FC2ブログ

新発売

kaden_cassette_tape_20170216083807bde.png先日のR25の記事で、ある製品が発売されるという記事を読みました。そのある製品というのは、カセットデッキとCDの複合プレイヤーなのです。

オーディオメーカーのティアックが発表したもので、AD-850という製品です。

ティアックという会社は、オーディオ機器の老舗で、かつてはカセットデッキの高級機種などを作っていましたが、私はなぜ今さらカセットデッキなのか?と思ってしまいました。

でも、記事によると、最近ではカセットテープの人気が高まっているのだそうです。

ちょっと前から、レコードにも注目が集まっているようですから、音楽の場面では、アナログ人気が復活しているということなのでしょうか?

この製品は、カセットやCDの再生の他に、カセットからCDやUSBへの録音や、その逆も可能になっています。

こういった製品は、アナログの音源をデジタルにするためにあるのかと思いましたが、逆にデジタル音源をアナログ化することもできるというわけです。

私が一番最初にCDプレーヤーを買ったのは、80年代半ばごろだったと思います。それ以前は、レコードを聴いていたわけです。

CDに代わって、その使い勝手の良さには感心したものです。レコードの場合は、盤面のホコリが気になったものだし、CDのように簡単に頭出しなんてできませんからね。

いつのまにかレコードは店頭から見かけなくなってCDとなりましたが、カセットテープというのも見かけなくなりましたよね。今でも、売っているのかな?

昔は、レコードをいちいち引っ張り出すのも面倒なので、新しいレコードを買うたびにカセットにダビングして聴いていたものです。

今でも、昔のLPレコードはしまってあるし、カセットテープも大量に眠っているはずです。LPはどこにあるのかわかるけど、カセットはどこにしまったかな・・・。

そんな私のような人間にとっては、このような製品はアナログ音源をデジタル化するのには便利なのでしょう。

ただ、ドルビーなどのノイズリダクションシステムは搭載されていないようです。ドルビーで録音したものは、ドルビーで再生するのが基本なので、その点はちょっと残念かもしれません。

それでも、こういう製品が注目を浴びると、アナログオーディオの人気は、ますますアップするのかもしれませんね。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる