FC2ブログ

高温注意

taiyou_sunglass.png関東はまだ梅雨明けしていないので、ここしばらくはあまり感じませんが、すでに梅雨明けした地方では、夏の日差しが降り注いでいることでしょう。

こんな時って、炎天下に駐車した車に乗り込むのには、それなりの覚悟が必要ではないでしょうか?

真夏の炎天下に駐車した車の中というのは、ほとんどサウナ状態になっていると思います。

先日のGIGAZINEで、JAFが行った「夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?」という実験について紹介する記事を読みました。

実験は、同じ5台の車を用意して、車内温度が55℃になった時点で、5名のモニターがそれぞれ違う方法で車内の温度を下げることを試みるというものです。

車内温度の変化は、温度センサーを運転席と助手席の中央の乗員の顔の位置にセットして、経過時間ごとの温度を測定したそうです。

試した方法は、助手席の窓を開けて運転席のドアを5回開閉する方法、や窓を閉めたままでエアコンを外気導入で運転するなどの5つの方法です。(詳しくはJAFのサイトに記載されています。)

その結果、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走行し、2分後に窓を閉めてエアコンを内気循環にした場合が一番温度が下がったそうです。

私も、車内が暑い場合は、窓を全開にしてエアコンはファンだけ回し、しばらく走って暑い空気を追い出しています。この実験結果からすると、あまり間違ったことはやっていなかったようです。

でも、車内温度が下がっていても、うっかりダッシュボードをさわったりするとすごく熱くなっていることがありますよね。私は、ハンドルを触った時に火傷しかかったことがありました。

熱いからと言って手放し運転はできないので困ってしまいましたが、そんな時には自動運転カーが便利なのかもしれませんね。(笑)

冗談はともかく、夏の車内は高温になります。お子さんを乗せたままにしたり、樹脂製品を置きっぱなしにしたりしない方が良さそうですね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる