FC2ブログ

「Yahoo! エンディング」

MC900349611.png皆さんにも同じような経験があるかもしれませんが、時々お邪魔しているブログが、全然更新されなくなった事がありました。

それまでは頻繁に更新されていたのに、1週間たっても、1か月たっても、全く更新される気配はありませんでした。

ブログを更新する義務はないし、やめたい時にはやめてしまえばよいのでしょうが、何の音沙汰もなくぱったりと更新がストップすると、何だか気になるものです。

ひょっとすると、このブログも何の音沙汰もなく長期間更新がなかったら、いったいどうしたのかと思われるかもしれません。いや、全く気にされないかもしれないけど・・・。

先日のインターネットコムで、ヤフーが亡くなった利用者の保存したデータを削除したり、課金を停止したりする「Yahoo! エンディング」というサービスを開始したという記事を読みました。

ユーザーが亡くなった際には、最大200人にメッセージを送付する機能もあるそうです。

どうやってユーザーの死亡確認をするかというと、自治体が発行する火葬許可証で確認するので、なりすましの心配はないとの事です。

インターネットが普及し始めたのは、90年代後半あたりなのでしょうか?その当時は、まだこんなサービスは需要がなかったでしょう。

でも、誰でもがブログやSNSを利用し、ネットを見るだけでなく自ら参加する時代になると、このようなサービスも必要なのかもしれませんね。

お邪魔していたブログが更新されなくなったのは、こういう理由からではないと思うのですが、私の死後、このブログはどうなるのか具体的にイメージ出来ません。

でも、それ以前にやめてしまう可能性が高いのかな?今でも、週5回更新するのに青息吐息なのですから・・・。(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

コメント

No title

コンタローさん
こんばんは

エンディング・・・
確かにそういう事態は必ず訪れますよね。
私なんか、指折り数えると両手までもつかどうか(笑)
仕方ないので、
子供に何か有ったら
ブログの場合は それなりの あいさつ文を載せて
一定期間がきたら閉じるように
頼んでおこうと思っています(笑)
そうしないと
電脳空間がゴミだらけになりそうで・・・

>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

私も、平均寿命から考えれば、すでに人生の折り返し地点をとっくに過ぎているわけです。普段はあまり考えていなくても、こんなサービスが始まったという話を読めば、そういう事も考えておかなくちゃいけないのかなとも思います。

それに、不慮の事故である日突然・・・なんて事も、誰にでも起きうる事態ですよね。そんな時は、山人さんのように、ブログに何らかの挨拶を載せたい気がします。

実態はわかりませんが、そういった理由でネット上にいつまでも放置されているものはたくさんあるのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる