FC2ブログ

○○走り

shingou_led_yajirushi1.png先日のNHKで、悲惨な交通事故を防ぐため、各地で行っている安全意識向上への取り組みについての話をしていました。

その中で、「名古屋走り」とか「山梨ルール」といった、その地方独特な勝手な走り方を紹介していました。

その後、Jタウンネットの記事でも、全国の悪質なローカルルールについて紹介していました。

私も「名古屋走り」というのは聞いたことがありましたが、記事によると、その地方地方によって、実に様々なローカルルールがあるようです。

例えば、長野県には「直進している対向車が接近中にも関わらず右折する」、「対向車が左折する隙を見て、ほぼ同時に右折する」という「松本走り」というのがあるそうです。

また、「山梨ルール」は、「右折優先」だったり、「車線変更禁止の区域だろうと関係なく追い越し車線から割り込まれる」というものだそうです。

その他にも、車間があいたとたん右折する愛媛の「伊予の早曲がり」とか、方向指示器を出さない兵庫の「播磨道交法」、信号が青に変わると対向車より先に右折する「茨城ダッシュ」など、実に色々あるようです。

岡山でも、右折のためのウインカーを出すと、対向車が右折させないようにわざとスピードを上げるため、ウインカーを出さずに右折する「岡山のノーウィンカー」というのもあるそうです。

ちょっと呆れてしまうほど色々ありますが、少なくともここに挙げた限りでは、右折に関するものが多いような気がします。そして、直進車より先に右折する車を見た方も多いのではないでしょうか?

もちろん、そういう運転はルール違反ですが、私の個人的な感想なのですが、直進車にもちょっと問題がある場合も見受けられるような気がします。

例えば、右折レーンで待っていて、右折の矢印信号が出ているにもかかわらず、直進車が突っ込んできたり、中には左折する車さえ見かけたことがあります。

そのため、右折の車はなかなか右折することができず、だったら先に行ってしまえという心理が働くことがないとは言えないでしょう。

右折レーンがあっても、右折の矢印信号がないところもあって、信号が黄色になっても赤になっても直進や左折の車が突っ込んでくれば、右折の車は交差点内で身動きできなくなってしまうこともあります。

そこで、最近、ちょっと思っていることは、右折の矢印の信号ではなく、時差式の信号にしてしまったらどうかということです。直進側の信号が赤であれば、無理やり突っ込んでくる車も減るのではないでしょうか?

また、全方向に矢印が出る信号機もありますよね。あのタイプの交差点では、とてもスムーズに右折できる気がします。

ルールを守って、お互いに譲り合って気持ちよく運転できれば、もっと事故も減るのではないかと、浅はかながら考えてしまいます。

先日、大津で右折車と直進車が衝突して園児が死亡する事故がありました。まだ小さい子供が交通事故の巻き添えになるということが、これ以上起こってほしくないものです。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる