FC2ブログ

情報不足

あの大地震から一週間以上経過しました。被害状況が明らかになるにつれ、その悲惨さに言葉を失うばかりです。今週は、この間に感じた事、経験した事を記事にしていこうと考えています。

大地震の発生以降、東北地方では携帯電話の基地局でサービスが中断され、通話やメールの送受信ができない状況があったようです。関東でも、メールが送れなかったという状況はあったようです。

阪神淡路大震災の時は、固定電話はだめだったけど、携帯は通じたという話を聞いたような気がするのですが、あの時を上回る規模の地震だと、携帯も役に立たないのかもしれません。

NTTでは、東北6県の公衆電話を無料にするという対処をしたようですが、そういう時のために公衆電話もある程度の台数は残しておく必要がありそうですね。

また、NTTをはじめとする通信各社は災害用の伝言板を立ち上げました。いざという時のために、家族で連絡方法を確認しておく必要があるのかもしれません。

また、その使い方も何となく知っておいた方が良いのかもしれませんね。

地震の報道を見ていてすごく感じたのは、被災地の皆さんへの情報が少ないんじゃないかという問題です。

被害が軽かった、あるいはまったくなかった地域ではテレビで逐一地震の情報が流れているわけですが、被災地は停電でテレビは見られないわけです。

こんな状況で役に立つのは、ラジオのような気がします。私も慌てて携帯用のラジオを探し、あの日以来、枕元に置いて寝ています。

皆さんも、ラジオを用意しておくと良いかもしれませんよ!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん、こんにちは!

かつてない規模の地震でしたね。
外国にも被害があったと聞きました。

ケータイ自体もつながらなかったみたいですね。

情報に関しては私も同感です。
むしろ被災地の外にいる人の方が良く知っていたんじゃないかなって気がします。

情報がうまく伝達されてなくて、物資が末端まで届かなかったり、一方では余っていたり…

災害時はラジオに頼った方がよさそうですね。
私も、懐中電灯に内蔵されていたラジオで情報を聞いてました。

>lentoさん

lentoさん。こんにちは。毎度コメントありがとうございます!

今回の地震の規模は、かつて経験したことのないものだったようですね。そして、津波の怖さを改めて思い知らされたような気がします。

意外に思ったのは、携帯が案外役に立たなかったことです。都内でもダメだったようです。通話やメールが集中したからなのかもしれませんね。

関東でもそうなんだから、災害時に被災地には特に情報が伝わりにくいのでしょうね。でも、一番必要なのは被災地のはずなんだけど・・・。

最近は、ラジオや懐中電灯で手回しの発電機が付いているがありますね。ああいうのを用意しておくと、非常時にはとても役に立ちそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる