ダイヤルアップ接続

MP900316563.jpg先週のjapan.unternet.comで、「ダイヤルアップ接続は、どれくらい遅いのか?」という見出しがありました。

記事は、スウェーデンのPingdomというモニタリングサービスの会社が、ダイヤルアップ回線を利用して主要50サイトに接続する際の時間を調査したという内容でした。

調査は、「各Web サイトの表示に必要なページサイズをツールを使って計測」して、ダイヤルアップ接続した際に必要な時間を計算によって求めたそうです。

それによると、最もデータ量が少ないのはGoogleのスタート画面で、10秒以上の時間がかかったそうです。

ワースト1は、Go.comというサイトで、10分かかるそうです。左のところに動画があって、これのロードにとても時間がかかるようです。

それにしても、10分というのは長いですよね。山手線だったら、東京駅から5駅先の品川に到着するぐらいの時間です。

でも、考えてみると、我が家でもインターネットを利用し始めた当初は、ダイヤルアップ回線を利用していたわけです。

あの頃だったら、接続に10分もかかるようなサイトは絶対に見なかったでしょうね。でも、当時の回線事情を考慮すれば、そういうサイトは少なかったかもしれませんが・・・。

記事によると、アメリカではダイヤルアップ回線のユーザーが3%いるそうです。日本の場合は、総務省が今年5月に発表した調査によると、昨年末時点で6.7%のようです。

記事の最後には、この調査を行ったPingdom社の次のようなコメントが載っていました。

「ブロードバンド利用者は Web サイトの表示が数秒遅れるだけでいらいらしがちであるが、そのような時には米国の3%の、および世界中にいる多くのダイヤルアップユーザーのことを考え、心を落ち着けて欲しい」

まるで、私自身のことを言われているようで、苦笑いしてしまいました。

人間は、便利な生活に慣れてしまうとそれが当たり前のように感じてしまうものですよね。確かに、ダイヤルアップ回線を使っていた頃は遅かったなぁ。

それに比べたら、今はずっと高速になっているわけです。数秒ぐらいのことで、不満に思うほどのことはないのかもしれません。

とは言うものの、ちょっとイラッとしてしまうのは性分なのかな?(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

コメント

No title

コンタローさん、こんにちは!
最近インターネットを始めた方は「ダイヤルアップ」自体ご存知ないかもしれませんね。

私は、PCはADSLから常時接続にしましたが、PHSでネットをするときは今もダイヤルアップで接続してます。
今となってはISDNの接続音もなつかしいといったところでしょうか。
昔の読み込み速度に比べたら今ははるかに早いですが、わかっていても目の前の画面がなかなか変わらないとイラっとしちゃうんですよね。


>lentoさん

lentoさん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

> 最近インターネットを始めた方は「ダイヤルアップ」自体ご存知ないかもしれませんね。
おっしゃる通りでしょうね。最初から光回線なんて方も少なくないのでしょう。

インターネットを始めた頃は物珍しくて、でもダイヤルアップだから通信速度は遅くて、べらぼうな通信料になったこともありました。(笑)

その点、今のように定額制だと安心です。

あの「ピ~ッ、ヒャラヒャラ~」という感じの接続音も懐かしいですが、もうあの時代には戻れないでしょうね。イライラがつのって、情緒不安定になりそうです!!(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ダイヤルアップ接続】

先週のjapan.unternet.comで、「ダイヤルアップ接続は、どれくらい遅いのか?」という見出しがありました。記事は、スウェーデンのPingdomというモニタリングサービスの会社が、ダイヤルアップ回線を利用して主要50サイトに接続する際の時間を調査したという内容でした。?...
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる