FC2ブログ

節電対策

センサーライト東京電力は、計画停電を原則として実施しないと発表しました。でも、これは電力供給量が十二分になったわけでなく、節電による効果が大きかったからでしょう。

今後、特に夏場の電力不足を避けられる明確な見通しは立っていないわけです。

これに対して政府は、大口需要家25%、小口需要家20%、一般家庭15~20%の電力使用の削減目標を検討しているようです。

経済産業省のウェブページでは、家庭での節電対策として空調温度の引き上げや扇風機の利用、家屋の断熱性の向上など、具体例が挙げられていました。

そんな状況にあわせたのかどうかはわかりませんが、東芝ホームテクノ株式会社では、温度と湿度を感知して風量を自動調節する扇風機の発売を開始したそうです。

この夏は、エアコンより扇風機、扇風機より団扇や扇子が流行るのかもしれません。

我が家でも節電対策の一環として、廊下の照明は極力使わずに、センサー式のLEDライトを使い始めました。人が近付くと点灯する「人感用モード」にセンサーを設定して使っています。

消費電力はわずか1Wだし、人がいなくなると約1分後に自動的に消えるので、消し忘れるということもありません。

その他にも、便座の設定温度を下げたり、考え付く節電対策はやっているつもりですが、夏場はどうなっちゃうんでしょうね?

家電製品ばかりじゃなく、マイクロソフトのInternet Explorer 9 は、最も節電できるブラウザという事を売り物にしているようです。(関連記事

4月26日から日本語版がダウンロードできるそうです。節電対策の一環として、お使いになってみてはいかがでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

コメント

No title

コンタローさん、こんにちは!

この時期は暖房も冷房もいらないし、節電にもそれほど苦労はしないのですが、心配なのはやっぱり夏場ですよね。
電気を使わずにいかに涼しく過ごせるかがポイントなんでしょうね。

LEDライト、必要なときだけついて便利そうですね。
私も電気屋さんを覗いてみます。


IE9は依然入れてみましたが、使いづらかった記憶があります。
ブラウザにも消費電力と関わりがあったんですね。

>lentoさん

lentoさん、今晩は。毎度コメントありがとうございます!

今は過ごしやすい季節ですよね。でも、この先、梅雨や夏場を迎えるとどうなるんでしょう?去年のような猛暑にならないよう祈るばかりです!!

元々、我が家は必要のない照明は点けない主義なのですが、廊下は母が通るので明かりが必要になります。その点、このLEDライトはセンサー式なので便利ですよ!

ブラウザはずっとFirefoxを使っているので、私も今のところはIE9に変える気はありません。ひょっとして、ブラウザの変更よりも節電になるのは、パソコンを使わないことなんでしょうかね?(笑)

家電品廃熱対策は?

【家電品が熱源で夏場の夜は暑くて困ってしまう!】
夏場は冷蔵庫とテレビ、照明から出る廃熱が室内に蓄積して、けっこう暑くなるので、これは何とかならないものか?窓を開けても近所の外壁が接近して風は来ない。むしろ、虫が入って来たり、近所の店のクーラー廃熱が来たりする。テレビや照明は使わなければ問題は少ないが、冷蔵庫の廃熱は問題だ。これらの廃熱を排気する専用シャフトでもあると良いのに。

>ゴンザレスさん

ゴンザレスさん、コメントありがとうございます!

おっしゃる通りかもしれませんね。夏場は、エアコンの室外機のそばを通るとたまりませんからね。

冷蔵庫も、側面を触ると結構暖まっています。気温だけじゃなくて、そういった熱の影響もあるのかもしれませんね。

都会は、ちょっと家が接近しすぎてるんでしょうね。ただ、我が家は田舎なので隣の家とは何十メートルも離れています。夜は窓を開けておけばかなり涼しいです。昨年は、寝室は一度もエアコンを使いませんでした。

アスファルトだけでなく、周囲に土や緑があるだけでも、感じる暑さは少し違うんじゃないでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる