FC2ブログ

寝相

sleep_nezou_warui.png先日のAll Aboutで、寝相でわかる性格診断という記事を読みました。

1970年代に、アメリカの精神科医ダンケル博士が寝つく時の姿勢を4つのタイプに分類し、それぞれの姿勢に特有な性格がわかってきたということなのです。

その4つのタイプとは、仰向け、うつ伏せ、横向き、胎児型で、例えば仰向け型は、自己中心的で積極的、開放的、行動的な傾向があるそうです。

うつ伏せ型は、保守的で支配的な人に多く見られ、消極的で神経質、時間に正確な面があるということです。

横向き型は、最も一般的な寝方で、常識的な人で社会との適応が上手くいっている人が多いそうです。

また、この寝方には利き腕と向く方向に関連があり、右利きの人は右を下に、左利きの人は左を下にしがちというのですが、無意識のうちに利き手を守るためと考えられているということです。

胎児型に丸まって眠る人は、防御的で抑制が強い人に多く、眠っても自分を解放できない現れで、強い心理的ストレスにさらされているときにもこの寝相になりやすいそうです。

それまで違う格好で寝ていた人が、急に胎児型で眠るようになったときは、胃腸など消化器系の病気や、心理的ストレスの蓄積が原因ということもありうるそうです。

私は、最初は仰向けで、次に右を向き、その次は左と、だいたい決まっています。ただ、それからどうなるのかは、眠ってしまっては寝相に責任は持てません。

大人でも、一晩に10~30回の寝がえりをしているそうです。そうしないと、身体の一方だけに圧力がかかって、バランスが取れないんでしょうね。

たぶん、寝返りが多い人の方が元気なんでしょう。私なんか、とても体調が悪かった時、眠りについた時と起きた時の体勢が同じだったことがありました。

何回か寝返りを打って、たまたま目が覚めた時に同じ体勢だったのかもしれませんが、その時は寝返りを打った記憶がありませんでした。

もっとも、一度眠ってしまえば、その間の記憶はないのが普通かもしれませんけど・・・。

あまり寝相のことを考えていたのでは、不眠症になってしまいそうです。どんな体勢でも、自分が寝やすい恰好で熟睡するのが健康には一番なんでしょうね。

朝晩は、だいぶ気温が下がるようになってきました。今宵も寒くないようにしてお休みください。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる