FC2ブログ

浮いて待て

natu_0036.png毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?学校が夏休みのこの時期、増えるのが水の事故です。

先週、関東のローカルニュースを見ていたら、川の対岸に取り残された女性が救助されたというニュースをやっていました。

画面を見ると、そこは中学の頃に私がよく泳いだ場所でした。対岸は切り立った岩場になっていて、泳いで渡ったとしても、上まで這い上がるのは無理です。

確か、去年の夏には同じ場所で大学生が亡くなっています。今はどうかわかりませんが、あの当時は深いところで7~8メートルほどあったと思います。

水難事故というと、何となく海の事故を思い浮かべますが、このように川での事故も多いようです。

川底というのはかなり滑りやすいもので、ビーチサンダルなどで歩いて苔の生えた石に乗ると、すぐに滑って転んでしまいます。その時、焦ってしまうと、立ち上がれなくて流されてしまうのでしょうか?

下流部はともかく、川遊びをするような上流部は、流れがゆるくて深い淵と、流れがあって比較的浅い瀬が連続しているものです。

焦りさえしなければ、多少流されてもどこかで立ち上がれるかもしれません。過去に記事にしましたが、こんな経験もあります。

海の場合は、「浮いて待て」というのが鉄則なんだそうです。

先月末、静岡県伊東市沖で行方不明になった男性が仰向けに浮いたまま漂流し、約40キロ離れたところで救助されたというニュースがありました。

やたらと動き回らずに、ただ浮いていただけで体力を温存できたのが助かった原因なのかもしれません。

テレビでやっていましたが、溺れる人は「助けて~!」なんて言わないものらしいです。そんな事を言う余裕もなく、静かに水中に沈んでいくものなのだとか・・・。

特に、小さいお子さんを水辺につれていく時は、絶対に目を離してはいけません。また、飲酒して水に入るのも危険みたいです。

来週あたりは夏休みという方も多いかもしれませんが、どうか水の事故に遭わないようこの夏を楽しんでください!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる