FC2ブログ

リスクマネジメント

sports_american_football.png先日、アメリカンフットボールの危険なタックルの件で、被害者の父親が大阪府警に被害届を提出したという報道を聞きました。

先週、私も危険なタックルについての記事を書きましたが、ずいぶんこじれましたねぇ・・・。

つい先日、日大の監督が初めて公の前に姿を現して謝罪をしたものの、問題の終息には至らなかったようです。

一部では、あのプレーは監督の指示と言う話も出ていただけに、監督の口からそのことが語られるのかと思っていましたが、その点を聞かれても、答えずじまいでした。

当の本人がそこにいるのに、指示したかどうかについては語らなかったわけです。私は、インタビューを聞いていて、何とも釈然としない気持ちになりました。

昨日、渦中の選手が会見を開き、あのタックルは監督やコーチの指示でやったと話していました。監督は、全て自分の責任と言いながら、なぜ自分で言わずに選手に直接語らせたのでしょう?

あの問題がこんなに長引いているのは、日大側の対応のまずさでしょう。当の監督の謝罪が、問題が起きてから二週間近くもなかったわけですからね。

あのタックルがあった翌日にでも、とにかく謝罪に出向いていれば、相手の気持ちも少しは変わっていたのかもしれません。

その後、日大とのアメフトの試合は次々と中止になり、すでに他のアメフトの選手たちにも影響が出ているし、日大自体のイメージダウンも否めないでしょう。

聞くところによると、日大には危機管理学部という学部があるそうです。そこで、学ぶ必要がありそうですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん
こんにちは

前々日の渦中の選手と昨日の監督、コーチの会見を
チラッとテレビでみたのですが、
アレを観る限りでは選手はかなりの覚悟でしたね。
気の毒であり、立派ですね。
一方監督、コーチはいまひとつ歯切れが悪く
真相がよくわからないように感じました。
確かに対応が遅いし、他人事のようで
アレでは逆効果と思われますね。
危機管理学部・・・自学にそういうのが有るのを
知らなかった・・・?

>奥武蔵の山人さん

山人さん、こんにちは。毎度コメントありがとうございます!

選手の会見は、かなりの覚悟で臨んでいた感じですよね。でも、弁護士の方はいたけど、学校関係者はひとりもいなくて、彼は孤立無援で気の毒に思いました。

それに比べて、監督やコーチの会見は、おっしゃるように歯切れが悪く、かえって不信感が募るばかりでした。いい大人が、もう少し何とか対応の仕方がなかったものでしょうか?

一番の被害者は、何と言ってもタックルを受けた選手です。早く元の身体に戻るよう、祈るばかりですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる