FC2ブログ

他人の不幸

蜜昔から「他人の不幸は蜜の味」なんて事を言いますね。

先日、テレビでチラッと見たのですが、放射線医学総合研究所や東京医科歯科大、日本医科大、慶応大の共同研究で、「他人の成功や長所を妬んだり、他人の不幸を喜んだりする感情にかかわる脳内のメカニズム」が明らかになったそうです。

毎日新聞の記事によると、「被験者が主人公となり、自分より成績や所有物が優れた人が登場するシナリオを用意。大学生19人に読んでもらい、ねたみの強さを自己評価してもらうと同時に機能的MRI(磁気共鳴画像化装置)で脳の活動部位を調べた」そうです。

その結果、肉体的な痛みは、前頭葉の「前部帯状回」という部分で感じるそうなのですが、妬みを感じた時にも、同じ部分の活動が活発になる事がわかったそうです。

逆に、自分より優れた人が不幸に見舞われる場面では、「報酬を得たときに心地よいと感じる『線条体』という部位が活性化した」そうなんです。また、その人物に強く妬みを感じるほど、不幸に見舞われた時の「線条体」の反応が強いという実験結果が得られたそうです。

線条体はおいしいものを食べたときにも働くことが知られているそうで、まさに他人の不幸は蜜の味と言う事になりそうです。

でも、他人の不幸が全ておいしいと思う人は、いませんよね?その不幸にあった他人と、自分との関係の度合いによって感情も違ってくるものなのでしょうね。

例えば、全く知らない他人が不幸に見舞われた場合、喜ぶ人はいないですよね?むしろ、「気の毒に!」と思うでしょう。

逆に、普段から良く知っていて、快く思っていない人に何かの災難が降りかかった時などは、「おいしい!」と思うのでしょうね。

しかし、その不幸の程度によっても違ってくるでしょうね。いくらその人が嫌いでも、生命に関わるような不幸だった場合には、決して喜べないはずです。もし、それを喜ぶ人がいたら、そういう人とは友達にはなりたくない気がします。

考えてみると、自分にも不幸がやってくる場合もあるわけですよね。他人の不幸を心地よいと感じるよりも、美味しい物を食べて「おいしい!」と思って生きられる方が、人間としては幸せなのかもしれません。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

こんばんは、コンタローさん。

人の不幸って実際に美味しいものなんですねぇ。
奇麗事を言うつもりじゃないんですが、そういう風に思う事ってないのでよく分からなかったんですが、科学的に解明された、って言うのはすごいですね。

昨日は、またまた情報有難うございました。
あそこは好きなので(DVDドライブも、USBメモリも使ってます)ここにしようかな(=^^=)
まずはリカバリから・・・あぁ、また動悸が、めまいが・・・どきどき(笑)

>じぇみにさん

じぇみにさん、こんばんは。毎度コメントありがとうございます!

これは、どんな聖人君子にでも起こりうる反応なのでしょうかね?まあ、私は聖人君子とはほど遠い人間なので、他人の不幸を美味しいと思うのかもしれませんが・・・。(笑)

あのメーカーの製品であれば、問題はないと思います。
リカバリーは、ディスクを入れて、指示に従うだけですから、そんなにドキドキしないでくださいね!!(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる