FC2ブログ

「脱!止まってくれない栃木県」

car_oudanhodou_mokushi_201904171007548b7.png先日の朝日新聞デジタルで、栃木県内で流れている交通安全のテレビCMが話題になっているという記事を読みました。

横断歩道を挟んで向かい合う男女が道路を渡ろうとするのですが、行きかう車は止まる気配がないという内容です。

ふたりは「ゆか!」、「せいや!」とお互いの名前を叫び続けるのですが、車はスピードを緩めずに通り過ぎるばかりです。(CMはこちらからご覧になれます。)

このCMは、栃木県交通安全協会が発注したものだそうで、今月からとちぎテレビで放映されているようです。

そのきっかけは、昨年、JAFが行った調査で、栃木県が「信号機のない横断歩道で止まる車が全国で最も少ない県」だったという結果を受けてのものだそうです。

その調査によれば、信号機のない横断歩道での車の一時停止率は、全国平均で8.6%で、栃木県はワーストの0.9%でした。

1%を切っているのは、全国でも栃木県だけです。そのため、県警や交通安全協会は、広報活動の強化の一環として、このCMを作ったそうです。

では、私の住んでいる埼玉はどうかというと、7.8%でした。全国平均にも達していません。

一番一時停止率が高かったのは、長野県の58.6%でした。実に、半数以上の人は横断歩道で一時停止していることになります。これは、驚異的な数字ではないでしょうか?

とは言え、横断歩道では歩行者優先義務があるということは習っているわけです。本当は、止まらなければいけないわけですね。

私はと言えば、自分が通り過ぎれば歩行者は渡れるなどと考えて、通り過ぎることもあったのですが、最近は心を入れ替えて、無理ではない限り、止まるように心がけています。

きっかけは、何かのネットの記事で、外国人旅行者(だったかな?)が「日本は横断歩道で車が止まってくれない」と言っていたのを読んだからです。

おもてなしの国だ何だと言っても、そんなことでは恥ずかしいと思ったわけです。

でも、最近では、以前と比べて横断歩道の手前で止まってくれる車が多くなったような気がします。皆さん、私と同じ記事を読んで同じことを思ったのかどうかはわかりませんが、大変良いことですよね。

車が止まれば、歩行者だって挨拶して横断歩道を渡れるわけです。お互いに気持ち良く過ごせるのではないでしょうか?

その一方で、歩行者がいても止まらなかったり、中にはクラクションを鳴らして通り過ぎる車がいるのも事実です。

こちらが止まっていても、対向車は止まろうという意識はないのか、全くスピードを緩めずに通り過ぎる場面もたびたび見かけます。あれは、実に危険です。

いつもは車で通る道を歩いてみると、当たり前のことですが、徒歩に比べて車での移動はなんて早いんだろうと思います。

それを考えれば、横断歩道の手前で一時停止するぐらい、たいした時間のロスにはならないはずです。今後は、常にそのように心がけたいと思っています。

ところで、どうでもいいことですが、CMの男女の名前が「ゆか」と「せいや」なのは、何か意図があってのことなのでしょうか?

なかなか横断歩道が渡れないので、栃木弁というよりは関西弁っぽいけど「(はよ)行かせいや!」と言いたいのかなと思ったのですが、考えすぎでしょうか?(笑)

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる