FC2ブログ

雪予報早わかり

job_kisyou_yohou.png12月だというのに暖かい日が続き、冬はどこへ行ったのかと思えば、先週は一転して、寒い日が続きました。

先週の火曜日は、関東の平野部でも雪という天気予報だったので、慌てて対策をした人も多かったのではないでしょうか?

今年は、雪は降らないかな?とのんびり構えていた私も、関東の平野部で降るのなら、うちの方でも降るかもしれないと思って、慌ててスタッドレスタイヤに交換したひとりです。

そのちょっと前に、スーパーの駐車場で周囲の車を見まわした時に、すでにスタッドレスにしていた車を何台か見かけました。

そういった方たちは色々な面においてしっかりとしているのではないかと思うのですが、多方面においていい加減な私は、ついつい対症療法的な対応をしてしまうわけです。

しかし、火曜日の夜は冷たい雨は降ったものの、雪は降りませんでした。雪が降ったのは群馬県の前橋市で、気象庁によれば、関東の平野部としてはこの冬初めての雪だったそうです。

でも、考えてみれば、「関東の平野部」といっても、かなり漠然としています。ひと口に関東平野と言っても、いささか広いわけです。

いつかの大雪のように、朝から雪かきをせずに済んだのは良かったのですが、何となく拍子抜けしたような感じもありました。

それは、きっと天気予報の雪の予想の表現と、実際の降雪状況の乖離にあるような気がします。ストレートに言えば、天気予報はちょっと大袈裟に言い過ぎるような気がしないでもありません。

ところが、先日のテレビで 気象予報士の河津真人さんという方の「雪予報早わかり」というツイートが話題になっているという話をたまたま聞きました。

その内容は「関東で雪→山しか降らない、関東平野部で雪→北関東しか降らない、都内で雪→青梅しか降らない、23区内で雪→練馬で降るかなくらい、都心で雪→寒いだけ、都心で積雪のおそれ→電車遅れるかも、都心でも大雪のおそれ→電車止まるかも 脳内変換よろしく」というものでした。

これを聞いて、私は大笑いしてしまいました。なぜなら、確かにこの方の言っている内容が、実際に近いのではないかと思ったからです。

今回の予報では関東平野部でも雪が降るというものでしたが、実際に降ったのは群馬の前橋で、確かに北関東です。

きっと、雪が降るのは、天気予報で言っているよりも北部や西部になるのでしょう。

気象予報士も、内心ではそんなところまで降らないだろうと心の中では思いつつ、安全を見込んだ表現をしているのかもしれません。

これから、関東で雪の予報が出た時は、このツイートを思い出すと、実際に近い予想ができるのかもしれませんね。ただし、信じるか信じないかはあなた次第・・・ということで!(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる