FC2ブログ

丑三つ時

time4_yoru.png先日の夜、寝床でふと目が覚めました。いったい、今何時頃だろうと寝ぼけた頭でしばらく考えていました。

耳を澄ましても、道路を車が通る気配もありません。さらに何か音がしないかと思っていたら、虫の声が聞こえてきました。

音を聞いていてもさっぱり時刻はわからないので、しかたなく眠い目をこすりながら時計を見ると、午前2時半に近い時刻でした。

そのくらいの時刻って、昔で言えば丑三つ時だったよなぁと思ったのですが、丑三つ時って何時頃までを言うのかまではわかりませんでした。

翌日、調べてみると、丑三つ時は午前2時から2時半ごろということのようなので、あの時はまさに丑三つ時だったわけです。

ここから先は、その時に寝床で考えていたくだらない話です。お忙しい方は、読まない方が時間の節約になるかもしれません。もっとも、くだらない話は毎度のことかもしれませんが・・・。

さて、その時考えていたのは、丑三つ時というのは「草木も眠る」と形容されますよね。今でこそ、街灯があるから夜道でもそれなりに明るいけど、江戸時代あたりだったら、夜はさぞかし暗かったでしょう。

草や木でさえも眠る時刻と考えるのも、当然だったのかもしれません。そして、そんな時は、やはりおどろおどろしい何者かが出現する時刻だったと考えられたのでしょう。

そして、そんな記憶が遺伝子の中に刷り込まれているのかどうかわかりませんが、現代人の私も「草木も眠る丑三つ時」と聞けば、条件反射的にそんな光景を思い浮かべていたのでした。

でも、先日の夜に考えたことは、それとはちょっと違うものでした。「草木も眠る」という形容は、よ~く考えてみると、ものすごくメルヘンチックな感じに思えたのです。

だって、道端の草や木が眠るんですよ。それは、まるでディズニーの物語の一場面のような気がしたのです。

そう考えると、あのおどろおどろしいイメージは消え、昼間はチョウが飛び交ったお花畑も夜になると寝息を立て、目や鼻が付いている木は、鼻ちょうちんを膨らませながらいびきをかく光景が浮かんできたのです。

これは、私だけの感覚なのかもしれません。「草木も眠る丑三つ時」と聞いて、こんな光景は思い浮かばないという人の方が多いでしょう。

ひょっとすると、お前の頭の中に蝶々が飛んでないか?と心配されているかな?(笑)

とにかく、こんなくだらないことを考えているうちに、いつしか再び眠りについたのでした。そして、家の中のどこかで虫が鳴いてるような気がした時には、目覚まし時計が鳴って起床時間となっていたのでした。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
こんばんは
 丑三つ時ですね。
普通の人はほとんどぐっすりと寝ている時ですが、
何故か私のような不良高齢者は起きていることが
あります(笑)
 
草木も眠る・・・鼻ちょうちん、なるほどとおもいましたわ
仰せの様にこれだ丑三つ時もガラッとイメージが
変わって面白楽しのメルヘンの世界ですね。


>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

大変くだらない話にお付き合いいただき、恐縮です。寝床でぼ~っとしているうちに、こんなことを考えました。

この話はたまたま今週のことなのですが、夜中に目が覚めることはしょっちゅうあります。若いころは、朝が来ても気付かないほどよく寝ていたものですが、最近はしばしば目が覚めるのです。なぜなんでしょう?

それにしても、丑三つ時まで起きていられるとは、たいしたものですね。私なんか、夜はすぐ眠くなっちゃって・・・。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる