FC2ブログ

カルピスの話

水玉カルピスといえば、皆さんも一度は口にしたことがあると思いますが、過日のjapan.internet.comに、カルピスのトリビアが紹介されていました。

私が子供の頃にすでに飲んでいたのだから超ロングセラー商品ですが、私には乳酸菌飲料という程度の知識しかありませんでした。

記事を読んでみると初耳の情報がたくさんありました。それを知ってどうするというわけでもありませんが、ちょっとお付き合いください。

カルピスが発売されたのは、実に1919年(大正8年)7月7日のことだそうです。すでに90年以上の歴史があるわけですね。

同社の社史を見ると、カルピスは研究者の思い付きで脱脂乳と乳酸菌を発酵させた「醍醐素」という飲料に砂糖を混ぜて放置したところ、偶然出来上がったそうです。

発明や発見は、偶然が寄与することが実に多いですね。

その名前の由来は、カルシウムの「カル」とサンスクリット語で「最上の味」という意味の「サルピス」を組み合わせた造語なんだそうです。

創業者の三島海雲という人の実家はお寺だったそうで、仏教大学で学んでいるようです。サンスクリット語から名前を考え付いたのは、その辺の理由もあるのでしょう。

カルピスは、水玉模様のデザインでおなじみですが、あの水玉模様は天の川の「銀河の群星」をイメージしているそうです。

これは、発売したのが七夕だったからでしょうね。でも、最初のデザインは今とは違って、青地に白の水玉だったようです。

その後、1932(昭和7)年には、単価を低くした普及品が発売され、その包装紙は赤地に白の水玉で、現在の白地に青の水玉になったのは1953(昭和28)年だそうです。

包装紙の中は茶色のビンだったのを覚えていますが、今は紙パックになってますよね。昔のあのビン入りのものが懐かしい気がします。

それから、カルピスというと私にはお中元のイメージがあります。私が子供の頃には、頻繁に買って飲むものじゃなくて、もらって飲むものだったのかもしれません。

この他にも、「カルピスミュージアム」というサイトにカルピスにまつわる話が詳しく載っています。興味のある方は、ご覧になってみてください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

私もカルピスは子供の頃から慣れ親しんでる味です
子供の頃は、濃い方がおいしいと思って
やたら濃くして飲んだら舌が白くなりました(笑)
缶ジュースのカルピスが発売された時は
あの見事な調合に感動しました(笑)

>まんたさん

まんたさん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

まんたさんとはかなり年齢差があるんだと思いますが、やはり子供の頃はカルピスを飲みましたよね。実に、超ロングセラーだと感心します。

> 子供の頃は、濃い方がおいしいと思って
そうですよねぇ。やっぱり、子供は甘い方が好きですからね。でも、今はカルピスウォータぐらいでちょうどいいかも!!私も少し大人になったのかな?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【カルピスの話】

カルピスといえば、皆さんも一度は口にしたことがあると思いますが、過日のjapan.internet.comに、カルピスのトリビアが紹介されていました。私が子供の頃にすでに飲んでいたのだから超ロングセラー商品ですが、私には乳酸菌飲料という程度の知識しかありませんでした。記...
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる