FC2ブログ

ラフプレー

sports_ball_amefuto.png先日、アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、関学の選手が危険なタックルを受けて怪我をしたという記事を読みました。

最初、記事を読んだ時には、ああいうスポーツだから怪我もするだろうなぐらいに思っていました。

でも、後日、テレビでこのシーンを見て、これは酷いと思いました。ネットで、記事を読んだときには、ここまで悪質なプレーだとは思っていませんでした。

このシーンは、こちらのYouTubeでご覧になれます。青のジャージの関学の選手がパスを投げ終え、しばらく間が空いてから、赤のジャージの日大の選手が背後からタックル入っています。

私はラグビーは見ますが、アメリカンフットボールに関しては全くの素人です。ルールもほとんどわかりませんが、このタックルは酷すぎると思いました。

関学の選手は、パスを投げ終えたところで自分の役目は終わって、完全に力を抜いていたはずです。視線は、すでにボールの行方から外れてましたからね。

そんな状態で、まさかタックルされるなんて、考えもしなかったでしょう。例えてみれば、道を歩いていたらいきなり後ろから車に突っ込まれた感じだったのではないでしょうか?

ラグビーでもボールを持っていない選手にタックルした場合は、「ノーボールタックル」という反則になります。

防御をぎりぎりまで引きつけておいてパスをすることもあるので、パスした直後にタックルを受けることもあるでしょうが、それはタックルされる方も心の準備はできていると思います。

でも、関学の選手は、全く無防備で、あの状態でタックルされるなんて考えてもいなかったでしょう。

テレビのニュースを聞いていてちょっと驚いたのは、この日大の選手は、その後もラフプレーを続けた結果、退場になったという点です。

ラグビーだったら、最初のタックルの時点で少なくともシンビン(一時退場処分)になっていたのではないでしょうか?最近、危険なプレーに対するペナルティは、特に厳しくなっています。

こんなプレーが二度と起こらないことと、タックルを受けた関学の選手の一日も早い回復を祈るばかりです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる