FC2ブログ

反転授業

先日の朝日新聞で、佐賀県武雄市の教育委員会が小中学生にタブレット端末を配布し「反転授業」に取り組むという記事を読みました。

反転授業というのは、今まで学校の授業で教えていた基礎的な内容を家で学び、家でやっていた応用課題を学校で学ぶように反転させる事から名付けられたようです。

生徒たちは、家で端末の動画を見ながら宿題として予習を行い、授業では、わからなかった点を教え合ったり、応用問題を解いたりするそうです。

何事もそうでしょうが、まず基礎がわからなければその先に進んでもますますわからなくなるばかりです。

やっぱり、基礎を繰り返し学び、それが完全に理解出来てから応用問題に取り組むのは、大事な事でしょう。

端末の動画を見ながら勉強するのであれば、親御さんが勉強を教えなくて済むのかもしれません。

大人にとっては、とても便利な気がしますが、当の小中学生にとっては、そうでもないのかな?(笑)

きちんと宿題をやっていかないと、きっと授業がさっぱりわからないのではないでしょうか?学校から帰っても、遊んでいる場合じゃありません。

武雄市のように、自治体単位でのこのような取り組みを行うのは初めてだそうで、11月に小学校1校で試行するそうです。

来年の4月には小学生全員、再来年の春には中学生全員にタブレット端末を配布予定で、その数は合計で約4,200台になるそうです。

これで効果が上がれば、全国的にこういう学習方法が広がっていくのかもしれませんね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

コメント

No title

コンタローさん、こんにちは!
反転授業、初耳ですね。
いつの時代も基礎が大事ということは変わらないんですね。
時々、子供の宿題を手伝ったり、教科書やドリルを見せてもらっていますが、「あれ?この書き順だったっけ?」という字もいくつかありました。

ホント、学校から帰ってきてそのまま遊んでる場合ではありませんよね(苦笑)
子供に聞かせてやりたいですww

>lentoさん

lentoさん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

私も反転授業という言葉は初めて聞きましたが、何事も基本がわからなければ応用は出来ませんよね。それをわからないままにしておくと、いつまでたっても理解出来ないわけです。

私が子供の頃は、学校から帰るや否や遊びに行ったものですが、こういったやり方になると、なかなか遊ぶ暇はないかもしれません。でも、タブレット端末を使った勉強は、今時の子供の興味をひく方法なのかもしれませんね。

ところで、漢字の書き順については、私も「あれ?」と思う事がたびたびあります。私が教わった頃と書き順が変わったという事はないと思うのですが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる