FC2ブログ

泥酔の法則

futsukayoi_20161004185911697.png先日のGIGAZINEで、「酔っ払いは自分がどれくらい酔っ払っているか正確に判断できないことが科学的に判明」したという記事を読みました。

経験のある方も多いと思いますが、飲んでいる時に、自分の状態を冷静に判断するのは難しいですよね。

これは、ウェールズのカーディフ大学の研究チームが、バーやクラブで飲酒している人たちが、自分の「酔っ払い度」と健康への影響をどの程度判断できるかを調査したものだそうです。

研究チームは、数ヶ月間にわたり毎週金、土曜日の20時と3時に異なる4つのエリアで、異なるグループから1人を無作為に選出するために、7番目に会った酔っ払いに協力を依頼し、計1,862人を対象に調査したということです。

調査内容は、呼気アルコールテストで正確な酩酊レベルを調べると同時に、以下の4つの質問をして、1~10のレベルで答えてもらったそうです。

1.あなたは今どれくらい酔っていますか?1(全くの冷静)~10(完全に泥酔)
2.今夜はどれくらい飲みましたか?1(全然飲んでいない)~10(完全に極限まで)
3.もし毎週末に今夜と同じくらい酔っ払ったら今後15年でどれくらい健康に不調を来すと思いますか?
 1(絶対に不調を来さない)~10(確実に不調を来す)
4.もし毎週末に今夜と同じくらい酔っ払ったら今後15年でどれくらいの可能性で肝硬変になると思いますか?1(絶対にならない)~10(確実になる)

呼気のアルコールテストと質問の回答を比較すると、飲んでいる人々は、血中アルコールの濃度を正確に把握しおらず、周囲の人たちの状態によってもっと飲むかどうか判断していたことがわかったそうです。

酔っ払いに酔っているかどうか質問しても、「酔ってない!」という答えが返ってくるのはある程度予想が付くものです。

その結果、電車で下車駅を通り過ぎたり、場合によっては、道路で寝ていたりするわけですね。

私は、道路で寝ていたことはないけど、居眠りして乗り過ごしたことはたびたびあったし、朝、布団の中で目覚めて天井の模様をぼ~っと眺めていて、「ここはどこだ?」と焦ったこともありました。

でも、前夜の記憶を冷静にたどってみると、さんざん飲み歩いた結果、一緒に飲んでいた友人のアパートに転がり込んだのでした。天井の模様が、いつもと違うはずです。

若いころは無茶をするものですし、仲間と飲んでいると、ついつい楽しくなって飲み過ぎてしまうものなんですよね。

でも、これから気温が下がってくる季節です。酒を飲んで冷静でいるのは難しいことですが、飲み過ぎて屋外で寝込んだりしないようお気を付けください!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる