FC2ブログ

ふとんが吹っ飛んだ

futon_tataki.png先日のJタウンネットの記事に、1月28日の夕方、京急線の線路内にふとんが飛んできたという話がありました。

事件が起こったのは、生麦駅~京急新子安駅間の線路で、一部列車に遅れが生じたそうです。

まるで、「ふとんが吹っ飛んだ」という古典的な駄洒落を地で行くような展開に、ツイッター上で面白がる人が続出したということでした。

確かに、このところ、私の住んでいるところでも風が強い日が多かった気がします。歩いていると、思わずよろけてしまうほどの風が吹きました。

我が家の前の道路には、何回掃除してもスギの葉っぱが散乱し、時には1メートルほどの枝が折れて転がっていたり、物干し台が倒れたりと、風が吹きまくりました。

この時、布団は干してなかったので、「ふとんが吹っ飛んだ」のを目の当たりにできなかったのは、ちょっと残念でした。

でも、この記事を読んで、小さいころ、ふとんが吹っ飛んだところを目撃したことがあったなと思い出しました。

あれは、はるか昔の小学校の時の話です。確か、4年生とか5年生のころだったでしょうか。

私は、友人たち数人と歩いていました。季節は冬か早春のころだったのではないかと思うのですが、良く晴れた日でした。

昔のことなので、何をしていたのかはよく覚えていませんが、家からはかなり離れた場所で、通学路でもなかったので、どこかへ遊びに行くところだったのでしょう。

天気も良かったので、ふとんを干している家もあったのですが、ちょうどそんな家の前を通りかかった時、一陣の風が吹いた瞬間に、干してあるふとんが飛んできたのです。

そのふとんは、干してあるままの状態で音もなく数メートル飛んできて、一緒に歩いていた一番小柄な友人に襲いかかったのでした。

友人は、飛んできたふとんをまともに受け止める形となり、思わず尻もちをついて倒れてしまいました。

それを見ていたふとんを干した家のおばさんが笑いながら出てきて、ふとんの下敷きになった友人を助け起こしたのでした。

その時、「ふとんが吹っ飛んだ」という駄洒落を口にしたかどうかは覚えていませんが、いまだにその情景を覚えているのですから、かなり衝撃的なことだったのかもしれません。

幸い、友人には怪我はなく、今回の京急線の方も電車の遅れだけで済んだようですが、場合によっては、もっと大きな事故につながる可能性があるかもしれません。強風にはご注意を!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる