FC2ブログ

改ざん

MP900442409.jpg5月頃から時々目にしていましたが、企業や自治体などのウェブサイトが改ざんされるという事件が何件も起こっているようです。

トヨタ自動車でもニュースなどのページが改ざんされ、不正なプログラムが自動的に実行される状態にあったようです。

その他にも、科学技術振興機構とか情報ネットワーク法学会、仙台市農作物有害鳥獣対策協議会など、業種に限らず改ざんの被害を受けているようです。

JPCERTコーディネーションセンターによると、今年の4月以降、ウェブサイト改ざんに関して約1,000件の報告があったとして注意喚起しています。

このような記事や注意を読むたびに、相変わらずこんな事件が多いなとか、改ざんされたサイトを訪問してウイルスに感染した人もいるんだろうななどと思ってはいました。

でも、どこか他人事というか、対岸の火事というか、そんな気持ちがあったことも否定できませんでした。

ところが、先月末ごろ、私がよくお世話になっているサイトにアクセスしたところ、セキュリティ警告の画面が表示されてアクセス出来ませんでした。

数日後にわかったのですが、そのサイトも改ざんされていて、「不正なJavaScriptコードが実行され、意図しない第三者のサイトに誘導される可能性があることが判明」したとの事でした。

実際に自分と関わりがあるサイトにこのような被害が発生すると、対岸の火事と思っていた事件も急に身近に感じられるものです。

私の場合は、セキュリティソフトが働いて改ざんされたサイトにアクセスしないで済みましたが、セキュリティソフトが入っていなかったら、アクセスしてしまったでしょうね。

普段はあまり意識していないセキュリティソフトだけど、何か問題が起きた時にはきちんと機能しているのが今回はわかりました。

セキュリティソフトというのは、言ってみれば「保険」のようなものなのかもしれませんね。

過去数年は、特に警告画面が出たことはなかったので、保険で言えば「掛け捨て」状態だったけど、それでも使っていなければいざという時に警告してくれないわけです。

改めてその重要性を感じた出来事でした。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : 最近気になったニュース - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる