FC2ブログ

歴史的快挙

sport_rugby_ball.png皆さんもすでにご存じでしょうが、イングランドで行われているラグビーワールドカップで、日本代表が世界ランク3位の南アフリカに勝ちました。

試合終盤まで接戦を演じていて、すでにロスタイムに入った時間帯での実に劇的な逆転トライでした。

誰が見ても分かることですが、勝敗の分かれ目は試合終盤のペナルティの場面でした。

29対29で迎えた南アフリカのペナルティの時、相手チームはペナルティゴールを選択して成功し、3点リードしましたが、終了間際の日本が得たペナルティでは、スクラムを選択しました。

この時、日本もペナルティゴールを選択して成功すれば32対32で同点となったわけです。でも、あえてそれをせずに、トライを狙い行きました。同点よりも、勝利することを目指したわけです。

もちろん、絶対にトライをとれる保証はないわけですが、あえてそれを選んで逆転したのは素晴らしいことです。

今までの日本代表は、善戦していても、後半20分過ぎぐらいにはスタミナ切れなのか、相手チームに突き放されるパターンが多かったように思います。

でも、今回はスクラムも何とか踏ん張れたし、モールを押し込んでトライもとったし、フォワードは健闘したと思います。

攻撃面では、相手につかまっても、次々にフォローがあってボールが繋がりました。ディフェンス面でも、二人がかりのタックルなどで大きい相手の出足をよく止めていました。

また、キッカーのペナルティゴールの精度も大変なものでした。あのように競っている試合では、ペナルティゴールが決まるか決まらないかも大きなポイントになってきます。

でも、いくら日本代表を応援していたとしても、正直言って私は勝つとは思っていませんでした。

ラグビーは、直接身体と身体がぶつかるスポーツですから、どうしても身体の大きい外国チームが強く、番狂わせが少ない競技です。

日本がランキングのベスト3の国に勝つのは、例えて言えば、100メートルで日本人がボルトに勝つようなものだと思っていました。それほど、この勝利は快挙だったと思います。

残念ながら、第2戦のスコットランドには負けてしまいましたが、中三日という強行日程で、疲れが残っていたのでしょう。細かなミスが目立ったような気がします。

でも、まだ残りの試合もあるので、ベスト8を目指して頑張ってほしいものです。

今、日本のラグビー人気は低迷していますが、70年代後半あたりには、国立競技場に観客が入りきれないほどの人気カードもありました。

次回のワールドカップは、2019年に日本で開催されます。この勝利をきっかけに、再びラグビー人気が盛り上がることを期待したいと思います。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる