FC2ブログ

梅雨明け

necchuusyou_taoreru_boy.png今週の月曜日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられるという発表がありました。平年より8日遅く、昨年より30日遅かったそうです。

昨年よりずいぶん遅れましたが、昨年は異常に梅雨明けが早かったせいでしょう。

今年は、必要以上に梅雨っぽい梅雨で、晴れない日や気温の低い日が多かったように思います。そのせいか、今年のキュウリは大変不作でした。

しかし、梅雨明けしたとたんにいきなり猛暑です。それまで涼しい日が続いていたから、これは身体に堪えます。

体感的には40℃ぐらいに感じて、炎天下に出るのは危険にすら思ったのですが、天気予報で見たら気温は32~3℃ぐらいだったのは意外でした。

東京オリンピックまであと1年を切りましたが、来年の今頃はどんな天候になっているのでしょう?屋外で行う競技は、この暑さがかなり影響するのではないかと思いますが、大丈夫でしょうか?

それはともかくとして、こうなってくると心配なのは熱中症ですよね。ちょっと前、埼玉県内で高齢の女性が熱中症で亡くなったというニュースがありました。

これから、こういったニュースが増えるんでしょうね。高齢者が気を付けなくてはいけないのはわかりますが、子供や犬などのペットも注意が必要みたいです。

子供は、大人に比べて身長が低いため、地面からの照り返しによる熱を受けやすい上に、熱を体外に逃がす調節機能もまだ未熟なためだそうです。

犬などのペットは、子供より地面に近いわけですから、地面からの熱を相当受けるだろうということは、想像に難くありません。

それに、汗をびっしょりかくわけではなく、口から熱を発散させるわけですよね。あまり気温が高い日には、それでは熱の発散も間に合わないかもしれません。飼い主さんは、十分ご注意ください。

適度な水分と塩分の補給をして、室内でも油断できないそうですから冷房も適宜使って、子供から高齢者まで、さらにペットも熱中症にならないよう気を付けて、この夏を乗り切りましょう。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

登板回避

sports_baseball_yakyuuhiji.png先週、夏の高校野球の岩手県大会の決勝で、花巻東高校と大船渡高校が対戦しましたね。

花巻東は、エンゼルスの大谷投手の母校で、大船渡は最速163キロを投げた佐々木朗希投手の存在が注目されていました。

ところが、その佐々木投手は決勝戦では登板せず、試合は2対12という大差で花巻東の甲子園出場が決まりました。

大船渡の国保監督によれば、佐々木投手を登板させなかった理由は「故障を防ぐため」だったそうです。佐々木投手自身は、監督の判断だから仕方ないとしながらも、投げたい気持ちはあったようです。

この件について、世間では賛否両論あるようですね。確かに、佐々木投手が登板していたら、もしかすると大船渡が勝っていたかもしれません。

でも、彼は前日も投げているのだから、どこか故障してしまう可能性もあるかもしれません。監督としては、とても難しい判断だったのではないでしょうか?

いくら注目されているとはいえ、佐々木投手のためのチームではないはずです。チームメイトは、みんな甲子園を目指して厳しい練習をしてきたのでしょう。

監督だって、そんな選手たちと甲子園で戦いたかっただろうし、地方大会の決勝まで来たから、もう負けてもいいやなってこれっぽっちも思わなかったでしょう。

どっちが良い、悪いということではなく、こういう問題がある以上、高校野球の日程を見直した方がよいのかもしれませんね。

いくら若くて元気な高校生とはいえ、ピッチャーが連投するのはきついはずです。準決勝と決勝の間は、せめて一日空けるぐらいのスケジュールにした方がよいのではないでしょうか?

ついでに言ってしまえば、何もわざわざ暑い甲子園で野球をしなくても、夏の大会は北海道辺りでやった方が良いのではないかとも思います。

きっと、この意見に賛同する人はいないでしょうね。甲子園でやることに意義があるのでしょうから・・・。

それはともかく、プロの世界でもピッチャーの登板の仕方は変わってきましたよね。昔は先発完投が当たり前みたいに言われていましたが、今は先発、中継ぎ、抑えと、役割が分担されています。

高校野球では、ピッチャーの人数をそれだけ揃えるのは難しいでしょうから、もう少し余裕のある日程を組んだらどうなんでしょう。

ただ、そうなると、勝ち進んだ場合の滞在費等の負担は増えるでしょうから、そのあたりを考えると、軽々しくも言えないのですが・・・。

さて、若人たちの夢や才能を潰すことなく、高校野球を運営するためには、いったいどうしたらいいのでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

三つの事件

job_news_caster_woman_serious.png先週、京都アニメーションが放火された事件がありましたね。ニュースの一報を聞いた時は、これほど大ごとになるとは思っていませんでした。

結果的に、わかっているだけでも、34人の方が亡くなるという痛ましい事件となってしまいました。

現在、安否不明になっている大半の方は、まだ将来のある20代、30代の若い方たちというのは、何ともやりきれない気持ちになってしまいます。

容疑者は、41歳の男ということですが、まだ取り調べが始まっていないので動機が良く分からないのは当然でしょうが、何やら「小説を盗んだからやった」と言っているようです。

この事件以外に、品川区の駅前の路上で、帰宅途中の会社員の男性が傘で目を突かれて、右目を失明し、さらに頭の骨も折れる全治不明の怪我をしたという事件もありました。

全治不明というという言葉を私は初めて聞きましたが、要するに、とてもひどい大怪我だということなのでしょう。

47歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されましたが、被害者とは全く面識がなく、肩がぶつかるトラブルがあって、このような凶行に及んだようです。

かと思えば、ニュースサイトのコメント欄で意見が対立してトラブルとなった相手を殴って怪我をさせて、41歳の男が逮捕されたというニュースもありました。

ヤフーニュースに掲載された格闘技のニュースのコメント欄で意見が対立して、実際に会うこととなり、初対面の場で暴行に及んだということです。

京都アニメーションの放火の件は、まだ動機がよく分かっていないけれど、後の二つの事件は、実に些細な動機に思えます。

それにしたって、何か気に食わないことがあるからガソリンをまいて放火したり、肩がぶつかった程度で傘で目を突いたり、ネットで意見が合わないから殴ってやろうと思うものでしょうか?

どういうわけか、この三つの事件の犯人は、全員40代なんです。この三人の40代の男たちに、いったい何があったのでしょう?

こんなことが起きては、会社で仕事したり、路上を歩いたり、ネット上でコメントしたりなんて、うかつにできないような気がしてしまいます。

いったい、どんな世の中になってしまったんでしょうかねぇ・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

混雑率

train_manin_business_20190721164217ee7.png先日、東洋経済ONLINEで、首都圏の鉄道「最新混雑率」に関する記事を読みました。

国土交通省が発表した2018年度の都市鉄道の混雑率調査結果をもとに、首都圏のJRや私鉄など83線区を独自集計してランキングしたものだそうです。

それによると、混雑率1位は東京メトロ東西線の木場→門前仲町間で、混雑率199%、2位はJR横須賀線の武蔵小杉→西大井(197%)、3位がJR総武線各駅停車の錦糸町→両国(196%)、だったそうです。

電車で通勤、通学した方であれば、誰だって朝夕の通勤ラッシュを経験していることでしょう。あれは、かなり体力を消耗するはずです。

実際、ゴールデンウィークや夏休みになると体重が増え、休みが終わってしばらく通勤すると体重が元通りに戻るという経験は何度もありました。

今回のランキングで、私が利用した経験がある路線を見てみると、8位のJR埼京線の板橋→池袋間(183%)、東京メトロ丸ノ内線の新大塚→茗荷谷(169%)、26位の西武池袋線椎名町→池袋(159%)あたりです。

これを見ると、埼京線でも183%程度というのは、ある意味、驚きました。国土交通省の目安によると、混雑率200%は「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める」レベルなんだそうです。

埼京線を始め、私が経験した混雑具合は、とても週刊誌が読めるレベルではなかった気がするのです。

埼京線の場合、乗った電車や車両の位置によっても違うのでしょうが、持っていたカバンは手を離しても床に落ちないし、雨の日は下車した時に傘の柄がカーブを描いているという有様でした。

あの当時は、新宿方面に向かって一番後ろの方が混雑していて、前の方が比較的空いていたのでいつも前の方に乗車していたのですが、それでもそんな状態でした。

42位に山手線の外回りで上野→御徒町151%とあったのですが、私はこの区間を京浜東北線で通った時期もありました。あの混雑具合で151%というのも、ちょっと信じられません。

というのも、上野からは高崎線や宇都宮線からの乗り換え客がたくさん乗ってくるのです。それは、例えてみれば、ラグビーで大勢の選手がモールを組んで突進してくるようなイメージなのです。

人が乗ってきた瞬間、乗車側の反対のドアはミシッと音を立て、身体は押しつぶされてウッと息が詰まるような状態なのです。

実際、同じ会社の女子社員で、この区間を利用していてろっ骨が折れたという人がいたほどです。

いつかは、乗っていたおばあさんが「これじゃあ死んじまう」と言っていたのを聞いたことがありましたが、まんざら冗談には聞こえませんでした。

お年寄りの方は、できることならラッシュ時の電車は避けた方が無難かと思います。席を譲りたいと思っている乗客がいたとしても、それができる状態ではないのです。

東京に比べると、その他の地域の混雑率は比較的低いようですが、例えば大阪メトロ御堂筋線の梅田→淀屋橋感は151%だそうです。

私は、御堂筋線も利用していたことがあったのですが、梅田で下車してしまい、淀屋橋まで乗ることがなかったので幸いだったのかもしれません。梅田駅は、阪急や阪神などの私鉄や、JR大阪駅からの乗り換え客が多いのでしょう。

しかし、あの通勤ラッシュはどうにかならないものでしょうか?と言っても、今のところどうにもならないのでしょうね。電車の本数を増やすのは、もう限界に近いでしょうし、時差出勤にしても、限度があるのでしょう。

企業が東京に集中しているのが、一番の原因なのかもしれませんね。もっと分散していればよいのでしょうが、今さら言われても・・・という部分もあるでしょう。

それにしても、全く見知らぬ人とあんなに接触する空間は他にないはずです。人は、誰だってストレスを抱えて生きているのでしょうが、通勤ラッシュのストレスも相当なものだと思います。

皆さん、どうかお身体を大切に!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ハプニング

jiko_rakka.png先日、松の芽欠きをしました。芽欠きというのは、梅雨時に生えてくる松の新芽を切り取る作業です。

きっと、たいていは6月中ぐらいには終わらせる作業なのでしょうが、今年は雨の降る日が多く、また、面倒だったのでだいぶ遅くなってしまいました。

この作業は、年々、億劫になってしまっていて、ここ数年は7月に行うことが多くなってしまいました。年をとってくると、ついつい億劫になるものです。

ハプニングその1は、その芽欠き中に起きました。松の一番てっぺんの方の芽を欠いていた時、何やら茶色っぽいようなかたまりを見つけました。

たぶん、枯れた松葉が固まっているのだろうと思って、それをつかんで引っ張ったところ、ひと塊りになって取れました。

でも、それは枯れた松葉ではなく、鳥の巣だったのです。ちょっと小ぶりなお椀ぐらいの大きさで、中には、白い卵が4つ入っていました。大きさは、ウズラの卵より二回りぐらい小さかったでしょうか。

まさか、そんなものを取ってしまうことになるとは思わなかったので、慌てて元あった場所に戻しました。一瞬のことだったので、これでなかったことにしてもらいたいと思ったのです。

後で調べてみると、卵の色や大きさからすると、メジロのもののようなんですが、素人の私が言っているのだからあまりあてにはなりません。

でも、松の木のあたりで鳥が出入りしているところを目撃した記憶がなかったので、あんなところに巣があるとはびっくりしました。

巣があるのを知ってしまったので、あまり鳥の邪魔をしては悪いと思って、芽欠きはますますいい加減になり、適当に終わらせてしまいました。

そして、脚立を片付けるときに、雨どいの調子が悪かったことを思い出しました。ちょっと前の雨の日に、雨どいの中を雨が流れずに、表面を伝わって流れていたのです。

なので、脚立をその雨どいのそばに持って行って見てみました。すると、枯葉が詰まっているのが見えたので、それを取り除きました。

さらに、別のところの雨どいがはずれかかっているように見えたので、そこから屋根に上って直そうとした時でした。突然、脚立が倒れてしまったのです。

私は、咄嗟に雨どいにつかまり、バンザイ状態でぶら下がるはめになってしまいました・・・。

その時、家には誰もいなかったし、道を歩いている人もいなかったので、助けを求める術もありません。しばらく、ぶら下がっていた私は、もう飛び降りるしかないなと思ったのです。

高さは、1メートルちょっとぐらいだったでしょうか。大したことはないだろうと思って飛び降りたら、何だか左の足首と右の膝の上あたりに痛みがあるのに気付きました。

その時は大したことはないと思っていたのですが、時間が経つにつれ、左の足首の痛みが強くなり、腫れてきました。

捻挫にしては重症なのかなと思い、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、やはり捻挫で骨には異常はないということでした。

若いころだったら、あのくらいの高さから飛び降りたってどうってこともなかったでしょうが、やはり私もトシなんでしょうね・・・。

ハプニングが二度続いたわけですが、二度あることは三度あるという言葉もあります。もう一度、何事か起こるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

日照不足

kyuuri_cucumber.pngテレビなどでさんざん報道されていますが、今年の関東地方はちょっと異常なほどの日照不足が続いています。

梅雨なんだから仕方ないのでしょうが、昨年の梅雨は異常に空梅雨だっただけに、あまりにも対照的に感じてしまいます。

読売新聞によると、7月1日~14日の都心の日照時間は、たったの5.4時間だったそうで、平年の約10%だったそうです。

また、16日まで20日間連続で日照時間3時間未満となり、61年の統計開始以来の最長記録を更新したのだとか。

昨年の7月ごろは、厳しい暑さが続きました。埼玉県の熊谷市では、41.1℃を記録するなど、猛暑が続きました。

それに比べると、気温も低いので熱中症になる可能性も低いのでしょうが、この時期にしてはちょっと気温が低すぎる気がします。

こんな気象条件に影響されるのは、やはり農作物でしょう。キュウリやナス、ピーマンなどの夏野菜の生育に影響が出て、軒並み値上がりしているようです。

あるスーパーでは、キュウリ1本が98円なんて値段が付いているようです。今の時期は、キュウリが出回る時期ですから、普通だったら3本とか4本で98円という価格なんじゃないでしょうか?

うちの畑でも、野菜の成長はあまり良くないようです。特にキュウリは、変形したり、下の方の葉っぱが枯れ始めています。こんな状態は、収穫が終わりに近付いたころに見られるものです。

植えた苗は昨年と同じ品種のものだったので、こんな状態になるのは苗の選び方が悪かったのかとも思いましたが、やはり日照不足の影響があるようです。

例年、今頃の時期だったら毎日10本程度は収穫があるのですが、今年は1日おきに2~3本しか採れないということも珍しくありません。

来週あたりには梅雨明けも期待されますが、それでようやく日照不足も解消されるのでしょうか?今まで気温が低かった分、その反動で猛暑にならなければ良いのですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

形がカッコいい都道府県ランキング

1_hokkaidou.png先日のJタウンネットで、「形がカッコいい都道府県ランキング」という記事を読みました。

皆さんは、都道府県の形をカッコいいかどうかという視点で見たことがあるでしょうか?私は、そういう感覚は持っていませんでした。

都道府県の形で感じたことがあるのは、都道府県の地図をバラバラにしてしまうと、それがどこなのかよくわからないということです。

クイズ番組でそんな問題を見たような気がするのですが、もともと単独で存在している北海道とか、青森のような端っこの県はわかるし、新潟や千葉など、特徴的な形のところはわかります。

自分の住んでいる埼玉や、隣接している東京はわかるけど、これまた隣接しているのに群馬と栃木の形は、区別がつかないかもしれません。

さて、このランキングの1位は、北海道でした。2位は新潟、3位青森と続き、4位茨城、5位群馬となっています。私が住んでいる埼玉は34位で、最下位は何と東京都でした。

都道府県の魅力度ランキングで、なかなか上位にならない茨城県ですが、このランキングでは大健闘です。これからは、形のカッコよさをPRしてもよいのかもしれませんね。

このランキングの記事を読んでいて、お笑い芸人のバカリズムさんの「都道府県を持つとしたら」というネタを思い出しました。

フリップに都道府県の絵が書いてあって、その特徴をしゃべった後、どういうわけか、その都道府県を「持っとしたらこうです」と言って、持った時の絵を見せるのです。

都道府県を手で持つという発想はなかったので、このネタを見たときには、大笑いしてしまいました。このネタが気になる方は、「都道府県 持つとしたら」で検索すると動画が見つかると思います。

皆さんがお住まいの都道府県は、何位に入っているでしょう?ランキングの詳細は、こちらのJタウンネットのサイトでご覧になれます。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

クレーンゲーム

ufo_catcher.png皆さんは、なにかペットを飼っていらっしゃるでしょうか?私は、特に飼っていないのですが、我が家の周辺には、タヌキやニホンカモシカ、キジなどが出没します。

それらの動物を世話しているわけではないけれど、まるで飼い主のような気分になります。

私ですらそんな感じなのですから、ペットを飼っていると、ペットは家族の一員かそれ以上に思っている方も多いでしょう。中には、旦那さんよりペットを大事にしている奥さんも多いのではないでしょうか。

我が家で唯一飼っているのは、知り合いから頂いたメダカです。池に放しておいたら、冬の間は全く姿を見せなくなってしまったのですが、春になったら、たくさん姿を見せるようになりました。

餌をやらなくても、池の中には餌になるものはあるようで、すくすくと育っています。ですから、飼っていると言うよりは、住処を提供しているぐらいの話なのかもしれません。

昔は、池の中には鯉が泳いでいたのですが、全て野生動物に食べられてしまい、何もいなくなってしまいました。

何に食べられたかはわからないのですが、そんな野生動物でも、メダカでは小さすぎてさすがに食べられないようです。

あれだけ小さな魚でも、のんびりと群れて泳いでいるところを眺めていると、なかなか可愛らしいものです。

ところで、先日のテレビで、信じられない光景を目にしました。中国でのクレーンゲームの話題だったのですが、ガラス張りのケースの中には、ゲームの景品として子犬や猫が入れられていたのです。

日本でも、ぬいぐるみなどが入れられていることがありますが、テレビで見たのは、生きている動物なのです。

その他にも、ネット通販で犬を購入したら、エアパッキンらしきものでぐるぐる巻きにして宅配便で送られてきたなんて話も紹介していました。

もちろん、これは中国のごく一部の話なのでしょうが、これは明らかに動物虐待になるのではないでしょうか。

多くの人がペットとして愛玩している動物たちをもう少し普通に扱ってほしいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

片付けられない男

souji_kitanai_man_20190711062327cd7.png先日のGIGAZINEで、部屋の掃除に関する男女の感じ方の差について、最新の研究結果の記事を読みました。

これを読んだら、きっと男性諸氏はなるほどと思うことや、ちょっと耳の痛い部分もあるのではないでしょうか?

一般的に、男性はなかなか家事をしないと言われがちですが、2015年のアメリカ労働省のデータでは、1日当たりの家事の時間は、男性平均が1時間25分、女性平均は2時間15分だったそうです。

確かに、男性の方が少ないけど、こんなことを言っては女性の方たちに怒られるそうですが、以外に多いような気がしないでもありません。

偏見かもしれませんが、アメリカ人の方が家事に協力的なイメージがあるので、日本の場合は男性が家事に費やす時間はもっと少ないのかもしれません。

さらに、男性が掃除にかける平均時間は1日当たり14分だったそうで、女性の平均時間のおよそ3分の1の時間だったということです。

そこで、掃除に関するこのような男女差について、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のサラ・デボー准教授の研究チームが、男性327人、女性295人を対象に、調査を行ったそうです。

まず、被験者に部屋の写真を見せて、部屋がどれくらい散らかっていると感じるかという調査をしたところ、散らかり具合の感じ方には、男女差はほぼなかったということです。

この結果から、男性は「散らかっていることに気がつかない」というよりも、「散らかっていることがわかっていても片付けはしない」ということが判明したそうです・・・。

さらに、片付いた部屋の写真を見せて部屋の住人は女性と伝えた時と、男性と伝えた時の反応について調査したところ、前者の方が後者よりも「散らかっている」と回答する傾向があったとか。

この反応は、男女どちらの被験者にもみられたようで、つまり、「女性ならもっと整理整頓すべき」という偏見が性別に関係なくあるようです。

また、配偶者と暮らしていて、お互いにフルタイムの仕事を持っている場合、女性と男性のどちらが部屋の清掃に責任を持つべきかどうかという質問については、「女性」という回答がかなり多かったそうです。

つまり、多くの人が「雇用状況にかかわらず女性が家事労働に関しての責任を負うべき」と考えているようです。アメリカでさえこうなのですから、日本ではもっとその傾向が強いかもしれません。

しかしながら、日本でも女性の権力?は強くなっています。家事は奥さんがやるものと決め付けて何もしないでいると、痛い目にあうかもしれませんよ。

どうせ男は片付けられない人種だからなんて思って、掃除の手伝いをしないでいると、いつか自分自身が片付けられてしまうかもしれません。男性のみなさん、くれぐれもご用心ください!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

メルセデス?ベンツ?

car_navigation_man.png今日の記事のタイトルを見て、ひょっとしたら私がベンツを買ったのではないかと思った人は・・・皆無でしょうね。

メルセデス・ベンツといえば、一般庶民から見ると泣く子も黙る高級車で、貧乏人の私などにはとても新車で買える車ではありません。

以前、地元のとある住宅地をぶらぶら散歩したことがあったのですが、たいていの家には車が2台停めてありました。2台とも国産車で、1台は軽自動車というパターンがほとんどでした。

でも、ある家の駐車スペースには、ベンツが2台停まっていました。きっと、そのお宅はかなりの金持なのではと思ってしまいました。

ところで、先日の乗り物ニュースで、メルセデス・ベンツの関係者が、あの車を「ベンツ」ではなく「メルセデス」と呼んでほしいと言っているという記事を読みました。

皆さんは、あの車を見て何と呼びますか?私は「ベンツ」、もしくは畏敬の念を込めて「おベンツ」などと呼んで、「メルセデス」と呼ぶことはありません。

では、関係者が「メルセデス」と呼んでほしいと言っている理由は、昨年10月に日本で発売された「Aクラス」に搭載された「音声認識」にあるということなのです。

「MBUX」という音声認識システムが搭載されていて、ドライバーの音声で目的地や空調の設定を行うそうですが、これを起動させるためには「ハイ、メルセデス」と呼びかける必要があるそうなんです。

このシステムは「ハイ、ベンツ」では、起動しないのだとか。実際、口に出して言ってみると、「ハイ、ベンツ」という言い方は、何となくしっくりこない感じがしないでもありません。

その点、「ハイ、メルセデス」という言い方の方が、いかにも誰かに呼びかけているようなイメージはあるかもしれません。

海外のこの車のオーナーの多くは「メルセデス」と呼んでいるのだとか。でも、日本の場合、大多数の方は「ベンツ」と呼んでいるのではないでしょうか?私は「メルセデス」と呼んでいる人を見たことがありません。

長年の呼び方を変えるのは、なかなか難しいのではないかとも思うのですが、私が心配することはこれっぽっちもないことに気付きました。

なぜなら、私がベンツのオーナーになるなんてことは、あり得ないわけですからね・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

どうなってるの?

okujou_chosuitou.png最近、わけのわからないことがたびたび起こる世の中ですが、つい先日のテレビでも、そんなニュースを見ました。

どんなニュースかというと、アパートの受水槽の中で泳ぎ、その様子を撮影した動画をネットにアップしたというのです。

受水槽というのは、アパートやマンションなどの屋上にある、水道水を供給するためのあの設備のことです。

この事件が起こったのは福岡県で、犯人は、このアパートの水道工事を請け負った30歳と28歳の男二人だそうです。

このふたりは、管理会社に清掃などをさせた偽計業務妨害の疑いで書類送検されたということです。

この動画はネットにアップされて265万回以上再生されたそうですが、当然のことながら、非難を集めたそうです。

二人は、「笑わせようと思った」と供述しているということですが、私はもう呆れ果ててものも言えなくなってしまいました。

この二人は、高校生や大学生ではないわけです。もう、いい大人なわけです。それが、こんなことをして、それでは飽き足らずに動画をネットにアップするなんて、とても大人の振る舞いとは思えません。

だいたい、こんな動画で笑えるものでしょうか?これを見た人たちは、嫌悪感しか催さなかったのではないでしょうか?

ちょっと前には、外食チェーン店やコンビニ店員の悪ふざけ動画が問題になったし、最近では、警察官の目の前で踊って挑発する動画などが問題になっています。

こんなくだらないことをしてまで、目立ちたいということなんでしょうか?目立ちたいのなら、もっと世の中の役に立つことをして、周囲に感謝された方がよほどやりがいがあるでしょう。

笑わせたいのなら、くだらない駄洒落でも言ってた方が、誰の迷惑にもならないでしょうからまだましです。

いい大人がこんなくだらないことをするなんて、いったいこの国はどうなってしまったのでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

異常気象?

suigai_kawa_mizukasa_ame_2019070412024511b.png関東では、今年の梅雨は梅雨らしい梅雨になっています。ジトジトと湿気が多い日が続き、ここしばらく青空を見ていません。

昨年は、6月中に梅雨明けしてしまうほど空梅雨だったので、その埋め合わせでこんな天候になっているのでしょうか?

でも、九州の、特に南部の方では、記録的大雨になってしまいました。テレビで見ていても、道路はまるで川のようでした。

テレビでは、宮崎県で降り始めからの雨量が1,000ミリを超えたところがあったとか、3日間の雨量が観測史上最多の記録的な大雨とか、7月の雨量が1日で降ったなどのニュースが流れていました。

また、鹿児島県と宮崎県では、110万人以上に避難指示が出されるなど、非常に緊迫した状況だということを感じました。

テレビで、海水温が高くて、次々と雲が発生して大雨になったという話も聞きましたが、これも温暖化の影響なのでしょうか?

ちょっと前には、中国南部で大雨が降り、30人以上の方が亡くなりました。かと思えば、フランス南部では、国内観測史上最高の45.9℃を記録したというニュースも聞きました。

そんな話を聞いていると、世界的に異常気象になっているのではないかと思ってしまいます。

九州方面の雨は小康状態になったようですが、あれだけの大雨が降った後では、まだまだ危険な状態が続くものと思われます。

どうか、注意を怠りなく、災害に巻き込まれないようにお気を付けください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

うっかりミス

post_tegami_toukan_20190701111130602.png先日のJタウンネットの記事で、ちょっと笑ってしまうようなうっかりミスに関する話題を二つほど読みました。

そのひとつは、山梨県内のとある保養所にある「開けるたびに記憶が消えます。」と注意書きが書かれたロッカーの話です。

私の場合は、ロッカーの扉を開けなくても記憶が消えることは度々あるので、あまり影響はないのかもしれませんが、こんな注意書きがあると、扉をあけるのを躊躇してしまいますよね。

これは、ローカーの利用者が設定した暗証番号の情報が消えるということで、利用者の「記憶」が消えてしまうということではないそうです。

おそらく、「記録」と表記したかったところを「記憶」としてしまったのでしょう。

この間違いは、この保養所がオープンした92年から続いていたそうですが、最近になって、訂正されたそうです。

物忘れが激しくなった方は、ひょっとするとこのロッカーを利用したのかもしれませんね。

もうひとつのうっかりミスは、郵便物の宛先にある「行」を消して、「御中」と書こうとした際のものです。

宛先には、「○○銀行 お客さまセンター行」と二行にわたって印刷してあったのですが、「お客さまセンター行」の方の「行」ではなく、「○○銀行」の方の「行」を消してしまったという話です。

これなんか、やりがちなことかもしれませんね。しかも、投稿者はこれに気付いたわけですが、私だったら気付かなかったかもしれません。

郵便物を受け取った銀行の人も、気が付かなかったかもしれません。自分のところに届いた郵便物の差出人は見ることがあったにしても、宛名まではいちいち確認しないでしょう。

このようなうっかりミスの話を読んで、私も何かミスをやらかして、いまだに気付いていないことがあるのではないかとひやひやしているところです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

電動カート

car_menkyo_hennou_man.png今年になって、高齢者の運転ミスによる事故が頻繁に報道されています。特に、4月に池袋で起こった事故は大きく報道されました。

それ以来、高齢者の免許返納が増えているそうです。あの事故で、返納を考えた人が増えたのかもしれません。

先日のEconomic Newsの記事で、情報サービス業のInsight Techが行った「高齢者の自動車運転」に関するの調査結果を読みました。

その中で「何歳で免許を返納するのが妥当か」という問いに対し、70~74歳が42%、69歳以下が24%、75~79歳が20%と、9割近くの人は80歳までに返納すべきという考えのようです。

ところが、回答者を「1都3県、大阪府」と「その他」というように分けて見ると、都会では74歳までと考えている人が73%なのに対し、地方では61%と、開きがあったそうです。

これはやっぱり、公共の交通網が発達している都市部と、そうでない地方との差なのではないでしょうか?車がないと、買い物や通院など、日常生活に支障が出るケースがあるのでしょう。

ところで、先日のテレビでちらっと見たのですが、運転免許返納後の足として、電動のカートが注目されているそうです。

私もこれに乗っているお年寄りを時々見かけるのですが、スピードはさほど出ないものの、結構な坂道も上れるようです。

操作は手で行うようなので、足で操作する場合と比べると、操作部分が直接目で見えるようになっています。

これなら、車の事故でよく言われている「ブレーキとアクセルの踏み間違え」というのは、防げるのかもしれません。

ところが、テレビでやっていたのは、この電動カートで片側2車線の道路の追い越し車線を走っていたり、右折レーンを逆走したりする姿でした。

その映像を見て、ぞっとしました。交通量が多い車道でそのような行為をするのは、かなり恐怖を感じると思うのですが、高齢者は怖いものなしなんでしょうか?

電動カートは歩行者扱いで、車道の通行はできないようです。せっかく免許を返納しても、車感覚で車道を走ってしまっては、危ないことこの上ありません。

これらの映像は極端な例で、大部分の利用者は正しく使っていると思うのですが、どうかルールを守って安全に利用してほしいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる