンベルク図形」については、ネットで検索すると色々と写真があります。それだけあるということは、落雷を受けた経験のある人は、それなりにいるということなんでしょうか?

もし、落雷を受けてしまった場合、最も危険で致死性の高いのは、心臓や神経に関連する症状だそうで、そういう人を助けるには、一刻も早く心肺蘇生術を行う必要があるということです。

雷の時に身を守るには、何より雷の直撃を受けないことが一番ですよね。付近に建物等があれば、そこへ逃げ込むのが一番でしょうが、ない場合は、とにかく身体を低くすることが重要のようです。

雷は高いところに落ちるというのは、よく言われていますよね。雷雨を避けるために木の下に逃げ込んだりすれば、かえって危ないわけです。

記事には、「雷しゃがみ」という方法が紹介されていました。つま先立ちの状態で、両足のかかとをくっつけてしゃがむというもので、バランスが取りにくそうですが、比較的安全な体勢だそうです。

雷しゃがみについては、こちらのページの中ほどにイラストがありますので、ご覧になってみてください。

落雷から身を守るには、雷鳴が聞こえ始めたら、できるだけ早くに退避行動に移ることが重要なのでしょう。まだまだ雷は遠くだと思っても、案外、すぐに近付いてくることもあるものです。

確か、中学ぐらいのころ、友人と川で釣りをしていた時、急な雷雨に見舞われたことがありました。雨は土砂降りで、息ができないほどでした。

その時、私たちはどうしたかというと、木の下は危ないので、近くにあった橋の下に逃げ込みました。

でも、その橋は人専用の橋で幅があまりなくて、しかも河原からはかなり高いところにかかっていたので、全く雨をよける役には立たず、結局、私たちはずぶ濡れとなりました・・・。

屋外にいる場合は、特に気を付けなくてはいけませんね。川で釣りをしている場合だけでなく、洗濯をする場合も同様です。

暑くなってくれば、屋外で活動する機会も増えることでしょう。皆さんも、お気を付けください。なお、人が落とす雷の対処法については、各自でご検討ください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

子犬が愛らしく見える理由

baby_pet_dog.png先日のGIGAZINEで、「子犬が愛らしく見える理由は、犬の生存戦略の1つである可能性」があるという記事を読みました。

一般的に、たいていの動物は、小さい時には可愛いものですよね。それが生存戦略の1つとは、どういうことなんでしょう?

この説は、アリゾナ州立大学で心理学の教授を務めるクライブ・ウィン氏らの研究によるもので、子犬の愛らしさは、進化の過程で人間に世話をしてもらうために獲得した可能性があるということなんです。

犬の場合、乳離れする生後約6週間から11週間のタイミングで母親からの世話を受けられなくなるそうで、乳離れ直後の死亡率が最も高くなるそうです。

従って、生き延びるためには人間の保護が必要となり、そのタイミングで最も魅力的に見えるようになるという話なのです。

研究チームは、51人の学生を対象に、出生時から生後7ケ月までのイタリアン・コルソ・ドッグ、ジャック・ラッセル・テリア、ホワイトシェパードの写真をそれぞれ10数枚示し、写真に写っている子犬が魅力的かどうかを評価させたそうです。

その結果、イタリアン・コルソ・ドッグは6.3週間、ジャック・ラッセル・テリアは7.7週間、ホワイトシェパードは8.3週間という結果だったそうです。

つまり、3犬種とも、乳離れするタイミングが最も魅力的に見える時期となったわけです。

今回の実験では、写真のみの評価で、動画では評価が変わる可能性があるかもしれないので、さらなる研究が必要とのことですが、何だか面白い説ですね。

ところで、人間だって、大抵の場合、赤ちゃんの時は可愛らしいものですが、それも大人たちに可愛がってもらうための戦略なのでしょうか?

でも、今の世の中では、生まれた時だけ可愛らしくてもダメなのかもしれません。というのも、平均寿命が延び、高齢になってから介護される場合も多々あるからです。

介護されるようになってからでもそれなりに世話をしてもらえるように、可愛い年寄りにならなければいけないのかもしれません。

可愛い年寄りというのも、ちょっと難しい話かもしれませんね。出来得ることであれば、生きている間は、自分のことは自分でできるような状態でありたいものですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

藪の中

bg_takeyabu_layer2.jpgこのところ、ニュースを見れば、嫌でも必ずあのアメリカンフットボールの危険なタックルの話題をやっています。

私も、何回かこれに関する記事を書いたので、再三話題にするのはくどいと思いますが、お付き合いください。

過日、タックルした選手の会見が行われましたが、一昨日は前監督とコーチの会見も突然開かれました。

選手の会見では、あのプレーに関して監督やコーチの指示があったという話でしたが、前監督は指示していないと言っていました。

どうして、両者の話はこのように食い違うのでしょうか?前監督とコーチの会見を聞いているうちに、釈然としない気持ちを通り越し、何となく不快感に似た感情を覚えました。

もちろん、どちらの話が真実かはわかりませんが、タックルをした選手は学生の日本代表に選ばれるような選手だったそうなのに、もうフットボールを続けていく権利はないとまで言っているのです。

もし、上からの指示があったとしたら、このプレーで、将来のある若者の希望を奪い去ってしまったことにならないでしょうか?

大学側は、「潰してこい」という表現は、日常的に使っていたようなことを言っていましたが、そうであったら、あの選手はその内容を理解していたはずで、あのようなプレーはしなかったはずでしょう。

そんなことを考えているうちに、最近、これに似たようなことが他にもあるような気になりました。

例えば、つい先日、愛媛県から某学園の理事長と首相が面会したという文書が提出されましたが、首相は面会していないと否定しています。

どちらの件も、双方の言い分が食い違っているわけですが、最近の日本は、こういったことばかりあるような気がしてしまいます。

話はいつまでも平行線をたどり、真相は藪の中です。いつの日か、真相が解明される日が来るのでしょうか・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

リスクマネジメント

sports_american_football.png先日、アメリカンフットボールの危険なタックルの件で、被害者の父親が大阪府警に被害届を提出したという報道を聞きました。

先週、私も危険なタックルについての記事を書きましたが、ずいぶんこじれましたねぇ・・・。

つい先日、日大の監督が初めて公の前に姿を現して謝罪をしたものの、問題の終息には至らなかったようです。

一部では、あのプレーは監督の指示と言う話も出ていただけに、監督の口からそのことが語られるのかと思っていましたが、その点を聞かれても、答えずじまいでした。

当の本人がそこにいるのに、指示したかどうかについては語らなかったわけです。私は、インタビューを聞いていて、何とも釈然としない気持ちになりました。

昨日、渦中の選手が会見を開き、あのタックルは監督やコーチの指示でやったと話していました。監督は、全て自分の責任と言いながら、なぜ自分で言わずに選手に直接語らせたのでしょう?

あの問題がこんなに長引いているのは、日大側の対応のまずさでしょう。当の監督の謝罪が、問題が起きてから二週間近くもなかったわけですからね。

あのタックルがあった翌日にでも、とにかく謝罪に出向いていれば、相手の気持ちも少しは変わっていたのかもしれません。

その後、日大とのアメフトの試合は次々と中止になり、すでに他のアメフトの選手たちにも影響が出ているし、日大自体のイメージダウンも否めないでしょう。

聞くところによると、日大には危機管理学部という学部があるそうです。そこで、学ぶ必要がありそうですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

防犯対策

bouhan_buzzer.pngゴールデンウィーク明けに、新潟県で小学校2年生の女の子が殺害され、線路上に遺棄されたという事件がありました。

その後、容疑者の男は捕まりましたが、それまでの間、近隣にお住まいの方は不安な毎日だったことでしょう。

こういった事件は昔からあるし、被害者が殺されたという報道を聞くたびに、何ともやりきれない気持ちになります。

私の住んでいるところでは、小学生の下校時には、防災無線で下校時の見守りを呼び掛けたり、登下校時は、ボランティアの方たちがつき添っています。

それから、これはうちの方だけかもしれませんが、クマよけの鈴をランドセルに付けている子もいます。

子供たちは、学校で「いかのおすし」という言葉を教わるそうです。これは「知らない人についていかない」、「他人の車にらない」、「おごえを出す」、「ぐ逃げる」、「何かあったらすぐらせる」の一部をとってつなげた言葉なんだとか。

新潟のケースでも、被害者の女の子は、黒い服の男に追いかけられたということを話していたそうですが、その情報がしっかり生かされていたら・・・とも感じます。

情報を聞いても、それをどのように生かすかというのは、なかなか難しいものなのでしょう。

身を守る心得は、子供も知っておく必要はあるでしょうが、結局のところ、子供を守るのは周囲の大人の役目なのかもしれません。子供は、腕力では大人に勝てないわけですからね。

先日、たまたまヤフーの地図アプリである「Yahoo! MAP」に、「防犯マップ」という新機能が加わったということを知りました。

これは、警察に届け出があった安全に関わる情報を地図上に表示する機能だそうです。そのような情報があった場合、地図上にアイコンで表示されるそうです。

アイコンの種類は、「暴行」、「強盗」、「声かけ」、「わいせつ」など、全部で9種類あるそうです。

残念ながら、今のところiOS版のみのようですが、こういうものや、自治体からの防犯メールなどを活用するのも、子供たちを危険な目に遭わせないひとつの方法なのかもしれません。

もう、これ以上、将来のある子供たちが事件に巻き込まれないでほしいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

暴走族?

このところ、暑い日が続きましたね。いきなり暑くなったせいなのか、年のせいなのか、炎天下で直射日光に照らされると、目まいがしそうでした。

でも、真夏になればもっと気温が上がるわけですから、今からこの調子では、先が思いやられてしまいます。

ところで、暖かくなってくると、困ったことに、私が住んでいるところでは暴走族というやつが出没するのです。バイクでわざと爆音を立てて、夜の道を走っているのです。

バイクの数は多くても3~4台なので、大集団での暴走に比べたら、まだマシなのかもしれませんが、大きな音で迷惑を撒き散らすことのどこが面白いのかと思ってしまいます。

連中は、冬場は姿を現さずに、暖かくなると出没するので、ハエや蚊、ゴキブリの類と一緒だなと、私は前から思っていたのでした。

でも、暴走するのはバイクだけではないようで、先日、たまたま鹿が暴走する映像をテレビで見かけました。

その時の映像をネットで探したら、下のようなテレビ映像を見つけました。



場所は、鹿で有名な奈良で、その数は50頭以上だったそうです。

鹿と言うのは、1頭が走り出すとつられて他の鹿も走り出す習性があるようなんですが、それにしても、これだけの数の鹿がこのくらいの幅の路地を走ってきたら、ちょっとビビりますよね。

鹿たちは、この近くの奈良女子大を目指して走っていたのではないかということです。奈良女子大は、鹿たちの出入りは自由で、普段から庭の芝などを食べに来ていたそうです。

私は、てっきり、天変地異の前触れなのかとか、奈良の大仏が動きだして追い立てられたのかと、色々想像してしまいました。

ひょっとすると、暖かくなってきたから、みんなで暴走しようか?とでも思ったのでしょうか?(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ラフプレー

sports_ball_amefuto.png先日、アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、関学の選手が危険なタックルを受けて怪我をしたという記事を読みました。

最初、記事を読んだ時には、ああいうスポーツだから怪我もするだろうなぐらいに思っていました。

でも、後日、テレビでこのシーンを見て、これは酷いと思いました。ネットで、記事を読んだときには、ここまで悪質なプレーだとは思っていませんでした。

このシーンは、こちらのYouTubeでご覧になれます。青のジャージの関学の選手がパスを投げ終え、しばらく間が空いてから、赤のジャージの日大の選手が背後からタックル入っています。

私はラグビーは見ますが、アメリカンフットボールに関しては全くの素人です。ルールもほとんどわかりませんが、このタックルは酷すぎると思いました。

関学の選手は、パスを投げ終えたところで自分の役目は終わって、完全に力を抜いていたはずです。視線は、すでにボールの行方から外れてましたからね。

そんな状態で、まさかタックルされるなんて、考えもしなかったでしょう。例えてみれば、道を歩いていたらいきなり後ろから車に突っ込まれた感じだったのではないでしょうか?

ラグビーでもボールを持っていない選手にタックルした場合は、「ノーボールタックル」という反則になります。

防御をぎりぎりまで引きつけておいてパスをすることもあるので、パスした直後にタックルを受けることもあるでしょうが、それはタックルされる方も心の準備はできていると思います。

でも、関学の選手は、全く無防備で、あの状態でタックルされるなんて考えてもいなかったでしょう。

テレビのニュースを聞いていてちょっと驚いたのは、この日大の選手は、その後もラフプレーを続けた結果、退場になったという点です。

ラグビーだったら、最初のタックルの時点で少なくともシンビン(一時退場処分)になっていたのではないでしょうか?最近、危険なプレーに対するペナルティは、特に厳しくなっています。

こんなプレーが二度と起こらないことと、タックルを受けた関学の選手の一日も早い回復を祈るばかりです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

昭和、平成、??

text_nengou_meiji.png皆さんもご存じの通り、来年の5月1日から新元号になるわけですが、どんな元号になるのかは、いつ発表されるのでしょうね?

ある新聞記事によると、現在の天皇の即位30年の記念式典を祝う来年2月24日以降という話もあります。

それでは、来年のカレンダーや手帳の印刷には間に合いませんよね。それだけではなく、世の中の様々なシステムにも影響が出ることでしょう。

昭和から平成に変わった時と違い、いつから変わるのかは分かっているわけですから、早めに公表しても良いのではないかと思うのですが、そのあたりは私のような庶民には計り知れない事情があるのかもしれません。

大したことじゃないけれど、元号が変わることで、私自身も混乱した点がありました。平成○年は、昭和で言えば何年なの?ということです。

大多数の方にとってどうでもいいことかもしれませんが、年齢を重ねるにつれ、今度の誕生日でいくつになるのかわからなくなってくるものです。

それは、単に年のせいばかりではなく、正確に自分の年齢を認識したくないという心理も働くのかもしれませんが、元号が変わって厄介だなと思ったことのひとつでした。

そんなこともあって、自分の生まれた年を西暦で覚えたのは、昭和から平成に変わったのがきっかけだったと思います。元号と違って、西暦は変わらないから便利だと思ったわけです。

それはともかく、ついこの間、平成になったような気がしていたのですが、もう30年になったのですね。私も年を取るはずです・・・。

私の祖父母は明治生まれで、明治、大正、昭和、平成と、四つの時代を生きたのですが、私も昭和、平成とふたつの時代を生き、順調にいけば、三つ目の時代に突入する予定なわけです。

でも、先日、あるテレビを見ていて、衝撃の事実を知りました。昭和22年から54年は、法律的に言えば元号はなかったと言うのです。

Wikipediaでちょいと調べてみると、大日本帝国憲法下では、旧皇室典範に元号に関する規定が明記されていたそうです。

ところが、日本国憲法となり、1947年(昭和22年)に現皇室典範が制定されるに伴い、その条文が消失し、法的明文がなくなったということなのです。それでも、慣例的に元号は使われ続けていたわけです。

その後、1976年(昭和51年)の世論調査で、国民の87.5%が元号を使用しているということがわかり、1979年(昭和54年)6月6日の国会で「元号法」が成立したという経緯があるそうです。

そんな事実は、この年になって初めて知りましたが、考えてみれば、昭和でほぼ30年、平成で約30年を生きてきました。

と言うことは、次の元号に変わっても、もう30年生きる・・・というのは、可能性はないこともないかもしれませんが、ちょっと難しいかもしれませんね。

さて、次の元号はどんなものになるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

依存症

smartphone1_boy.png先日の朝日新聞デジタルで、小中高生の7割以上がネットでゲームをしていて、その比率は年々高くなっているという記事を読みました。

これは、イヌはワンと鳴き、ネコはニャーと鳴くといった程度の指摘にしか過ぎないのかもしれませんね。

私が生きてきた時代と違って、生まれた時からネットがある時代なのですから、ごく小さいころからそれに親しんできているのは、自然なことなのでしょう。

ゲーム以外にも、SNSなどでネットを利用する時間は長くなっていて、内閣府の2017年度の調査では、小中高生の1日の平均利用時間は159分で、14年度より約17分伸びたそうです。

この記事を読んで、私の感覚ではたったの159分?と思ってしまいました。イメージでは、特に高校生などは四六時中、スマホをいじっているイメージがあったからです。

高校生の多くは、ほとんど依存症の域に達しているのではないかと思っていたのですが、厚生労働省の12年度の推計によると、ネット依存症の疑いがある中高生は約52万人だそうです。

依存症とやりすぎとの違いは、自分で制御できるかどうかや、心身の健康悪化、遅刻や不登校、家庭内暴力などの問題が起きているかいないかで判断されるということです。

ネットの依存症で圧倒的に多いのはゲームだそうで、国内で初めてネット依存症外来を開いた久里浜医療センターの患者のうち、9割を占めるそうです。

先月、隣町のとある大きな公園へふらりと立ち寄った時でした。その日は日曜日で、公園には多くの人がいたのですが、ちょっと異様な光景を目撃しました。

たくさんの人が、スマホの画面を眺めながら同じような方向へゆっくりと歩いて行くのです。例えは悪いかもしれませんが、その姿は何だか夢遊病者のように見えました。

その時は、何でそんなことをしているのかさっぱりわかりませんでしたが、後で気付いたのは、あれはきっとゲームをやっていたのではないかということです。

私はやったことがないのでさっぱりわからないのですが、例のポケモンを捕まえるゲームのようです。まだまだブームは続いているみたいですね。

私はヘビースモーカーだったので、ニコチン依存症ではないかと思っていました。でも、あることをきっかけにタバコをやめ、すでに5年以上が経過しました。

最初は、タバコなんか絶対に吸わないだろうと思っていたのに、いつしか喫煙が当たり前のことになっていました。

タバコを吸い始めたこと自体も考えてみれば不思議に思えるのですが、絶対やめられないと思っていたのがあっさり禁煙できたのも不思議に思います。

話は横道にそれましたが、ネットは大変便利なものです。若い皆さんも、依存症にならない程度に、ネットを楽しんで欲しいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

超音波洗浄機

music_record_disc.png最近、レコードの人気が、ひそかに高まっているようですね。レコードを聴いてきた世代以外の若い人の一部にも人気があるようです。

一時は見かけることもなかったレコードプレーヤーも、最近では新製品が紹介されることもあります。

日本レコード協会の発表では、2017年1~12月のレコードの国内生産枚数は106万枚で、2001年以来16年ぶりに100万枚を上回ったということです。

過去10年間では、2009年には10万2千枚まで落ち込んだそうですから、それから比べると10倍ほどに増えているわけです。

レコードからCDに切り替わった時代を知っている私としては、CDの方がコンパクトだし、頭出しも簡単にできて便利だと思うのですが・・・。

レコードと言うのは、何と言っても取り扱いが面倒でした。盤面に、やたらとほこりがつくわけです。

それを取り除くのに、色々な種類のクリーナーを試したものです。時には、木工用ボンドをパックのように薄く塗って剥がしてほこりを除去するなんて荒業をやったこともありました。

でも、時代は変わったんでしょうね。先週のインターネットコムで、レコード用の超音波洗浄機の記事を読みました。

エストニアにあるDegritterが開発したもので、レコードをセットすると、回転させながら超音波洗浄し、乾燥までしてくれるものなんだそうです。

見た目は、ポップアップ型のトースターみたいな感じです。洗浄の様子は、こちらの動画でご覧になれます。今後、市販化に向けて、5月8日からクラウドファンディングサイトで出資者を募るそうです。

超音波洗浄機というと、メガネをかけている私などは、メガネ店の店頭にあるものを思い浮かべますが、そのうち、レコード店の店頭にも、超音波洗浄機が備え付けられる日がくるのかも!?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

アルコール分解酵素

beer_kanpai.pngお久しぶりです。比較的天候には恵まれた連休でしたが、皆さんはいかがおすごしだったでしょうか?

私といえばここ数年は相変わらずで、草刈りや畑仕事に追われ、いつもの時より忙しい日々を過ごしていました。

この連休は、気温が高い日が多かったので、毎日ビールを飲んだ方もいたのではないでしょうか?

でも、連休に入る前の朝日新聞デジタルで、酒好きな方にとっては、ちょっと気になる記事を読みました。

理化学研究所などの研究チームが日本人の遺伝子情報を調べたところ、酒に弱い体質の人が増えるように、数千年かけて「進化」してきたことがわかったそうです。

詳しい原因まではわかっていないそうですが、「アルコールに弱い体質が何らかの理由で環境への適応に有利に働いたとみられる」そうです。

記事によると、アルコールの分解には「ADH1B」、「ALDH2」という二つの代謝酵素が関わっていて、それらの酵素には働きが強いものと弱いものがあるのだとか。

日本人の場合、前者の75%、後者の25%は弱いタイプだそうで、欧米人などは大半が2種類ともに強いタイプの人が多いそうです。

どうしてそのような違いがあるのかは不思議ですが、ウイスキーやブランデーなどと比べて、日本酒はアルコール度数が低いからでしょうか?

ひょっとして、アルコールを分解する酵素が強ければ、もっと酒が飲めるのにとお嘆きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ほどほどに飲むのが一番だと思いますよ。

最近の報道にもありましたが、飲酒して問題を起こしたグループのメンバーもいましたよね。飲酒は、時として、人の行動や判断を狂わせるものです。

酒は飲んでも飲まれるなと言われるわけですから、逆に言えば、酒にまつわるトラブルは昔からあったはずです。どうか、皆さんもそのようなことがないように、お酒を楽しんでください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる