FC2ブログ

歩行速度と寿命の関係

pose_genki07_ojiisan.png先週の金曜日の記事で、高齢者の運動能力がアップしているという話を書きました。その理由は、日常的に運動を続けている高齢者が増えているということでした。

実際、ウォーキングしている高齢者を見かけることは、大変多くなりました。

しかも、さっそうと歩いている方が多いように思います。むしろ、若い人の方が、姿勢が悪かったり、足を引きずるようにしてだらだらと歩く人がいたりするような気がします。

先日のAll Aboutで、歩行速度と寿命の関係についての記事を読みました。それによると、歩行スピードが速い人は、寿命が長いというのです。

これは、2011年にアメリカの科学雑誌に発表された論文によるもので、65歳以上の34,485人を対象に、6~21年間にわたり調べたものだそうです。

調査したところ、平均的な歩行速度は1秒間に0.8メートルで、1秒間に1メートル以上歩く人の寿命は、平均的な速度の人より長いことが明らかになったとか。

歩くという行為は、何気なく行っている行為ですが、実際のところはかなり複雑な行為で、神経系や筋肉、呼吸、循環系など、全ての働きを正常に組合わせることで行えるものなんだそうです。

逆に言えば、歩行速度が遅い場合は、それらの機能のどこかに異常が起こっていたり、非効率的な身体の使い方しているサインになりうるということです。

従って、歩行速度を調査することにより、速度が通常時より遅くなった場合、身体のどこかに異常が起こっていると考えることができるというわけです。

しかし、歩行速度が速ければ寿命が延びると言っても、ただ早足で歩けば良いといった単純なものではないようです。

ウォーキングを続けることにより、次第に身体が鍛えられ、自然な結果として歩く速度が上がればそういった効果があるかもしれないということのようです。

健康維持のためには、継続的な運動が効果的ということなのでしょう。その「継続」というのが、一番難しいところではあるのですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
 こんばんは
あら~今回は私のための記事かと思ってしまうほど
ですね。

私は歩くだけは早いのですよ~
まあ、普通に歩けば私より早く歩く人はめったに
いません。
それで、心臓を早く使い切ってしまって
早く寿命が尽きると思っていたのですが
そうでもないのですね。
 団体行動は別にして
一人では常に歩きの癖ですね。

まあ、その分仕事が遅いし
さらに物覚えも遅いときています(笑)


>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

山人さんは、歩くスピードが速いのですね。ということは、長生きできる可能性が高いのかもしれませんね。

少なくとも、今は心肺機能や筋肉など、身体の機能のバランスが良いのではないでしょうか?

歩くことは、きっと認知機能とも関係するでしょうから、山人さんはボケる可能性も少ないのではないでしょうか?将来の健康面の不安が少ないのは、何よりです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる