FC2ブログ

液体のり

bunbougu_nori.png先日、競泳の池江璃花子選手が、81日ぶりにツイッターでポップコーンが美味しかったなどとつぶやいたという報道がありました。

その他にも、チャーハンやチーズドック、美味しいお寿司など、食べたいものが多すぎるそうです。

池江選手の白血病が公表された時は、まだ10代の若さなのにと、ショックを受けたものですが、これだけ食べるものに興味がわくということは、きっと体調は良くなっているのでしょう。

入院先の病室に持ち込んだトレーニングマシンでトレーニングする日もあるようですし、日大のプールに現われて集合写真に収まったという報道もありました。

その若さで、一日も早く快方に向かうよう、お祈りいたします。

さて、その白血病の話なのですが、先週の朝日新聞デジタルで、東京大学などのチームが、市販の液体のりを使用して白血病の骨髄移植で重要な造血幹細胞を大量に培養できたという記事を読みました。

その液体のりというのは、ヤマト株式会社の「アラビックヤマト」という商品です。

この商品は、きっとご存知の方も多いと思いますが、朱色っぽいキャップがついた容器に入っている、ちょっと黄色みを帯びた液状ののりです。

従来、造血幹細胞を増殖させる培養液には、ウシの血清成分などが使われるそうなのですが、それは大変高価で、その点で治療や研究においてはネックだったそうです。

それに比べて、こののりは普通に市販されているものですから、コストの削減に大いに役立つのではないでしょうか?それで病気の治療が進むのであれば、何よりです。

それにしても、どこにでも売っているようなこの液体のりに目を付けたなんて、研究者の発想にも驚きです。

ヤマトのサイトでは、この件についてコメントを発表していました。それを読んだついでに、商品紹介も見てみたのですが、懐かしいものを発見しました。

それは何かというと、水色の容器に入ったのりとか、チューブ入りのりです。水色の容器は、私の使ったものとちょっと形が変わっていますが、フタの色は昔も黄色だったと思います。

今では、あののりを使うこともなくなりましたが、思わぬことで懐かしい昔を思い出しました。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる