FC2ブログ

准教授

MC900252547.pngたまに、どうでもいいような事がすごく気になる事があります。

パソコンが立ち上がっていれば、すぐに調べたりするのでしょう。でも、そうじゃない場合は、調べる事を忘れてしまったり、そもそも何を調べるのか忘れてしまったりするわけです。(笑)

で、今回は何が気になったかというと、「准教授」という言葉です。この言葉は、数年前から時々耳にしたような気がします。

例えば、テレビなどで「○○大学の○○准教授にお話をうかがいます。」なんて具合にその分野の専門家を紹介したりしますよね。

物理学者の准教授が警察に協力して事件を解決するなんていうドラマもあるようです。最近は、准教授が流行っているのかななんて思っていました。

同時に思っていたのは、近頃は「助教授」という肩書を聞かないような気がするなという事でした。

ちょっと調べればわかる事なんでしょうが、あるいは多くの人は常識としてご存知なのかもしれませんが、なかなか調べる機会がありませんでした。

そこで、つい先日、意を決してWikipediaを調べてみると、あっけないほど簡単にそのわけがわかりました。

准教授というのは2007年4月1日に施行された「学校教育法の一部を改正する法律」(平成17年法律第83号)によって定められた職階なんだそうです。

文部科学省から各学校関係者に送られた通知を見ると、従来の「助教授に代えて准教授を設け」るとありました。

こうして助教授という肩書はなくなったようですが、厄介な事に、今度は「助教」という肩書が新設されています。

そう言われれば「助教」というのも時々耳にしますよね。でも、それは従来の「助教授」とは違うようです。

私は、こういった肩書は学校側が自由に作っているのではないかと思っていたのですが、きちんと法律で規定されているんですね。

しかも、教授は何をするとか、助教は何をするとか、その職務内容まで法律で規定されています。

興味がある方は(あまり興味もないでしょうが)、学校教育法をご覧になってみてください。

こちらが改正後のもので第92条に、こちらは改正前のもので第58条に関連する部分が記載されています。

こんな法律があるとは、半世紀以上生きてきて初めて知りました。まだまだ、世の中は知らない事だらけのようです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる