FC2ブログ

溺れる人は静かに沈む

swimming_obore.png毎日暑い日が続いていて、プールや海水浴、川遊びなどには絶好の季節です。でも、それに伴って水の事故も増える時期ですね。

先日のGIGAZINEで、溺れている人は静かに水の中に沈んでいくという記事を読みました。

記事の中では、実際のプールで溺れる人を見つけられるかどうかの動画を紹介していました。溺れている人を見つけたら、クリックするというものです。

動画を見ると、何しろ人は多いし、ただ水にもぐっているだけなのか、溺れているのか、素人にはさっぱりわかりません。でも、さすがに監視員はすぐに見つけるものです。

記事によると、ほとんどの場合、溺れている人が声を上げて助けを求めるのは不可能なんだそうです。

これは、考えてみればわかりますよね。もし、水面に顔を出すことができたとしてもそれは一瞬で、呼吸するのが精一杯です。助けを求める余裕なんてないはずです。

昔、川でいとこが水没した事件がありましたが、溺れている間は声を発することはありませんでした。でも、私が助けなかったので、浅瀬にたどりついたときは大声で怒っていましたけど。(笑)

その時は、私は川の流れや川底の状態までわかっていたし、すぐに水深が浅くなることを知っていたからそうしたのですが、初めて訪れた場所では、そういうわけにはいきません。

私は海なし県に住んでいるので海のことはよくわからないけど、それでも海水浴に行ったときには、前後に打ち寄せる波だけじゃなくて、横への流れも結構強いことに気付きました。

いくら泳げると言っても、水を甘く見ると痛い目に遭いそうです。特に、飲酒して水の中に入ることは大変危険らしいので自重しなければいけません。

また、お子さんからは目を離してはいけません。もし、水の中に沈むようなことがあったら、私のように見ているだけでなく、すぐに助けてあげてください。

どうか、どなたも事故のないようにこの夏をお過ごしください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : おすすめサイト - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる