FC2ブログ

「Watt a Box」

food_fried_chicken.png先日のGIGAZINEで、奇妙な記事を読みました。あのケンタッキーフライドチキンが、チキンを食べながらスマホの充電ができる専用ボックスを開発したというのです。

「Watt a Box」というもので、インドのデリーとムンバイの数店舗で行われた試みだそうです。

フライドチキンが入った箱の側面に、電源ボタンやMicro-USBポート、USBポートがあり、6100mAhのバッテリーが搭載されているのだとか。

実際にiPhoneを充電してみたところ、30分間で17%充電できたそうですが、すぐにバッテリー残量がなくなってしまったそうです。

最初にこの話を読んだ時は、何かの冗談かと思いました。でも、エイプリルフールはとうに過ぎています・・・。

そもそも、スマホを充電するのに、なんでわざわざフライドチキンが入った箱を使う必要があるのでしょう?

記事にもあるように、バッテリーの容量が小さくて、たいして役に立たなかったようだし、普通にコンセントから充電した方が間違いないですよね?

私の頭の中は、はてなマークだらけになりましたが、どうやら冗談ではなくて、実際にあった話のようです。

この話に限らず、ネットの記事を読んでいると、たまにそれは冗談なんじゃないか?と思うような話を見つけることがあります。

そのようなユーモアある話を素直に受け取れなくなっているのは、やはり頭が固くなっている証拠なんですかねぇ?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる