FC2ブログ

謎の影

bug_tentoumushi_aburamushi.png先日のGIGAZINEで、アメリカのサンディエゴの国立気象局が、今年6月4日の夜に巨大な雲のような謎の影を捉えたという記事を読みました。

その影は128キロメートル四方もあるとてつもなく大きなものだったそうです。

しかし、それを見た気象学者は、それが雲ではないと直感し、その影が発生した場所のオブザーバーに確認したところ「小さな点のようなものが飛んでいくのを見た」という回答だったそうです。

では、その128キロメートル四方もある空を飛んでいた小さな点はいったい何かというと、テントウムシの大群だったそうです。

テントウムシの大群は、1.5~2.7キロメートル上空をサン・ガブリエル山地からサンディエゴ方面へ向かって飛んで行ったのだとか。

それだけ大群のテントウムシは、いったい何匹ぐらいいたのでしょう?気象用のレーダーに映るぐらいですから、ちょっと想像できないほどの数だったのでしょう。

以前、アメリカかどこかでイナゴだかバッタが大量発生して、横殴りの雨のように飛んでいく映像を見たことがありますが、あの虫はそれほど高いところは飛ばないから、レーダには映らないでしょうね。

ところで、ちょっと前に車のバックモニタの画面で巨大なクモを見かけたことがありました。そのクモは、体長が2センチほどで、脚の長さを入れたら10センチぐらいはあったでしょうか?

暖かい季節になると、我が家の周囲にはそんなクモもよく見かけるのですが、その時はまだ春先のことでした。

駐車してからそのクモを追い払おうとして後ろのカメラを見たところ、そんな大きいクモはどこにもいないのです。

もうどこかへ行ってしまったのかと思ってよ~く見ると、全長1センチ足らずのクモがカメラのレンズにへばりついていたのです。

私が見たのは、クモのどアップの映像だったのです。画面で見たときにはとても大きく見えたけど、実物はあまりにも小さいので拍子抜けしてしまいました。

それ以降、モニターに後ろの景色以外のものが映ったことはありません。次は、何が映るのか、ちょっと楽しみでもあります。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる