FC2ブログ

健康県

food_omisoshiru_201706170635404a4.png先日の朝日新聞デジタルで、厚生労働省が発表した都道府県別の「年齢調整死亡率」についての記事を読みました。

調査によると、2015年の死亡率は男女ともに青森が最も高く、長野が最も低いという結果だったようです。

この調査は5年ごとに実施されるもので、都道府県の年齢構成の違いを統計処理によって揃え、人口10万人当たりの死亡数を算出したものだそうです。

全国平均では、前回調査より男性が544.3から486.0人、女性が274.9人から255.0人と下がっているようです。

そんな中で、長野県は男性が6回連続、女性が2回連続で死亡率が最も低い、言ってみれば健康県となったわけです。

長野に次いで、男性は滋賀、奈良と続き、女性は島根、岡山となっています。逆に、死亡率が高いのは、男性が青森、秋田、岩手、女性は青森、福島、茨城となっています。

東北方面の県が死亡率が高くなっていますが、これは保存食として塩分を多く使う食文化の影響ではないかということです。

しかしながら、健康県でトップの長野も比較的寒い地域だし、かつては塩分の取りすぎで脳卒中の死亡率が高かったそうです。

それが改善したのは、もともと野菜の摂取量が多かったという要因もあるようですが、みそ汁は一日一杯、麺類の汁は半分残すなど、具体的な減塩方法をPRしたという点が大きいようです。

それを考えると、死亡率の高い県も改善の余地はありそうですね。

ちなみに、私の住んでいる埼玉は、男性27位、女性12位という結果でした。女性の死亡率は、ちょっと高いのかもしれません。

ご自分の住んでいる都道府県の順位が気になる方は、厚生労働省のデータで、最初の表の「全死因」のところの順位をご覧下さい。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる