FC2ブログ

江戸の名所

edo_komono03.png先日、都道・環状2号線の「マッカーサー道路」と呼ばれる新橋―虎ノ門間の1.4キロが開通したというニュースを見ました。

この道路は終戦直後に計画されていたものの、用地買収が難航したため、完成までに68年かかったそうです。

2020年に予定されている東京オリンピックの際には、選手村や競技会場を結ぶ重要路線にもなるようです。

この道路は、計画から完成まで実に長い期間を要しましたが、私が思うに、東京は実に短期間のうちに変貌を遂げるような気がします。

特に、ターミナル駅周辺では、知らないうちに新しい通路が出来たり、地下道が隣の駅近くまで伸びていたり、その変化というのは驚くほどです。

それに比べて、私の住んでいるところはというと、周囲の家は新しく建て替えられたものの、何十年もの間、ほとんど景色に変化はありません。ある意味、驚くほどです。

でも、そんな東京も、江戸と呼ばれていたころには、とてものどかな風景が広がっていたようです。

先日のはてなブックマークニュースで、そんな時代を楽しめる「錦絵でたのしむ江戸の名所」というサイトが紹介されていました。

国立国会図書館が公開したもので、江戸の名所103ヵ所を描いた484点の錦絵を掲載しています。

「現在の地図から探す」、「江戸切絵図から探す」、「キーワードから探す」、「絵師から探す」の四つの検索方法があります。

絵を鑑賞する以外にも、文字と絵に隠された意味を当てる「江戸名所判じ物クイズ」で頭の体操も出来ます。

江戸時代の東京は、世界的に見てもすでに大都市だったようですが、それでも今回道路が開通した虎ノ門あたりの風景は、緑も多くて実にのどかに感じます。

皆さんも、ぜひ昔ののどかな江戸の町をご覧になってみてください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

コメント

No title

コンタローさん
 こんばんは

68年...もの心のついた時からですと
人の一生ですね。

昨年、渋谷の駅で下りて ビックリです。
経緯を知らない者にはまるで3次元の迷路でした。

南高麗、もう何十年も変わらないですね。山の向うの原市場
側の変化は急激でした。
調整区域とそうでない地域の差に
よって変わり方が極端ですね。
(今となってはどちらが良かったのか分かりませんが)

飯能市の都市計画図(昭和41年)をみてみると大河原、南台(美杉台)は道路と用途が描かれています。
今も工事をしていますが、
計画から既に50年近くかかっています。

振り返ってみると時の流れが速いです。

大河原地区の龍崖山頂に碑があります。

後ろのほうだけですが

四十五ヘクタールを開放譲渡し私達の将来の幸福と栄伸並びに此の地の
高度利用を祈念し残された唯一の山の嶺に私達はいつまでも此の美しき山城龍崖
を愛守すると共に世代の移り変わりをしのんでここに碑を建立す 頂きにて
昭和四十九年三月吉日 共有者一同記す

この49年より以前に計画があったのでしょうから
約50年で未だ工事l中です。

永い 長い 計画ですね。

>奥武蔵の山人さん

山人さん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

都会は、知らないうちにどんどん新しいものが出来ますよね。しばらく出かけないでいると、もう浦島太郎状態になってしまいます。渋谷も、ずいぶんと変わったでしょうね。迷子になるのは、必至のような気がします。(笑)

それにくらべると、私の住んでいるところは呆れるぐらい変わりません。調整区域というのも、どうなのでしょう?

まず、人の出入りがありません。周りじゅう、古くからの顔見知りなのは良いのでしょうが、新しい人が入ってこないので、高齢化が進むばかりです。畑も、やれる人が少なくなって来ていて、荒れ放題の場所もあります。

何でもかんでも開発してしまうのが全て良いとも思いませんが、あまりにも変わらないのも考えものだと思うのですが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる