青と緑

wakaba_shinryoku.png先日のITmediaニュースで、東北大学電気通信研究所などの研究グループが行った、色名に関する調査結果についての記事を読みました。

記事によると、この調査で日本人に共通する19色の色名がわかったということです。

実験は、57人の参加者に330色の色見本を見せて、「赤」、「黄」、「緑」など単一の色名(「黄緑」や「薄紫」などは禁止)で呼んでもらい、統計的に解析するという手法で行われたそうです。

人間の視覚は100万もの色の違いを見分けられるそうなのですが、言葉として使われる色名はごく少数に限られていて、言語の発達とともに変化してきたということです。

実験の結果、日本語の色カテゴリーは、赤、緑、青、黄、紫、ピンク、茶、オレンジ、白、灰、黒の11の基本色に水色、肌色、抹茶、黄土、えんじ、山吹、クリームを加えたものだということがわかったそうです。

中でも水色は被験者の98%が使用していて、日本語の基本色カテゴリーの12番目の色名の有力な候補に成り得るとのことです。

30年前の研究では、同一の色に対して青と水色を区別なく使う参加者が多く、また、黄緑を「草色」という人が多かったようですが、それが今回は「抹茶」に置き換わったということです。

確かに、最近は色々と抹茶味のお菓子がありますからね。実験で黄緑という言い方を禁止されると、抹茶という表現が思い付くのかもしれません。

このような結果から、今回の研究で色の名前は時とともに変化することが示されたとしています。

その一方で、長く変化していないものもあるわけです。その例のひとつは「青」と「緑」の混用で、今回の研究では、平安以前の和歌におけるこの2色の用法についても調査したそうです。

その結果、「あお(を)」は、明らかに青いものでも緑のものでも用いられ、「みどり」も同様だったことがわかったそうです。その名残が、現在でも青信号や青葉という言い方にあるわけですね。

ただ、現代ではそれら一部の用例を除いては、青と緑は異なる色として認識されているわけです。

もう30年したら、どうなるでしょうね?それでも、「緑信号」という言い方にはならないように思いますが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる