FC2ブログ

ウィンテル

Intelある日、喫茶店に入って「アメリカン」と頼みました。しばらくして、ウエイターのお兄さんがフォークと粉チーズをテーブルの上に置いていきました。・・・なぜ?
「フォーク」+「粉チーズ」、そして「アメリカン」から連想されるのは何だ?ニブイ頭で考えることしばし、思い浮かんだのは「ナポリタン!?」でした。次の瞬間、「すいませ~ん。アメリカン頼んだんですけど!」とお兄さんにアピールしました。
ウエイターのお兄さんは、こっぱずかしそうでした。そんなに私の発音が良かった(悪かった?)のでしょうか?「アメリカン」と「ナポリタン」・・・う~ん、似ているような、似てないような・・・。

「ウインドウズ(Windows)」+「インテル(Intel)」で、「ウィンテル(Wintel)」という造語がありますよね。OSの最大手とCPUの最大手がつるんで、いや、手を組んだら鬼に金棒です。もう、やりたい放題だ。
試しに、富士通のカタログモデルを見てみたら、インテルのCPUが圧倒的です。見た限りでは、AMDは1機種しか搭載されていなかった。昔は、AMDのCPUを載せたパソコンも結構あったような気がするけどなぁ。

今、手元にある富士通デスクトップパソコンの2002年1月版のカタログを見てみると、全11機種中、AMDは7機種搭載されている。なかなか健闘していたじゃないか、AMD!
さらにさかのぼって、初代パソコンを買った当時(99年夏モデル)の富士通を調べてみると、インテルとAMDがだいたい半々だ。マイクロタワーのMシリーズはAMD、コンパクトタイプのCシリーズにはインテルという図式です。
その後、2002年の春モデルを最後にMシリーズはなくなり、Cシリーズにはインテル、2001年夏モデルから登場したCEシリーズにはAMDといった棲み分けをしていたようですが、いつのまにやらインテルが縄張りを拡大していったようです。

インテル、恐るべし!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

テーマ : パソコンな日々 - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる