FC2ブログ

声はすれども・・・

mushi_aburazemi.png先週、ちょっと早めに入浴した日がありました。時間は、7時ちょっと前ぐらいだったでしょうか?

まだ外はうっすらと明るい時刻でした。浴室の窓からは、さかんにセミの声が聞こえてきました。

アブラゼミやミンミンゼミの他に、この時刻によく耳にするのは、ヒグラシの「カナカナカナ」という鳴き声です。

ヒグラシは、その名の通り日暮れ時に鳴くセミです。実際には、早朝にも鳴きますが、いずれにしても涼しい時間帯に鳴くもので、日中に鳴いているヒグラシにはお目にかかったことはありません。

私は、湯船につかりながらヒスラシの声を聞いていたのですが、ふと思ったことがありました。ヒグラシの声はよく聞くけど、姿を見たことはないような気がするのです。

アブラゼミやミンミンゼミ、ツクツクホウシなどは、実際にその姿を見たことがあるのですが、半世紀以上生きてきたにもかかわらず、ヒグラシだけは見た記憶がありません。

その理由を考えてみたのですが、ヒグラシは昼間に鳴いていないからではないかと思い付きました。薄暗くなった夕暮れ時に、ヒグラシの鳴いているところをわざわざ見に行ったことはないのです。

ですから、実際にヒグラシがいなくて、木の幹にスピーカーが埋め込まれていて、そこからヒグラシの声が流れていたとしても、私にはわからないわけです。

ところで、他にも声は聞いても、姿を見たことがない生き物の存在に気付きました。それは、もう少し遅い時間に入浴した時に声を聞いたフクロウです。

フクロウは、ヒグラシよりもっと遅い時間から鳴き始め、深夜にも鳴いています。夜中に目が覚めると、どこかで「ホー、ホー」という鳴き声が聞こえて、それが次第に近付いてくることがあります。

これも、夜行性の動物ですから、声を聞くばかりで実際に見たことがありません。従って、ヒグラシの後にスピーカーからフクロウの声が流れていたとしても、私にはわからないのです。

ところで、この二つの生き物以外にも、夜行性ではないのにもかかわらず、また、声はよく聞くのに、私はその姿をめったに見ることがない生き物があります。それは、ウグイスです。

春から夏にかけ、ウグイスの声を聞かない日はなありません。それにもかかわらず、姿をめったに見かけないのです。

今年は、梅の木のあたりでさかんに鳴いていたときに、じっとそのあたりを見ていたら、逆光だったので、枝の間を動き回るシルエットがちらっと見えただけです。

このように、存在は認識していても、実際にその姿を見たことがない生き物は案外いるものですね。姿を見なくても、それらの生き物がいつまでも暮らせる環境であってほしいものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる