FC2ブログ

万能細胞

MC900301072.png先週、生命科学の常識を覆す、新しい万能細胞の作製に成功したというニュースがありましたね。

理化学研究所とハーバード大などの研究チームによるもので、リーダーの小保方晴子さんの会見をご覧になった方も多いのではないでしょうか?

この研究成果がどれほどすごいかと言うと、科学誌のネイチャーに投稿した論文の掲載が却下され、「細胞生物学の歴史を愚弄している」と酷評された事でもわかるでしょう。

これほど酷評されるという事は、常識では考えられないような話だったという事ですよね。

でも、正直なところ、具体的にどんな点がすごいのか、あのiPS細胞と何が違うのか、私の理解力ではよくわかりませんでした。

そこで、色々な記事を読んでみると、今回「STAP(スタップ)細胞」と命名された万能細胞は、酸性溶液で細胞にストレスを与えると、細胞が初期化するというものなんだそうです。

細胞が分裂して皮膚や臓器など、種類ごとの細胞へと成長するそうなのですが、普通は特定の細胞に成長したものは元に戻らないそうです。

それを今までにない簡単な方法で元に戻し(初期化)、再びあらゆる組織や臓器にに変化する細胞に出来るという点で、この発見は画期的なもののようです。

iPS細胞では、遺伝子を外から入れて作る必要があってガン化する恐れがあるのに対し、STAP細胞では遺伝子操作をしていないのでその危険性も低いと見られているそうです。

私の理解力でわかったのはこの程度の事でしかありませんでしたが、よくわからないけど、やっぱり凄い発見なのでしょう。

リーダーの小保方さんは、まだ若干30歳です。一度は酷評された研究をここまでやりとげたのは大変だったでしょうね。改めて、女性の能力の高さを見せ付けられた気がします。

このSTAP細胞は、マウスの実験段階のようですが、今後ヒトの細胞にも適用され、再生医療に応用できる日が来る事を期待したいものです。

なお、この件について、理化学研究所が「60秒でわかるプレスリリース」を発表しています。興味がある方は、ぜひご覧になってみてください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる