FC2ブログ

キャラメル

caramel.png先日、Jタウンネットの記事で、お葬式の時のある風習についてのツイートが話題になっているという話を読みました。

その風習というのは、火葬の時に棺の中に10円玉を入れて火葬し、後でその10円玉を親族に配布するというものなのです。

記事の中では、北海道や東北地方の人からそのようなことをやっていたという声が寄せられていたようですが、私はそのような風習を見たことも聞いたこともありません。

ネットで調べてみると、北海道や東北の一部で行われている風習で、三途の川を渡るときのいわゆる六文銭の代わりに入れ、火葬後の10円玉はお守りになるそうです。

私の住む埼玉にはこういった風習はなくて、昨年の母の葬儀の際、六文銭は紙に印刷したものを入れた記憶がありますが、葬儀の際にちょっと変わった風習があったことを思い出しました。

どんなことかというと、昔は葬儀の際に、弔問客にキャラメルを配っていたのです。

今はやらなくなりましたが、私の祖父の葬儀の時(25年近く前)ぐらいまでは、やっていた記憶があります。

それもちょっと変わった風習だと思ったのですが、これもネットで調べてみると、秩父や茨城あたりで行われているという説と、全国的に似たような風習があるという説が見受けられました。

いずれも、お葬式の「ふるまい」や「もてなし」の意味があるようで、長寿で亡くなった時に配られるそうです。祖父は90歳でしたから、確かに長生きの部類に入ったのかもしれません。

あのころは、私の周囲では自宅で葬式をするのが普通でしたが、今では葬祭場で行うのが普通になりました。

昔に比べると葬儀のやり方も変わったものですが、場所によっては、昔ながらの風習が残っているところもあるようです。皆さんがお住まいの地域でも、そのような風習が残っているのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
ノートンライフロック
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる