FC2ブログ

表現は難しい・・・

slump_bad_man_write.png先週、東京都がイベント用に製作した障害者スポーツをPRするポスターに批判が相次ぎ、掲示を取りやめたというニュースがありました。

ポスターにあった、あるキャッチコピーが問題となったそうです。

そのキャッチコピーは、パラバドミントンの杉野明子選手のもので、「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」というものです。

私は、杉野選手が自分自身に言い聞かせている言葉と受け取ったのですが、受け取る人によっては、障害の程度は人それぞれなのに、このような言い方は不愉快といった意見があったそうです。

確かに、一般論でこう言われてしまうと、そういう批判もごもっともな気もしますが、毎日新聞によると、このコピーは杉野選手が過去のインタビューで語った以下の内容が元になっているということです。

「健常(者)の大会に出ているときは、負けたら『障がいがあるから仕方ない』と言い訳している自分があった。でもパラバドでは言い訳ができない。負けたら自分が弱いだけ」というものです。

この言葉が、ポスターではセリフの形をとらずに使われたため誤解を呼んだということですが、デザインや、言葉の切り取り方など、表現の仕方次第で、受け手には本来の意図と違って受け取られる可能性があるわけですよね。

そこで思ったのは、このブログについてです。もう何年もやってきて、それなりの量の記事をアップしてきたわけですが、その中には、読む人を不愉快にする表現が多々あったのではないかと思うのです。

そもそも、文筆業に携わっているわけでもない素人の私が書いている心許ない日本語です。おかしな表現も、意図したことが正確に伝わっていない部分もたくさんあるはずです。

そもそも、私の記事にたいした意図があるわけでもありません。考えてみたら、よく恥ずかしげもなく続けてきたものです。

ここに、今までの失礼を改めてお詫びすると同時に、今後も失礼があるであろうことについて、先にお詫びしておく次第です。

今後も、失礼な部分がたくさんある予定ですが、何卒、ご容赦ください!?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

こんにちは

こう言っちゃあ なんですけんど

私も文筆業ではないし・・・
コンタローさんの文章は見事なもんですよ。

私のをご覧下さい。
まず、まともな日本語になっておりませんし
支離滅裂な文と
誤字、脱字の見本文を撒き散らしていますわ(笑)

以前は家人が見て、ここが違うと指摘してくれましたが
最近は呆れて見る気力も無いようです(笑)

機会がありましたら
是非このような誠実、爽やかな文をどうしたら書けるのか
ご指導を願いたいです。

>奥武蔵の山人さん

山人さん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

考えてみると、素人が好き勝手に書いた文章をお目にかけているわけですから、読んでいる方にとっては、こんな迷惑なこともないのかもしれませんね。でも、こうして記事を更新しているのは、年を重ねるにつれて面の皮が厚くなったせいでしょうか?

私も、誤字脱字はいっぱいあると思います。アップする前に見直してはいるのですが、どうも目が節穴のようで・・・。できれば、一番最初の記事から書き直したいと思うほどですが、もはやその気力はありません。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる