FC2ブログ

線香花火

hanabi_senkou.pngこの週末は、暑い日が続きましたね。直射日光を浴びると、何もしなくてもじわじわと汗がにじみ出るような暑さでした。

室温は土曜日の午前中から30℃を超え、外は車が通る以外は、私を除いて、出歩いている人もいませんでした。あんな日は、外へ出てはいけないのでしょう。

でも、そんなに暑い日でも、夕方になると、ヒグラシの鳴き声が聞こえてきます。あの声を聞くと、何となく涼しくなったような気持ちになるものです。

さて、夏と言えば、各地で花火大会が開催されますが、お子さんがいるご家庭では、家で花火をする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先日のJタウンネットの記事で、線香花火の種類に地域差があるという話を読みました。

記事によると、線香花火には藁の先に火薬を付けた「スボ手」と、和紙に火薬を包んだ「長手」の二種類あるそうです。

ネットでのアンケートによると、関西から山陽、山陰地方などでは「スボ手」が一般的で、中部から関東、北海道は「長手」派のようです。(こちらのページの中ほどに地図があります。)

全体的には、スボ手派が30.2%、長手派が69.8%という結果だったそうですが、兵庫の91.7%、和歌山66.7%、大阪63.2%は、スボ手と回答しているそうです。

このようになった理由は、関西では米作りが盛んで、藁が豊富にあったためで、関東は藁が手に入りにくかったが、紙すきが盛んだったためにこの形になったのだとか。

私が遊んだのも長手のタイプですが、スボ手も見たことがあったかもしれません。でも、持ち手が藁だったかどうかは記憶にありません。細い竹ひごのようなものだった気もするのですが・・・。

このふたつの線香花火の違いは素材だけではなくて、楽しみ方もちょっと違うようです。スボ手は、火を付けたら、火先きを斜め上向きに持つんだそうです。

同じ線香花火でも、地域によってこんな差があるとは、この年になって初めて知りました。皆さんは、どちら派でしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる