FC2ブログ

火星移住計画

ufo_a03.png今日は成人の日ですね。私は、いまだに1月15日が成人の日というイメージが強いのですが、そろそろ慣れても良いころでしょうね。(笑)

昨年の成人の日は、関東では大雪でしたが、今年は天候に恵まれて何よりでした。もっとも、雪国では大雪のようですけど・・・。

いまさらながら気が付きましたが、今年成人を迎えた皆さんは、全員平成生まれなんですよね。

平成になったのはついこの間のような気がしていましたが、いやはや、時の流れるのは実に早いものです。

時代が進むと、それまでは想像もつかないような話が出てくるもので、YOMIURI ONLINEの記事で火星移住計画の話を読みました。

昨年暮れ、2025年から火星への移住を目指しているオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」が、約20万人の火星移住希望者の中から、1058人の候補者を選んだそうです。

この中には、日本人も男女5人ずつ含まれているそうです。

今後、医学的な検査や訓練を経て、最終的に24人に絞り込み、2025年には最初の4人が火星に移住するという計画のようです。

この計画は火星旅行というレベルの話ではなく、行ったらそれっきり、二度と再び地球には戻らないというものですが、それに20万人もの応募者があったのは驚きです。

まだ火星に人類が降り立った事はないし、果たしてそこにで人間が生活出来るものなのでしょうか?

あの、タコのような火星人に遭遇はしないとしても、例えば急病になった時とか、緊急時にはどうするのでしょう?

やっぱり地球に戻りたいと思っても戻れないわけだし、火星をあちこち旅行するわけにもいかないだろうし、退屈してしまわないものでしょうか?

住めば都とは言いますが、それはあくまでも地球上での話のような気がします。これからは、このことわざには「※ただし地球上に限る」と、注意書きが必要になるかもしれませんね。

2025年だったら、順調に行けば私もまだ生きているはずです。はたして、人類が火星に移住出来るものなのか、この目で確認出来る可能性は大いにあるはずです。

昭和生まれの私から見ると、火星に永住するなんて夢物語のような気もしますが、平成生まれの若い方たちにとっては、将来的には普通の事になっていくのかもしれません。

今後、この計画はどのように進展していくのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
こんばんは

成人式は私の年代では15日ですよね(w)

火星...
推薦されても住もうとは思えませんね
月も行ってみたいとも思いませんね。

昭和もいつの間にやら遠くに行きそうな
時の流れの速さに追いつかない
山人であります。


>奥武蔵の山人さん

山人さん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

昔は、1月15日と言えば成人の日だったし、お年玉付き年賀はがきの当せん番号の抽選日でもあったように記憶しています。いつのまにやら、そのあたりは変わってしまいましたね。

私も火星に住みたいとは思いません。私は、旅行から帰ってきて「やっぱりうちが一番いいね!!」と言うタイプだと思います。(笑)

考えてみれば、昭和という時代もはるかかなたに行ってしまったような気がしてしまいますね。平成になったのは、ついこの間のような気がしていたのに・・・。

時間の流れが速く感じるのは、年齢のせいもあるのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる