FC2ブログ

残り時間

stopwatch.png先日のJタウンネットで、セイコーホールディングスが「セイコー時間白書2019」を発表したという記事を読みました。

これは、6月10日の「時の記念日」にちなんでセイコーが実施している意識調査で、今年で3回目となるそうです。

調査は、全国の10~60代の男女1,200人(男女各600人 各年代別に男女各100人ずつで、10代は15歳以上)を対象に、4月24~25日にネット上で行われたということです。

調査目的は「現代人の『時間の価値』を図る定点調査に加え、『大切な人との時間』をわかりやすく提示し、『大切な人』との時間を今まで以上に持ち、ときめき溢れる時間をつくるべく、両親や友人など、大切な人と過ごす生涯残り時間を導き出す」というものです。

この中で取り上げられている項目の一つが、「両親と別居している35~39歳の人が、母親と直接会って話すことができる時間」です。

これは、両親と直接会って話す頻度や時間を質問することによってはじきだされたものだそうですが、その結果はたったの26.1日(626時間)なんだそうです。

また、父親に至ってはさらに少なくなって、別居している35~39歳の場合、11.5日(276時間)で、2週間にも満たない時間となっています。

あまりそんなことを考えたこともありませんでしたが、母親にしても父親にしても、ずいぶん短い時間ですよね。

私も27歳の時には転勤で大阪に行ったし、その後も実家以外の場所で暮らしていて、実家に戻ったのは13年ほど前です。

両親ともすでに他界しているので、一緒に暮らしていたのは父親が4年、母親が11年ほどです。話した時間は、いったいどれくらいだったのでしょう?

私の場合は、もはや両親と話すことはできませんが、ご両親のどちらかでもご健在の方は、後悔するようなことがあるといけないので、今のうちに色々と話しておいた方が良いのかもしれませんね。

とは言え、日々の暮らしも忙しいわけで、同居していたり、近くに住んでいないと、親と直接会って話すのもなかなか難しいとは思いますが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる