FC2ブログ

血液検査と認知機能の関係

foods_0038.png先日のYOMIURI ONLINEで、血液検査のいくつかの項目の数値が低いと、認知機能の低下が起きやすいという記事を読みました。

東京都健康長寿医療センター研究所のグループが、群馬と新潟の70歳以上の1,149人を調べた研究結果だそうです。

記事によると、認知機能の低下が起きやすいのは、赤血球数、HDL(善玉)コレステロール値、アルブミン値が低い場合で、その程度は値が高い人に比べて2~3倍になるそうです。

赤血球は鉄分、コレステロールは脂質、アルブミンはたんぱく質の状態を示していて、それらの数値が低いという事は低栄養の状態で、その状態が将来の認知症リスクを高めるのだとか。

最近では、高齢者ほど肉を(適度に)食べた方が良いと言われていますが、認知機能を維持するためには、「粗食よりも肉や魚、牛乳などを積極的にとった方がいい」という事です。

私の場合、過去の血液検査ではHDLコレステロールの値が低かったのですが、こんな話を聞くと、ちょっと不安になります。その代わり、悪玉コレステロール値は高かったけど、それじゃあダメなのかな?

高齢化が進む世の中で、今後ますます認知症の高齢者が増えるのではないかと予想されているようですが、アメリカでは人間の記憶を電子機器に保存する研究が行われているそうです。

脳内にメモリやハードディスクが内蔵されていれば、記憶障害になっても、新たな記憶を保存する助けになりそうですね。

ただ、この話はまだ研究中で、いつ実用化するのかはわかりません。それに、電子機器は故障する可能性だってあるわけです。

それを考えると、栄養がある食事を適度に食べて、何とか自前の脳に頑張ってもらう方が良いのかもしれませんね!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
 こんばんは

私が物忘れが増えてきた理由が解明しました(笑)

生活習慣でしょうか
基本的に肉よりも野菜を好んでいたのです。

以前は年齢が有る程度いったら肉よりも野菜を
摂るほうが良いなどといわれていました。
野菜が好きだから年をとっても大丈夫かなと
思っていましたが、
 仰せの様に最近は齢がいっても
肉を食べるように薦められる場合が有りますね。

同じように、時代によって
子供の頃は運動しても水を呑むな!
飲むと血が薄くなる・・・小学校の先生から
最近は水分そ充分に摂る様に云われています。

齢をとって基礎代謝が減っているのに
肉を食べるとメタボに…

私のような者にはそのたびに
右往左往します(笑)


>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

時代が変わるにつれ、色々な研究結果が出て、様々な事が言われますよね。その中には、昔言われていた常識が覆されるようなものもあります。

以前だったら、トシを重ねたら肉より野菜と言われていましたよね。運動中の水分摂取だって、私たちが子供のころとは真逆の事が言われるようになり、今では水分摂取するのが常識です。

でも、トシを取ると、あまり脂っこいものは食べたくなくなってきますよね。(笑)

あまりコロコロと変わっては何を信じて良いのかわからなくなりますが、この先10年か20年もして、今言われている事と正反対の事が言われるようになったりはしないんでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる