FC2ブログ

超音波洗浄機

music_record_disc.png最近、レコードの人気が、ひそかに高まっているようですね。レコードを聴いてきた世代以外の若い人の一部にも人気があるようです。

一時は見かけることもなかったレコードプレーヤーも、最近では新製品が紹介されることもあります。

日本レコード協会の発表では、2017年1~12月のレコードの国内生産枚数は106万枚で、2001年以来16年ぶりに100万枚を上回ったということです。

過去10年間では、2009年には10万2千枚まで落ち込んだそうですから、それから比べると10倍ほどに増えているわけです。

レコードからCDに切り替わった時代を知っている私としては、CDの方がコンパクトだし、頭出しも簡単にできて便利だと思うのですが・・・。

レコードと言うのは、何と言っても取り扱いが面倒でした。盤面に、やたらとほこりがつくわけです。

それを取り除くのに、色々な種類のクリーナーを試したものです。時には、木工用ボンドをパックのように薄く塗って剥がしてほこりを除去するなんて荒業をやったこともありました。

でも、時代は変わったんでしょうね。先週のインターネットコムで、レコード用の超音波洗浄機の記事を読みました。

エストニアにあるDegritterが開発したもので、レコードをセットすると、回転させながら超音波洗浄し、乾燥までしてくれるものなんだそうです。

見た目は、ポップアップ型のトースターみたいな感じです。洗浄の様子は、こちらの動画でご覧になれます。今後、市販化に向けて、5月8日からクラウドファンディングサイトで出資者を募るそうです。

超音波洗浄機というと、メガネをかけている私などは、メガネ店の店頭にあるものを思い浮かべますが、そのうち、レコード店の店頭にも、超音波洗浄機が備え付けられる日がくるのかも!?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
こんばんは
最近、レコードが見直されているようですね。
レコードの世代の者が懐かしいのは分かるのですが
CDしか知らない世代でもあの音を聴ための不便な手続が
面白いのかも知れませんね。
ターンテーブルを回して針を上手く落し、レコードならではの
ノイズを楽しむ・・・真空管アンプであれば音もそうですが、
温まるまでの間とガラス菅が赤く光るのを見ても癒されますね。

ボンドでパック・・・そういう方法もあったのですか!

>奥武蔵の山人さん

山人さん、おはようございます。毎度コメントありがとうございます!

> CDしか知らない世代でもあの音を聴ための不便な手続が
> 面白いのかも知れませんね。
なるほどねぇ、そういうことはあるのかもしれませんね。私のように、面倒なレコードからCDを聴くようになった世代は、簡単な方が楽だと思ってしまいます。

オーディオマニアの中には、真空管アンプを使う人もいるようですね。真空管の入手が難しいという話を聞いたこともあります。

最近では、カセットテープもひそかなブームになっているという話も聞きました。我が家には、レコードもカセットテープもたくさん眠っています。ひょっとしたら、お宝なのでしょうか?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる