FC2ブログ

秋の空

MP900399803.jpg人の心の移り気な様子を秋の空模様の変わりやすい様子に例えた「○心と秋の空」ということわざがありますよね。

あのことわざの○の部分には、何が入ると思いますか?以前のAll Aboutの記事で、そんな話題を読みました。

考えてみると、男だったような気もするし、女だったような気もするし、どっちが正しいのか私にはわからなかったのですが、記事によるとどちらの言い方もあるんだそうです。

そもそも、このことわざは、秋になると日本上空を低気圧と高気圧が交互に通り、天候が変わりやすいので生まれたものらしい。

つい先日も、前線の通過に伴い、全国的に荒れ模様の日がありましたよね。静岡あたりでは、突風の被害が出たところもあったようです。

私の住んでいるところではそれほど雨も降らず、風もなかったのですが、夜になって急に雷鳴が聞こえたかと思ったら、ほんの一瞬だったけど停電しました。それほど、秋の空は変わりやすいわけです。

そこで、このことわざの話ですが、元々は「男心と秋の空」で、江戸時代に生まれたことわざのようです。

その当時は、既婚女性の浮気には厳しかった一方で、男性の浮気には寛大だったため、男心の変わりやすさを指して誕生したものだそうです。

「女心と秋の空」というバージョンが登場するのは、明治から大正のころらしいのですが、一般的になったのは、おそらくもっと後の時代でしょうね。

もっとも、女性の場合は男のように愛情限定ではなく、「喜怒哀楽の感情の起伏が激しいことや物事に対して移り気」な部分を指したもので、男心とは少し内容が違うようです。

どちらも間違いではないというこのことわざですが、現在だったら、絶対あっちの方が一般的だろうなと思うのは私だけでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる