FC2ブログ

糸こんにゃくと白滝

food_shirataki_itokonnyaku.png先日のITmediaニュースで、糸こんにゃくと白滝はどこが違うのかという記事がありました。皆さんは、その違いをご存知ですか?

記事によると、江戸時代の関東では、白滝は細い穴にこんにゃくの液を通して作っていたそうです。

それに対して、関西では板こんにゃくを細く切って糸こんにゃくを作っていたということなんです。

こんにゃくを切って糸こんにゃくにするというのは、ちょっと難しそうですよね。こんにゃくはグニョグニョとした感じなので、切りにくそうな気がします。

でも、今では両者とも細い穴に通して作っているそうで、主に関東地方で白滝、関西地方で糸こんにゃくと呼ばれているとのことです。

私は、両者には明確な違いがあるように思います。まず、白滝の方がその名が示すように、糸こんにゃくより白いように思います。

また、一般的に、白滝の方が糸こんにゃくより細いような気がします。糸こんにゃくは、太さのバリエーションがあるようにも思います。スーパーでは、白滝ぐらいのものから、もっと太いものまで見かけませんか?

同じコラムで、お刺身とお造りはどう違うのかという記事もありました。皆さんもご存知のように、両者とも同じものですよね。

その違いは、武家社会の関東では「切る」という言葉は縁起が悪いとされ「切り身」ではなく「刺身」になり、関西では、昔から魚を切ることを「つくる」と表現していたため、「お造り」になったんだそうです。

このあたりの理由は、ウナギのさばき方が関東と関西で違うという理由と似ていますね。

最近では、関東でも「お造り」という言葉を聞きますが、私が初めて「お造り」という言葉を聞いたのは、大阪にいた時だったような気がします。

武家社会かそうでないかによって、関東と関西では作法や呼び名が違うものも色々あるのかもしれませんね。

そういえば、マクドナルドのことを関東では「マック」、関西では「マクド」と呼んだり、アイスコーヒーを関西では「レイコー」と呼んだりしますが、あれも武家社会と関係があるのかな?(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
こんばんは
 
恥ずかしながら
糸こんにゃくと白滝はおなじものだったんですかあ!
 おかげさまで
初めて知りました。
似たようなモノだとは知っていましたが・・・

関東と関西の違いなんですね。

若い時に仕事で関西に何日か・・・
 あれが普通なのでしょうね
いやあ 厳しいですね関西は
買う立場でしたら良いのでしょうが
売る立場は・・・私には無理でした(笑)






>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

私の感覚では、糸こんにゃくと白滝は微妙に違いがあるような気がするのですが、読んだ記事の中では同じもののように書いてありました。

関東と関西は、色々違いがありますね。商売に関しては、やはり商人の町に軍配が上がるのではないでしょうか?

あちらでは買い物の時に値切るのが当然という雰囲気があるようですが、私にはそういう感覚がないので、なかなか値切れませんでした。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる