FC2ブログ

依存症

smartphone1_boy.png先日の朝日新聞デジタルで、小中高生の7割以上がネットでゲームをしていて、その比率は年々高くなっているという記事を読みました。

これは、イヌはワンと鳴き、ネコはニャーと鳴くといった程度の指摘にしか過ぎないのかもしれませんね。

私が生きてきた時代と違って、生まれた時からネットがある時代なのですから、ごく小さいころからそれに親しんできているのは、自然なことなのでしょう。

ゲーム以外にも、SNSなどでネットを利用する時間は長くなっていて、内閣府の2017年度の調査では、小中高生の1日の平均利用時間は159分で、14年度より約17分伸びたそうです。

この記事を読んで、私の感覚ではたったの159分?と思ってしまいました。イメージでは、特に高校生などは四六時中、スマホをいじっているイメージがあったからです。

高校生の多くは、ほとんど依存症の域に達しているのではないかと思っていたのですが、厚生労働省の12年度の推計によると、ネット依存症の疑いがある中高生は約52万人だそうです。

依存症とやりすぎとの違いは、自分で制御できるかどうかや、心身の健康悪化、遅刻や不登校、家庭内暴力などの問題が起きているかいないかで判断されるということです。

ネットの依存症で圧倒的に多いのはゲームだそうで、国内で初めてネット依存症外来を開いた久里浜医療センターの患者のうち、9割を占めるそうです。

先月、隣町のとある大きな公園へふらりと立ち寄った時でした。その日は日曜日で、公園には多くの人がいたのですが、ちょっと異様な光景を目撃しました。

たくさんの人が、スマホの画面を眺めながら同じような方向へゆっくりと歩いて行くのです。例えは悪いかもしれませんが、その姿は何だか夢遊病者のように見えました。

その時は、何でそんなことをしているのかさっぱりわかりませんでしたが、後で気付いたのは、あれはきっとゲームをやっていたのではないかということです。

私はやったことがないのでさっぱりわからないのですが、例のポケモンを捕まえるゲームのようです。まだまだブームは続いているみたいですね。

私はヘビースモーカーだったので、ニコチン依存症ではないかと思っていました。でも、あることをきっかけにタバコをやめ、すでに5年以上が経過しました。

最初は、タバコなんか絶対に吸わないだろうと思っていたのに、いつしか喫煙が当たり前のことになっていました。

タバコを吸い始めたこと自体も考えてみれば不思議に思えるのですが、絶対やめられないと思っていたのがあっさり禁煙できたのも不思議に思います。

話は横道にそれましたが、ネットは大変便利なものです。若い皆さんも、依存症にならない程度に、ネットを楽しんで欲しいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる